2011/07/15

Love Never Dies

Loveneverdies
好きなミュージカルの中でも最上位に来る「オペラ座の怪人」。
その続編だ。時差ぼけが治ったあと、一番体調の良い時を見計らって出かけた。

これもTIKTSで購入。「マンマミア」がディスカウントなしだったのに、良いディスカウント・チケットが取れたところを見ると、あまり人気がないようだ。もう終わるみたいだし。でも、やはりアンドリュー・ロイド・ウエーバーだ。筋なんて本当は納得できないところもあるのだけれど、歌で盛り上がって、感情がついていってしまう。

舞台があの重厚なオペラ座から、なんとなくチープな感じがするアメリカのコニーアイランドなんかに移ってしまっているのだが、背景に流れる白黒動画のコニーアイランドの様子を見て、不気味な人々が踊り出すのを見ると、もしかするとあの時代のあそこには不思議な空間があったのかもしれないと一気にその世界に取り込まれる。

「オペラ座の怪人」ほどに人気が出ていないのはわかる。それぞれの人物に思い入れがある観客は、ラウルが白馬の王子さまではなくなって飲んだくれているところや、クリスティーヌの性格付けに納得できないのだろう。でも私は「あの2人が結婚すると当然こうなるよね」とクスッと笑って納得してしまう。むしろ怪人が、舞台のミュージカルのおどろおどろしい不思議な存在の怪人ではなく、映画のほうの幼年期にしいたげられて育てられた人間という位置づけを引き継いでいるのが少しばかり納得できなかった。

でもいいんだ、いいんだ。盛り上がる旋律を聴いていると、愛は永遠なんだと思えてきて、最後はもうこれしかないよねと感動してしまった。隣の席の男性は休憩中、そして終わってからもずっと、さわりの部分を口ずさんでいた。

「オペラ座の怪人」を見て、「私がクリスティーヌなら、自分の才能を引き出し、愛してくれる人が化け物だとわかったとしても、闇の世界に身を投じて、音楽の世界で生きていきたいと思うだろう」という感想を持った私はこのオチがすっかり気に入った。怪人はエンジェル・オブ・ザ・ミュージック、音楽だけに価値観を見いだす怪人じゃなくてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dirty Dancing

Dirtydancing
ロンドン、ウエストエンドにて。
レスタースクエアのTKTSでディスカウントチケットが買えたら見に行こうと並ぶ。あまり人気はないようで良い席が買えました。
舞台は90年代。アメリカの中産階級の家族でのリゾート地での過ごし方が興味深かった。歌はまあまあだったが、特訓で、全然踊れなかったのが、失敗しながらどんどん上手になっていく様子が面白く描かれていた。ストーリーはまあ陳腐なんですが、娯楽としてはとても良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/26

『プロデユーサーズ』"The Producers"

★そのまま舞台で見られたら最高だったと思った。

舞台で見ているようなセットの中で、コミカルな歌が上手に使われている。ミュージカルの笑いとして、自然に笑ってしまう。場面転換も舞台のようで、見ていると、自分の体内時計が舞台の観客のほうに合っていくような気がしてくる。

おばあさん達が出てくるところも、劇中劇のヒトラーの部分も、牢屋に入れられたネイサン・レインの歌も、繰り返して見てしまったほど盛り上がる。舞台なら拍手喝采が来ることだろう。

しかし、映画になるとね…と思う。いくつかの歌の盛り上がりは楽しめるけれど、全体の筋として感動する、あるいは訴えかける部分が弱いからだと思う。舞台を見るための下準備。ブロードウェイで見る日を夢見つつ楽しんだ。

2005年/監督:スーザン・ストローマン/ネイサン・レイン/マシュー・プロデリック「ステップフォード・ワイフ」/ユマ・サーマン「ガタカ」/ウィル・フェレル「奥さまは魔女

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/09

『レント』"RENT"


ロンドンとニューヨークで合計3回見て、CDも繰り返し聞いている"RENT"が映画になった。舞台と比べてがっかりしたくなかったので、見に行くかどうかかなり迷ったが、見に行った。行って良かった。

