« 『パンズ・ラビリンス』"Pan's Labyrinth" | トップページ | 『リクルート』"The Recruit" »

2008/06/16

『恋人たちの予感』"When Harry Met Sally"

☆小技の効いた場面で語られる男女の本音にクスッとなる

マンハッタンを舞台にしたメグ・ライアン主演のラブコメディが1989年「恋人たちの予感」、1998年「ユー・ガット・メール」、2002年「ニューヨークの恋人」と13年の間に3つ作られている。

監督は異なるが、それぞれの時代のニューヨーク最先端の生活感や男女間の話題がよく現れていることが、3つ並べてみるとさらにわかる。

特典映像によると、今でもアメリカでは「私たちはハリー・メット・サリー(原題)タイプの間柄だから」という言い方をするらしい。男女の間に本当の友情は成立するか、恋が芽生えると友情は崩壊するか、そして男女の性に関する本音など、当時は衝撃的だったであろう事柄が、恋人ではない男女という媒体を通してうまく語られる。また、ハリーとサリーがそれぞれ友だち夫婦に恋愛相談の電話をし、それを友だち夫婦は同じベッドの両端にある電話で受け取り、同じ画面で2つの会話が共鳴しあって進むといった小技の効いた場面が随所にあり、洒落た楽しみもある。

「ユー・ガット・メール」の時代、私はちょうどマンハッタンに住んでいたが、その頃出てきた大型書店Barnes & Nobles、Starbucks、AOLといった最先端に敏感な人たちの心をくすぐる小道具を使っての恋が小気味よく語られた。

そして2002年には、キャリア・ウーマンという虚像に徹するにはちょっとという独身女性の本音部分を100年以上前のニューヨークとだぶらせて描き出す。

この「恋人たちの予感」はメグ・ライアンが初々しい若い時代に作られた作品で、本当に可愛らしさが良く出ている。しかし、メグ・ライアンの良さや演技力は2002年の作品のほうがずっと上だ。この作品の良さ、監督の腕に感心すると同時に、その後の作品でのメグ・ライアンの成熟と活躍を感じた。

「落ちぶれた女優の悪あがき」みたいなものは見たくないと「イン・ザ・カット」を避けてきていたのだが、見てみても良いかなという気がしてきた。

1898年:監督ロブ・ライナー/メグ・ライアン「ニューヨークの恋人」「電話で抱きしめて」「シティ・オブ・エンジェル」「ユー・ガット・メール」/ビリー・クリスタル「アナライズ・ミー」

|

« 『パンズ・ラビリンス』"Pan's Labyrinth" | トップページ | 『リクルート』"The Recruit" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/41549502

この記事へのトラックバック一覧です: 『恋人たちの予感』"When Harry Met Sally":

« 『パンズ・ラビリンス』"Pan's Labyrinth" | トップページ | 『リクルート』"The Recruit" »