« 2010年2月 | トップページ | 2011年7月 »

2010/08/25

『潜水服は蝶の夢を見る』"Le Scaphandre et le Papillon/The Diving"

☆人間の内側からに存在するものの豊かさが描かれている

ALS(筋萎縮性側索硬化症)のトータル・ロックトインと違って、彼の場合は脳梗塞で倒れてこの状態になった。徐々にではなく、突然、瞼しか動かず、身体を動かせず、呼吸器なしでは呼吸できない状態に閉じ込められた。

しかし、この映画は彼の悲劇をテーマとしていない。閉じ込められた精神、想像力、脳の働きの、なんと素晴らしく、活動的で美しいこと。それが描かれている。

彼には、閉じ込められてもなおいきいきと活動する内面の力があった。彼はそれを表す言葉を職業としていた。そして、この映画監督には、それを映像として表現する力があった。それらの条件に恵まれたおかげで、この作品は死を描くのではなく、生き生きとした生を描くことができた。

氷河のシーンの説得力はすばらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2011年7月 »