冒頭、出演者が一列に並んで"Seasons of Love"を歌う。引き込まれた。歌唱力もすばらしい。当然だ。あとで知ったのだが、映画俳優ではなくほとんどがオリジナルからのメンバーだったのだから。

そして最初の聞かせどころ、ロジャーの歌う"One Song Glory"。舞台は古いビルの屋上。遠くには新しいビルが見える。ニューヨークのあのあたりの雰囲気が蘇る。舞台だとここで「今日のロジャーはいける」あるいは「はずれだ」と思い、がっかりしたり喜んだりするのだが、やはり映画だと、歌だけでなくまわりの映像も力となる。

"RENT"は見る度に、違った印象を持つ。それは、主要な登場人物8人がそれぞれ全く違った個性の持ち主であり、どの役にも目立つチャンスがあるからだ。しかも、誰もが重要な位置を占めている。しかし、たとえば、マークがあまり目立つとロージャーとの友情が今ひとつ感じられなくなってしまう。モーリーンにカリスマ性がないと女性2人の愛情が嘘っぽく感じられてしまう。

今まで私が見たジョアンヌ役は、なぜか皆もう少しで聖歌隊のおばさんになりそうな雰囲気の迫力ある歌い手ばかりだったのだが、今回は、優秀で切れ者なのにかわいらしいという雰囲気の役作りで、実に魅力的だった。このジョアンヌがモーリーンに振り回されているのかと思うと、"Tango:Maureen"という歌が一層生き生きと感じられる。

エンジェルだけはいくら目立っても良い。逆に目立たないと全体が台無しだ。きれいで、純粋で、突き抜けるように本音で生きていて、最後は透き通るようでなくてはならない。だからこそ、それを受けるほうのコリンズ役は難しい。映画のコリンズは今まで見たコリンズの中で一番良かった。歌ももちろんだが、アップになって映る優しい表情が良かった。舞台では、表情で演技することが難しいから、映画だからこそできることなのかもしれないが、このコリンズなら、エンジェルとお似合いだと思えた。

舞台装置で抽象的に表されていた風景が、映画になるとしっかり見える。その映像は、だいたいにおいて良い方向に生きていた。特に、地下鉄のシーンなどは、上手に入れたなあと思う。しかし、後半のエンジェルのシーンは、白い布を使った舞台のあの方法のほうがずっと心に迫るものがある。難しいところだ。

映画は、舞台のストーリーをかなり忠実に追っている。ただ、私には勝手な思い込みがある。舞台の"RENT"のクライマックスは、実はストーリーの最後ではなく、幕が下りたあと皆が揃って挨拶する場面、その中でも、特にエンジェルが真ん中から登場し、観客の拍手と歓声に包まれるところではないかと思っている。映画ではそれができない。…ということで、映画はとても良かったのだけれど、『オペラ座の怪人』と同じで、やっぱりまた、舞台の"RENT"を見に行きたくなってしまった。

2006年/監督:クリス・コロンバス/ロザリオ・ドーソン/テイ・ディブス/ジェシー・Lマーティン/イディナ・メンゼル/アダム・パスカル/アンソニー・ラップ/ウィルソン・レディア/トレーシー・トムズ
レント@映画生活

| | コメント (12) | トラックバック (3)

2006/04/22

『ダウンタウン物語』"Bubsy Malone"


以前、ウエスト・エンドで、子供が演じるというこの"Bugsy Malone"が掛かっていた時、見そびれてしまった。子供とは思えないほど歌がうまかったという話を聞いて、実に残念だったのをやっと映画で見ることができた。なかなかおもしろかった。

ギャングの片方のボスは野蛮な雰囲気の成り上がり風、もう一方はスノビッシュな感じがする老舗風。子役が演じる大人の世界のちぐはぐさ。ミスマッチの世界の雰囲気をうまく演じれば演じるほどおかしさが漂って、ニヤニヤしてしまう。もてる優男のバグジー・マロンもなかなかだ。しかし、ジョディー・フォスターはもうこの頃から大人のような雰囲気があり、声にも貫禄がある。格が違うというのはこのことだろう。

