2007/04/26

『ヒトラー~最期の12日間』"DER UNTERGANG/DOWNFALL"

☆無力で無能、狂暴でさえもないヒトラーの姿を見せつけられる。

ヒトラーの女性秘書の目を通して描かれた映画。激しい爆撃が続くベルリン中心地の地下にある司令部。物も酒も豊富にあり、爆弾は飛来しない安全な地下要塞。そこで精神的に追いつめられていくヒトラー。まわりにいる将校や幹部達も、ヒトラーの無力さに気づき始めているが、すでにヒトラーに反対する力もなければ、何かを切り開こうとする気力もない無能な集団と化している。

一方、秘書3人を始め、女性達には、ヒトラーへの敬愛の情が見られる。ヒトラーは女性達には紳士的で優しく接するのだ。

戦争末期、敗北側の将校を始めとする司令部はこのような収拾もできない無力と狂気のような夢想に飲み込まれてしまうものなのか。手に余る権力を持ってしまった無能な人間が引き起こしてしまった取り返しのつかない状況を嫌というほど見せつけられた。

2004年/監督:オリバー・ヒルシェヴィゲル「es [エス]」/ブルーノ・ガンツ「ベルリン・天使の詩」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/19

『シンドラーのリスト』"Schindler's List"

★これだけの大作、さらには歴史的事実を前にして、「でも…」とは言いたくないのだが……。

それなのに、どうしても言わずにはいられなくなる。

見せ方がうますぎる。赤いレインコート。雪が美しく降っているのかと錯覚させる風景。それらが伏線となって導き出されていく事柄。

シンドラーは金儲け主義の野心家として描かれている。しかし緻密な計算はできず、おおらかでアバウトな人の良さはアメリカ人の典型に近い。いくら彼がナチスに属していたと言っても、いわゆる「典型的なドイツ人」の良さも悪さも持っていないように思う。もちろん、こういう「典型」としての見方が偏見につながることは知っているが、そういう見方の上に映画が作られていることは否定できないと思う。

そして、こういうシンドラーのような人物の正しい行動は、聖人が偉いことをする話より、受け入れやすい。画面のこちら側で眺めている観客の感覚に近く、普通で身近なものに思えるからだ。しかし、異様な社会状況の中でそういう意味での「普通」にしていることがいかに難しいかは、レイフ・ファインズが演じる将校を見るばかりでなく、列車に乗せられていくユダヤ人に罵声を浴びせかける一般民衆を見ただけでも容易に想像できる。

すごい映画だと思う。でも、敷かれたレールに導かれて、用意された考え方にそのまま連れて行かれることに、私の感覚は拒否反応を示してしまう。そこに何があるのか、まだよく分析しきれないままでいるのではあるが……。

1993年/監督:スティーブン・スピルバーグ/リーアム・ニーソン「愛についてのキンゼイ・レポート」「ラブ・アクチュアリー」「ギャング・オブ・ニューヨーク」「判決前夜」/ベン・キングズレー「サスペクト・ゼロ」「砂と霧の家」「2999年異性への旅」「デーヴ」「ガンジー」/レイフ・ファインズ「ナイロビの蜂」「オスカーとルシンダ」「イングリッシュ・ペイシェント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/15

『硫黄島からの手紙』

★アメリカ人がこういう映画を作ったことに驚きを感じた。

アメリカ人の作る、第二次世界大戦を描いた映画など、不愉快な描き方になるに違いないと思っていた。しかし、それは間違いだった。

まず、手紙という題材の使い方がすばらしい。一人一人の兵士が、家族への深い思いを手紙に綴る。そこには階級の差はない。暗い洞窟の中で鉛筆を持ち、書き続ける。この思いがテーマとなっている。

硫黄島が取られてしまえば、そこから本土に爆撃機が飛ぶことになる。それはとりもなおさず、自分の家族の頭の上に爆弾が落とされることを意味している。その硫黄島を1日でも長く守らなくてはならない。そういう思いからの戦いだった。そういうとらえ方をし、こういう角度から、アメリカ人がこの映画を作ったことに驚きを感じた。

