« 『ONCE ダブリンの街角で』"ONCE" | トップページ | 『閉ざされた森』"Basic" »

2008/08/03

『不思議惑星キン・ザ・ザ』"Kin-dza-dza"

☆漂う脱力感のとりこになってしまう。

この映画のさらに10年前に作られた「未来惑星ザルドス」を思い出した。空を飛ぶ不思議な形の飛行体やギリシア神話を思わせるユートピアもどきの服装の類似を見ていると、パロディではないかとさえ思った。

しかし、そういった映画にあるはずの緊張感が全くない。この危機的状況に漂う脱力感は何なのだろう。理想を持ち、人間の尊厳を守ろうと思いつつも、無力さが身にしみている。人間らしさを守るための武器も、唯一、この脱力感のみ。このあたりが旧ソ連的なのところなのかもしれない。

この不可思議な雰囲気、好きだ。20年経っても色あせない、いや、色あせているところに新鮮さを感じるという新しさに心底引き込まれてしまった。

1986年/監督:ゲオルギー・ダネリア

|

« 『ONCE ダブリンの街角で』"ONCE" | トップページ | 『閉ざされた森』"Basic" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/42046535

この記事へのトラックバック一覧です: 『不思議惑星キン・ザ・ザ』"Kin-dza-dza":

« 『ONCE ダブリンの街角で』"ONCE" | トップページ | 『閉ざされた森』"Basic" »