クラシックの室内楽は下手な子供の演奏。歌は吹き替えなので一流。ちぐはぐだけれど、ま、いいのかな。車は足で漕ぐおもちゃなのに、本格的な飾り付けのクラシックカー。うちにも一台欲しくなった。

1976年/監督:アラン・パーカー「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」「エビータ」「ギルバート・グレイプ」「小さな恋のメロディ」/スコット・バイオ/ジョディ・フォスター「フライト・プラン」「パニック・ルーム」「コンタクト」「羊たちの沈黙」「タクシー・ドライバー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/17

『ティム・バートンのコープスブライド』"Tim Burton's Corpse Bride"


期待通りだった。細かいところにまで気を配った演出がすばらしかった。

「ピアノを弾くこと」ひとつ取っても、そこに意味がこめられている。ピアノを「感情を表しすぎるもの」として禁止された育ったビクトリアが、ビクターのピアノの音色に心を動かされ、結婚を決意するということにこめられた意味。

ビクトリアとは対照的に、感情を表す生き方を選び、親の教えに従わなかったがゆえに殺されてしまった不幸な花嫁のエミリー。彼女はピアノの音色に自分の気持ちをのせて弾くことができる。ビクターと連弾する場面を見ると、生者と死者が結ばれてもいいのではないかと思えてくる。

生きている国と、死んでいる国の、意表を突いた色の使い分け。普通、この色の使い方は逆ではないかと思うが、見ているうちにだんだんわかってくる。

最後は、『ゾンビ』になるかと思ったが、ティム・バートン的展開になって素晴らしかった。

随所に『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』との、類似点、相似点が見られる。自信満々でどんどん間違った方向に突き進んでいってしまったパンプキンキングのジャックと、自信が全然なくて迷ってばかりいるビクターだが、その内省し、心の迷いに気づき逡巡するところは似ている。クレーの人形なのに、見ているうちにその世界に入り込んでしまうのが不思議だ。

DVDが発売されたら、ぜひ手に入れて、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』を楽しんだように、新たな発見を楽しみながら、何度も見るつもりだ。

2005年 監督:ティム・バートン「チャーリーとチョコレート工場」「ビッグ・フィッシュ」「スリーピー・ホロウ」「ジャイアント・ピーチ」「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」「シザーハンド」「フランケンウィニー」/ジョニー・デップ「チャーリーとチョコレート工場」「ネバーランド」「パイレーツ・オブ・カリビアン」「ショコラ」「スリーピー・ホロウ」「ギルバート・グレイプ」「シザーハンド」/ヘレナ・ボーナム/エミリー・ワトソン「奇跡の海」

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005/09/18

ブロードウェイ・ミュージカル『アベニューQ』"AvenueQ"

まいった。あの子供番組、「文科省推奨」みたいな『セサミ・ストリート』をここまで大人(アダルト)な番組してしまうなんて。冒涜だ!と言いたいところなのに、よくできている。

写真がないのですが、公式サイトを見ていただくと様子がわかります。

あっけらかんと「みんなちょっとは人種差別者」なんて楽しく歌われると、本当にその通りとうなずいてしまう。大学を出たばかりで就職した途端に会社の倒産で失業してしまうプリンストンはアベニューQで出会った人々の中で、人生の意味を考え始める。そして、『セサミ・ストリート』の単語を覚えるシーンを模したテレビ画面で何度も"purpose"の意味を考える。

パロディのようでいて、原作を笑うだけに終わらない。おおっぴらには語られない世の中の裏やその真実をまるで子供に語るかのように教えてくれる。それは結構、深刻だったり、暗かったりするはずなのに、語り口は明るい。その明るさは『セサミ・ストリート』そのもの。