渡辺謙の演技はすばらしい。穏やかでリベラルな行動。その彼の「万歳」は、上体を起こし、胸を張って手を天に伸ばす普通の万歳ではなかった。天皇に敬意を表して前屈みになっての万歳。この姿には、天皇への敬意だけでなく、死を賭しても守らなくてはならないものがある執念が感じられる。こんな万歳は見たことがない。鬼気迫るものだった。

感動した。しかし、感動し、硫黄島のことをこういう形で知ることができたことを良かったと思う反面、やはりという思いも残る。この映画で「良い」とされた人間は2人とも西欧の文化に触れている人間だった。現代を生きる日本人である自分の中にもまた、この「西洋の文明」という方向から照らされる見方が一番すんなりと理解できるものであることを感じる。そこに複雑な思いが残った。

2006年/監督:クリント・イーストウッド/渡辺謙「SAYURI」「ラスト サムライ」/二宮和也/伊原剛志/加瀬亮/中村獅童
硫黄島からの手紙@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/01/10

『シャーロット・グレイ』"Charlotte Gray"


ケイト・ブランシェットが従軍看護婦シャーロットを美しく演じる。彼女はパイロットのピーターと出会った途端に恋に落ちる。そして、フランスに飛び立つ寸前の彼と、ロンドンでつかのまの愛の時を過ごす。その後、彼女は、フランスで消息を絶った彼を探す目的を心に秘め、スパイとなりフランスの田舎の村に潜入する。

戦争映画としては地味だ。レジスタンス運動家を描いたものとしてとらえると、彼女はあまりにしろうとすぎる。使命感に欠ける部分も目に付く。感情移入するのは難しい。だんだんと、どういう価値観をよりどころにしてこの映画を見たら良いのかわからなくなってくる。しかし、そうなってくると同時に、その価値観の揺らぎこそがこの映画の言わんとするところだということがわかってくる。

最初にシャーロット自身の語りが流れる。「善と悪の戦い。だから善が勝つと思っていた。しかし、そう単純ではなかった」 世の中のできごとは、そう簡単に2つに分けることはできない。そして彼女は正しいと思うことをしていたはずなのに、知らず知らずのうちに、それが自分の思惑と違った結果を生み出すこともあることに気づき始める。「もう自分が何をしているのかわからなくなってきた」とつぶやく彼女。

困難と、混沌とした価値観を分かち合う経験を共にした者同士のみが分かち合える愛情、それを描こうとしているのだと思い至った時、この映画がすばらしい恋愛映画であることに気づく。

2002年/監督:ギリアン・アームストロング「オスカーとルシンダ」「若草物語」/ケイト・ブランシェット「オスカーとルシンダ」「エリザベス」「リプリー」「ギフト」/ビリー・クラダップ/マイケル・ガンボン「ゴスフォード・パーク」「スリーピー・ホロウ」「ハリー・ポッター」
シャーロット・グレイ@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/03

『ライフ・イズ・ビューティフル』"La Vita e Bella"


この映画が公開された時からずっと、後味の悪い映画になるのではないかと思い、見るのを避けてきていた。その理由は悲惨な場面をこれでもかと見せられるのではないかという思いと、騒ぎすぎのロベルト・ベニーニに辟易するのではないかという危惧があったから。

しかし違っていた。強制収容所のあの状況の中で、子供を守り抜こうとした姿。命だけでなく、子供に憎しみの心を植え付けず、子供らしい心を守り抜こうとした姿。「それはいくらなんでも無理なのでは?」という場面もあったが、それでもメッセージははっきりと伝わってくる。

「犬とユダヤ人はお断り」という看板の意味を問う息子ジョズエに、「いろいろな店がある」あの店は○○人とペンギンがだめで、あそこは○○人と猫がだめでと説明していく。「嘘」かもしれない。しかし、憎しみの連鎖が次の戦争を生み出していくことを考えると、子供に「ライフ・イズ・ビューティフル」と教えることが一番大切なことなのではないかと気づかされる。見て良かった。

1998年/ロベルト・ベニーニ「コーヒー&シガレット」/ニコレッタ・ブラスキ/ジョルジオ・カンタリーニ
ライフ・イズ・ビューティフル@映画生活

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005/02/13

『白いカラス』"The Human Stain"

