« 『ボビー』"Bobby" | トップページ | 『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』"Borat" »

2008/03/20

『ラスト・キング・オブ・スコットランド』"The Last King of Scotland"

☆感情移入のポイントが見つけられない。

ウガンダの大統領、アミン役のフォレスト・ウィテカーの熱演は文句なく素晴らしい。しかし、映画の焦点は彼ではなく、先進国からやってきた普通の若者の無責任な行動のほうであって、テーマもそこにある。

理想があって僻地に来たわけでもない、ドクターになりたての若者。先進国のエリートの医者だけれど、それ以外何の勉強もしてこなかったの?と言いたくなる無防備で無責任な行動。未熟な者の持つ素直な澄んだ目もあまり感じられない。感情移入のしどころがなくて、とまどいながら見た。

主役ではないのだから当然だが、アミン大統領が、理想に燃えた指導者から疑心暗鬼の"人食い"に変わっていく過程も、感情移入できる程に詳しくは描かれていない。

危ない、どうなってしまうの、という緊張感で最後まで引っ張られていくが、感情移入のしどころがない映画は気持ちの持って行く先がなくて、ちょっと苦しい。同じテーマなら、地味でさらに暗い面もあるが、「リターン・トゥ・パラダイス」のほうが考えさせられる面がある。

この題名、どうしてLast King of Scotlandなのだろう。

↑ここに答えが書かれていました。後日、要約する予定。

2006年/監督:ケヴィン・マクドナルド/フォレスト・ウィテカー「フォーン・ブース」「パニック・ルーム」/ジェームズ・マカヴォイ

|

« 『ボビー』"Bobby" | トップページ | 『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』"Borat" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/40568826

この記事へのトラックバック一覧です: 『ラスト・キング・オブ・スコットランド』"The Last King of Scotland":

« 『ボビー』"Bobby" | トップページ | 『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』"Borat" »