あのクッキー・モンスターにそっくりのトレッキー・モンスターという人形が出てきて、「コンピューターはポルノばっかり」と歌ったり、子供のヒーローのケアベアそっくりのくまが悪事に誘うくまだったりと、夢を壊すことばかり次から次へと展開していくのに、終わってみると、やっぱり生きていくことは楽しいと思えてくる。大作のミュージカルではない。「良作」と言うには目を覆うシーンが多すぎる。それでもニューヨークにまで行って見る価値のある作品だと思った。

隣の席に、中学生か高校生くらいの男の子がガールフレンドを伴って両親に連れられて来ていた。始まる前には教育熱心そうな母親に「携帯を切れ」と口うるさく言われ、「わかってる、わかってる」と不機嫌そうに答えていた。その子、人形が大胆に演ずるアダルトなシーンに、椅子から飛び上がらんばかりに前後に体を揺すって喜び、まじめなシーンになると退屈そうに、隣の女の子の膝に手をやっていた。舞台だけでなく、観客にもアメリカの中産階級を感じた。

プリンストン、ロッド…BarrettFoa/ブライアン…FordanGelber/ケイト・モンスター、ルーシー…Stephanie D'Abruzzo/ニッキー、トレッキー・モンスター…ChristianAnderson/クリスマス・イブ…AnnHarada/ゲイリー・コールマン…NatalieVenetiaBelcon/ミセス・T、くま…JenniferBarnhart

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/02

ブロードウェイ・ミュージカル『ウィキッド』"Wicked"

一番期待していたものの、一抹の不安があった。というのは、英国ウエストエンドの『スクルージ』のように「人」を見せるものは好きだけれど、同じ題材を扱ったブロードウェイの『クリスマス・キャロル』のほうは、ラインダンスや群舞を見せる派手派手系であまり好きではなかったから。『Wicked』が後者である可能性は高いと思いながら券を取った。

結果は、派手さが良い方向に働いている上に、見応えのある良い作品で満足した。

緑色の肌に生まれついた女の子エルファバの苦悩は歌とともにちゃんと伝わってきた。特に、一幕目最後の、自分らしく意志を貫いて生きる決心をする歌「Defying Gravity」はすばらしく、聞いていて、気分が高揚していくのを感じた。

「I'm not that girl」という同じ曲を、第一幕ではエルファバが、第二幕ではグリンダが歌うのだが、同じ歌詞にこめられたちょっとだけ違う思いが、悲しく心に伝わってくる。他に、グリンダの「Popular」、エルファバの「No Good Deed」は、対照的な2人らしさが現れていて特に印象に残る。

大衆の愚かさが声を揃えて歌うことによってさらに増していく。うまく表現されていた。その大衆とは違った見方ができ、自分で考える力を持つようになったフィヨロ。そういう彼だったからこそエルファバの良さがわかり、一風変わった彼女が好きになれたのだ。これなら2人の恋は納得できる。

一方のグリンダ。アメリカの青春映画にはかならず出てくるタイプのお金持ちで高慢ちきな女王タイプの女の子。いるんだ、アメリカの教室にはこういう子が。観客はきっと具体的なイメージを持って、「そうそう」と思い出しながら見ているのだろう。

『オズの魔法使い』で、悪い魔女とされているエルファバが、どういう経緯で魔法を使い、勇気のないライオン、ハートのないブリキの木こり、脳みそのない案山子を生み出してしまったのか、ちゃんと話のつじつまがあうように紹介されていく。

手に汗握る場面もあり、2人の生き方、選択に気持ちも揺り動かされる。ミュージカルってこういうものだったということを思い出させてくれた。

苦労してネットで席を取ったのだが、結局、良い席は取れなかった。すごい人気らしい。劇場に行ってみると、きれいな服を着ている人ばかり。子供も全然いない。帰りにリムジンが数台待っていたくらい華やかな雰囲気の観客が多い劇場だった。一旦、外に出ると、タイムズスクエアは身軽な格好の観光客ばかりになるのに、この人たちはどこからわいてきたのだろう。次の『アベニューQ』、ちょっとましな服を着ていかなくてはと思った。

エルファバShoshana Bean/グリンダMegan Hilty/オズの魔法使いBenVereen/マダム・モリブルRue McClanahan/ネッサローゼMichelle Federer/ボクJeffrey Kuhn/ドクターSean McCourt