 白人の容姿を持って生まれついた黒人コールマンは黒人であることを隠してハーバード大学に進学し、小さな大学の教授となる。ところが、講義中に発した一言をもとに黒人差別者として糾弾され、30年以上も勤めた大学を辞職に追い込まれる。しかし、黒人であることを告白さえすれば救われるという、その期に及んでも自分が黒人であることは告白できない。それほど、その嘘をつかざるを得なかった苦悩は重く、その嘘をつくことによって心の中に広がっていった「シミ(stain)」は深いものだったのだ。

 コールマンだけではない、特権階級に生まれながら、性的虐待を受け、家を飛び出し、結婚してからも不幸に陥っていったフォーニア、そしてベトナム戦争から帰ってきたその夫。すべてが深く沈潜していく「シミ(stain)」を抱えている。

 しかし、壮絶な過去を持ちながらも、彼らは静かで、その感情は内部に埋め込まれているように見える。悲しみに疲れ果て、他人との交わりを拒否する孤高の人々。その魂と魂が触れあう時、初めて小さな平安が訪れるのだろう。

 「シミ」を抱えた人達の、奥底に秘められた人間的感情を、押さえた演技の中からにじみ出すように、しかし確実に感じさせる名優たち。アンソニー・ホプキンス、ニコール・キッドマン、エド・ハリス、ゲイリー・シニーズ、すべてがすばらしい演技だった。
---
2003年
監督:ロバート・ベントン(「クレーマー・クレーマー」)
コールマン・シルク/アンソニー・ホプキンス(「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」「ハンニバル」「羊たちの沈黙」「日の名残り」)
フォーニア/ニコール・キッドマン(「ステップフォード・ワイフ」「ムーラン・ルージュ」「アイズ・ワイド・シャット」「コールド・マウンテン」「ドッグヴィル」「めぐりあう時間たち」「アザーズ」「プラクティカル・マジック」)
フォーニアの夫/エド・ハリス(「めぐりあう時間たち」「スターリングラード」「ビューティフル・マインド」「トゥルーマン・ショー」「ザ・ロック」「アポロ13」「奇跡の詩」)
/ゲイリー・シニーズ(「グリーン・マイル」「クローン」「ミッション・トゥ・マーズ」「スネーク・アイズ」「アポロ13」「フォレスト・ガンプ一期一会」「二十日鼠と人間」)

| | コメント (7) | トラックバック (5)

2005/02/03

『コールドマウンテン』 "Cold Mountain"

-=-=-[あらすじと感想]-=-==

 南北戦争に巻き込まれる前、まだ平和な時代、コールドマウンテンに、新しい牧師が、田舎の村には場違いに美しく、労働も知らない娘エイダを伴って赴任してくる。大工仕事や力仕事をしている農民のインマンとエイダは出会った時からお互いに引かれ合うが、ことばを交わす機会も少ない。そして、南北戦争が起こり、インマンは義勇軍となって村を出て行くことになる。

 戦争に出ていった男達にとっても、村に残された女達にとっても苦悩の時代が始まる。義勇軍になることなく村に残ったならず者達は「南軍のため」という正義の名のもとに傍若無人にふるまい、女達はますます苦しむ。

 生活力を身につけることを一切せず、上流階級として育てられたエイダは、父の死後、苦難のどん底に陥る。そして、そのことを書き綴った手紙を読んだインマンは、脱走兵となり、命をねらわれる危険をおかすことも厭わず、コールドマウンテンへ帰ることを決意する。長い旅が始まる。

 一方、エイダは、その間に全く逆の育ちで生活力のあるルビーの助けを得て、たくましく生きるすべを身につけていく。ルビーの影響でエイダは自立した女になり、エイダの影響でルビーは、粗野な中に隠されていた感受性がだんだんと表に出てくるようになり、2人は良きパートナーとなっていく。このあたりが、映画の中で一番楽しいところだ。

 最初の、蟻地獄のような場所での戦闘場面で観客は一気に南北戦争の中に引き込まれる。志願して兵士となった主人公インマンが、味方の南軍が勢いを盛り返し、北軍を無惨に殺戮していくさまを見て、一瞬身を引く姿が印象に残る。

 戦闘はここでしか描かれない。しかし、この最悪な戦闘場面よりもっと陰惨なことが、戦場以外のところで起きていることを観客は知っていくことになる。戦争が戦場以外にも、いたる所で人々の心が蝕んでいく様子、旅をするインマンが試練を乗り越えて学んで行く姿、ルビーとエイダの心の交わり、それらを控えめな表現でありながら壮大なラブロマンスが包む。

