« 『ラスト・キング・オブ・スコットランド』"The Last King of Scotland" | トップページ | 『CODE46』"CODE46" »

2008/03/24

『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』"Borat"

☆とんでもないモノを見てしまった。これを見たことはみんなには内緒にしておこう。

ボラットは下品で、あまりにも"KY"なガイジンで、見ていられない。文字通り見ていてはまずいような気がしてくる。まあ、ボラットは見ていなくても良いのかもしれない。見モノなのは、そのボラットのあんまりなあんまり振りに接する、良心的で"善良な"アメリカ人達なのだから。

↓↓以下ネタバレ注意↓↓

天然なボラットがニューヨークのセントラルパークの植え込みをトイレにするのを見て、著しく眉をひそめる"善良な"アメリカ人。しかし、何も言えない。フェミニスト団体の人たちも、ボラットの女性蔑視の発言に怒ってはいるが、せいぜい「それは間違いです」と言い、話が一段落ついたところで席を立つ程度。ユーモア教室や自動車教習の講師は本当に善良で気の毒になる。

本当に本当に善良なB&Bを営むユダヤ人老夫婦に至っては、気の毒としか言いようがない…が、この話の流れから想像すると、この老夫婦は「良い人達だったのに、なんでお金を置いて早々に出発してしまったのだろう」と思うだけなのだろう。

自宅に招待した異文化理解者の中途半端振りには、どこかにいそうなタイプで苦笑いした。なんだかんだ言いながらセールスマンとしての顔を崩さずがんばる人やテレビ局の人たちの慇懃無礼な様子も私は笑ってしまった。

これを見て、カザフスタンがこんな国だなんて思う人はいるはずがない。見るべきものは、アメリカ人の戸惑ったり、とりすましたりする顔のほうなのだから。

IMDbのサイトのFAQによると、この映画6つもの訴訟を起こされているそうだ。許可を得ずに撮った話などを読むと、やっぱり、この映画を見たことは内緒にしておかなくてはと思う。

2007年/監督:ラリー・チャールズ/サシャ・バロン・コーエン

|

« 『ラスト・キング・オブ・スコットランド』"The Last King of Scotland" | トップページ | 『CODE46』"CODE46" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/40620576

この記事へのトラックバック一覧です: 『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』"Borat":

« 『ラスト・キング・オブ・スコットランド』"The Last King of Scotland" | トップページ | 『CODE46』"CODE46" »