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/09/01

オフ・ブロードウェイ 『ストンプ』"STOMP"

もともとイギリスで始まったパフォーマンスがアメリカに上陸し、その後、日本公演もあったという出し物。

アメリカに上陸し、しばらくして話題になった頃、私はニューヨークに住んでいた。新聞の評は大絶賛だったが、「壁の上のほうまで行って叩いてまわるエネルギッシュな……」「観劇の際は汚れても良い服装で……」といった表現に、モノを叩いてまわるただうるさいだけのシロモノかもしれないと恐れをなして、二の足を踏んでしまった。

そういうわけで、今回はハズレも覚悟で出かけてみた。ところが、ハズレたのは演技ではなく私の予想のほう。すばらしかった。

エネルギッシュなだけではない、そこには、小さい音、かすかな音も大切にする音楽性があり、ことばを使わずに表情と身振りだけで行うストーリー性まであった。演じる人1人1人に「楽しげ」「まじめ」「ボケ」「気むずかし屋」といった性格付けがされているコミカルな演技には心の底から笑えた。

ほんの少しのズレを演じ分け、音の大小を組み合わせ、どこにでもあるものを楽器にして叩くだけなのに音の表情まで変えられる6人に希有の才能を感じた。

楽器にする道具として、デッキブラシ、流し台、配水管、大きなプラスチックボトル、新聞紙、ノコギリ、ドラム缶の缶下駄、ドラム缶の蓋、棒、バスケットボール、マッチ箱等が登場した。新聞を使ったプロットでは、笑い過ぎて、涙が出てきた。

前日に窓口で券を買ったのだが、行ってみると席は満席。窓口の若い青年が、"STOMP"に誇りを持って売っていて、楽しんでもらえるという自信にあふれた、生き生きとした話し方が印象的だった。小さな劇場だから、彼も演技見習いかなにかだったのかもしれない。

出演:CarlosThomas(素晴らしい技術) KeithMiddleton(格好良い、笑わせる才能抜群) StephanieMarshall(素晴らしい反射神経の女性) BradHolland(飄々としたボケ役) Camille A.Shuford(かわいらしいボケ役) FionaWilkers(あまり目立たないリーダー) NicholasYoung(力技の中堅どころ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/30

ニューヨークでミュージカル三昧



映画で『オペラ座の怪人』を見て以来、ミュージカルが見たくてたまらなくなり、ついにニューヨークに出かけてしまいました。

マンハッタンに5泊。朝は遅く起き、昼は疲れない程度に観光し、夜のミュージカルに備えて体調を整える。オフ・ブロードウェイの出し物2つを含めて、全部で5つ見て、その合間に映画まで1つ見るという贅沢な旅行でした。

何を見るか、ずいぶん迷いました。

まず、比較的新しいものを見ておきたかったので、『アベニューQ』"AvenueQ"と『ウィキッド』"Wicked"。券はネットで取ったのですが、何日も覗いては、空席が出るのを待ち、苦労して取りました。

さらに、ロングランのものを絞り込むのに苦労しました。『オペラ座の怪人』"Phantom of the Opera"か『レント』"Rent"かでずいぶん迷ったのですが、結局、アメリカならではの『レント』を見ることにしました。これはネットで買っていきましたが、現地で買っても良かったかもしれません。

そして、オフ・ブロードウェイ。これは、はずれる可能性が高いのも覚悟で、『ストンプ』"Stomp"と『ブルーマン・グループ』"Blueman Group"。券は、着いた翌日、劇場の下見も兼ねて出かけ、窓口で買いました。後者は、私の趣味には全く合わず、最後まで見ているのが苦痛だったのですが、これしかハズレなかったのは、結果としては良い観劇旅行だったと言えそうです。

そして、合間に見た映画は『アイランド』"Island"。観客の反応が良いので、映画そのものの出来以上に楽しみました。

ああ、こんな旅行、今度はいつ行けるかなと思いながら、買ってきたCDを繰り返し聞こうと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)