 ここからネタバレ、反転して読んでください→井戸に映った不吉な場面が現実のものとなり、死んでいくインマンにエイダが接吻する場面。このエイダの表情には悲しみと共に笑みが浮かぶ。帰ってきてくれてうれしい。戦場で死ぬのではなく、この手の中で死を迎えてくれてうれしい。そういう気持ちがにじみ出てきている顔がこの壮大なロマンスをしめくくる。いや、本当のしめくくりはその先なのだが。
---
2003年
監督:アンソニー・ミンゲラ(「リプリー」「イングリッシュ・ペイシェント」)
インマン/ジュード・ロウ(「クローサー」)
レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」「A.I.」「ガタカ」「リプリー」「ロード・トゥ・パーディション」「チューブ・テイルズ」「スターリングラード」「クロコダイルの涙」)
エイダ/ニコール・キッドマン(「ステップフォード・ワイフ」「ムーラン・ルージュ」「アイズ・ワイド・シャット」「白いカラス」「プラクティカル・マジック」「ドッグヴィル」「めぐりあう時間たち」「アザーズ」)
ルビー/レニー・ゼルウィガー(「シカゴ」「ブリジット・ジョーンズの日記」「母の眠り」)
フィリップ・シーモア・ホフマン(「パッチ・アダムズ」)
ナタリー・ポートマン(「クローサー」)
「レオン」)
*「 」内はその人の作品のうち見たことのあるものの題名

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/01/13

『プライベート・ライアン』 "Saving Private Ryan"

-=-=-[あらすじと感想]-=-=-

 引きずるようにして連れて行こうとした傷ついた戦友。ふと気が付くと、手にしているのは引きちぎられて上半身だけとなった肉塊。水中まで追ってくる弾丸と赤く染まっていく海水を写す水中カメラ。最初のオマハビーチでの戦闘場面のリアリティには凍り付いてしまった。自分が画面のこちら側の安全な場所にいるのに、身が縮むような恐怖感とどうやっても助かるわけがないという虚無感から逃れられなかった。

 このビーチを突破し、上陸したジョン・ミラーキャプテンに新たな使命が課せられる。それは、この戦闘で2人の息子を、また別の戦闘で1人の息子を相次いで亡くした母親の元へ、最後に残った末息子で行方不明になっているジェームズ・ライアンを探し出して本国へ送り返すこと。ミラーキャプテンは、選りすぐりのメンバー8人。射撃の名手、ドイツ語とフランス語のわかるエリート、医療専門の隊員などと共に任務遂行するために最前線へと進む。

 英雄伝という描き方ではなく、「なぜたった1人のために8人の命を危うくしなくてはならないのか」「自分達にも母の元に帰る権利はある」といった疑問や、戦闘の恐怖に打ち勝てない心の弱さなどがしっかり描かれている。

 しかし、私の心には割り切れなさが残った。最初の戦闘場面では戦闘の理不尽さに圧倒され、嫌悪感を抱いて見ていた。その後、アメリカ兵8人の個性を描写するエピソードを見て、親近感を抱いた。そしてさらに、8人がドイツ兵を殺しながら目的遂行のための戦闘場面に至ると、今度は壮快感を持って見だしたのだ。しかし、この戦闘場面は最初の戦闘場面の裏返しに過ぎないのだ。こういう気持ちを抱く自分の、観客としての身勝手さを感じ、映画の恐ろしさを感じた。
---
1998年
監督:スティーブン・スピルバーグ(「ジョーズ」「未知との遭遇」「E.T.」「インディ・ジョーンズ」「A.I」「マイノリティ・リポート」「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」「ターミナル」「ミュンヘン」)
キャプテン・ミラー/トム・ハンクス(「フォレスト・ガンプ」「グリーンマイル」「ユー・ガット・メール」「キャストアウェイ」「ロード・トゥ・パーディション」「チャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」「ターミナル」)
メリッシュ/アダム・ゴールドバーグ(「ビューティフル・マインド」)
アパム/ジェレミー・デイビス
ライアン/マット・デイモン(「ボーン・アイデンティティ」「オーシャンズ11」「小説家を見つけたら」「リプリー」「グッド・ウィル・ハンティング」)
*「 」内はその人の作品のうち見たことのあるものの題名

