« 『12人の優しい日本人』 | トップページ | 『デジャヴ』"Deja Vu" »

2008/04/21

『イン・マイ・カントリー』"In My Country"

☆国の犯した過ちを自分のこととして見る視点

ネルソン・マンデラが大統領になって6~7年経った頃、イギリスの長距離バスで老婦人(白人)と隣り合わせたことがある。彼女はずっと南アフリカに住んでいたのだが、混乱の中イギリスに引き揚げてきたという。

南アフリカはとても良い国だった。ずっといたかった。そこで自分はかわいい日本車を運転していて、その車でピクニックに行くのがとても楽しみだったという。みんな南アには悪いイメージしか持たないかもしれないけれど、自然が美しい良い国だったと話した。それを聞いて、私は違和感でいっぱいになってしまった。その後も何度か南ア在住だった白人に会ったが、いつも、何か違和感が残った。その原因がこの映画を見てはっきりした。彼らの語り口がまるで他人事だったから違和感を持ったのだ。

『イン・マイ・カントリー』の題名が示す通り、アナは過去に起こったことを他人事にはせず、しっかり見つめ、恥じ、深く傷ついていく。『遠い夜明け』に描かれたような悲惨な事実への迫り方が浅いのは、この映画の主題が、南アで起きたことを告発することではないからだ。描きたかったのは、自分の国で起きた出来事を「自分のこと」として捉える白人の姿なのだ。それができる人は滅多にいない

日本軍の蛮行について内省してみるまでもなく、自分が直接関係していない過ちを「自分のこと」として捉えることは難しい。その国に残ることを選んだ人たちは生きていくことを第一として必死になるだろうし、離れることを選んだ人たちは、悪い出来事をなかったことにして、良い思い出だけを抱いて生きていきたいだろう。

そして、南アフリカ人である白人のアナの痛みが理解できたのが、アフリカ系アメリカ人で黒人のラングストンだというのはおもしろい構図だと思った。

2004年/監督:ジョン・プアマン/サミュエル・L・ジャクソン「チェンジング・レーン」「アンブレイカブル」「交渉人」/ジュリエット・ピノシュ「ショコラ」「イングリッシュ/ペイシェント」

|

« 『12人の優しい日本人』 | トップページ | 『デジャヴ』"Deja Vu" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/40947918

この記事へのトラックバック一覧です: 『イン・マイ・カントリー』"In My Country":

« 『12人の優しい日本人』 | トップページ | 『デジャヴ』"Deja Vu" »