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/01/02

『イングリッシュ・ペイシェント』 "English Patient"

-=-=-[感想] ネタバレなし-=-=-

 ひとりひとりの人物全部が好きだ。
 従軍看護婦のハナ。責任感と強いプロ意識を持つ強く美しい女性。戦場で親しい人の多くの死を見てきて傷ついている。
 爆弾処理の中でも一番危ない仕事を請け負う、責任感の強いシーク教徒の兵士カラヴァッジョ。
 浮き世を捨て、砂漠の歴史とロマンに生きる主人公アルマシー。
 そのアルマシーと不倫の恋に落ちるキャサリン。彼女は結婚式に両親から飛行機を贈られたというほど裕福な家に育つ。教養があり、自分の意志をはっきりと持っている女性。砂漠の真ん中でトラックが動かなくなった時、さっさと車を降りて、「私は残る」と言い切る。その姿は魅力的だ。

 ヒロインもヒーローも、全然正しくない。夫を裏切り、国を裏切る。間違ったことをしている。それも情熱的に。それなのに、"Why you hated me?" "I always loved you" という泣けるセリフはあの声と共に耳に焼き付く。

 アルマシーとキャサリンの過去のストーリーと共に同時進行する現在のハナとカラヴァッジョのストーリー。現在のほうのストーリーには戦争に傷ついた2人の回復への希望がある。砂漠の中の洞窟にあった、泳いでいる人々が描かれた壁画、砂漠の民、そんなものの魅力が全部一緒になって、2時間以上の長編が長いとも感じられず、一気に見てしまった。

---
1996年
監督:アンソニー・ミンゲラ(「リプリー」「コールドマウンテン」)
アルマシー/レイフ・ファインズ(「ナイロビの蜂」「オスカーとルシンダ」)
キャサリン/クリスティン・スコット=トーマス
ハナ/ジュリエット・ビノシュ(「ショコラ」)
カラヴァッジョ/ウィレム・デフォー(「ぼくの神様」「ルル・オン・ザ・ブリッジ」)
ジェフリー(夫)/コリン・ファース(「真珠の耳飾りの少女」「ラブ・アクチュアリー」「ブリジット・ジョーンズの日記」「恋におちたシェイクスピア」)
*「 」内はその人の作品で見たことのあるものの題名。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/18

『スターリングラード』"Enemy at the Gate"

-=-=-[あらすじと感想] ネタバレなし-=-=-

 祖父から射撃の技を仕込まれたヴァシリ・ザイツェフ。傷のない毛皮を取るために、目を一発で撃ち抜く射撃の技を幼い頃から仕込まれた。一兵卒として戦闘に参加したヴァシリだったが、その腕を見込まれ、天才スナイパーとして使われるようになる。

 自分の気配を消し、相手が動くまで、雪が降ろうが、陽が沈もうが、死体の山が積まれようが、どこまでも身を潜めて時を待つ。

 そんな彼は、同じように身を潜める技を知るナチス側のスナイパー、ケーニッヒ大尉と対決することになる。

 戦闘で街が破壊され、多くの人が死んでいくが、それは無彩色の風景のように見え、対決する2人だけが観客には浮き出て見える。「待つ」ことはなんと難しいことなのか。

---
2001年
監督:ジャン・ジャック・アノー(「セブン・イヤーズ・イン・チベット」)
ヴァシリ・ザイツェフ/ジュード・ロウ(「クローサー」)
レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」「コールドマウンテン」「ロード・トゥ・パーディション」「AI」「リプリー」「クロコダイルの涙」「ガタカ」「オスカー・ワイルド」)
ダニロフ/ジョセフ・ファインズ(「恋におちたシェイクスピア」「エリザベス」)
ターニャ/レイチェル・ワイズ(「ナイロビの蜂」「輝きの海」「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」)
ケーニッヒ大尉/エド・ハリス(「白いカラス」「めぐりあう時間たち」「ビューティフル・マインド」「トゥルーマン・ショー」「ザ・ロック」「アポロ13」「奇跡の詩」)
*「 」内はその人の作品で見たことのあるものの題名。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