« 『シェルタリング・スカイ』"The Sheltering Sky" | トップページ | 『ボビー』"Bobby" »

2008/03/11

『アポカリプト』"Apocalypto"

☆疑問符はたくさん付くのに、すばらしい!と言いたくなる作品

こんなに大量の血を映像化して見せる必要があったのだろうか、人を切り裂く音をあんなにはっきり出す必要があったのだろうか、有名なあのピラミッドでは、本当にあんなお祭り騒ぎの儀式が行われていたのだろうか等々、頭の中は「?」でいっぱいになる。しかし、見終わると、すばらしい!と思ってしまう。

特に、あのマヤ文明が花開いている古代都市。あの映像的描写はすばらしい。不思議な踊り。青ペンキを塗りにくる人達の取り憑かれたような様子。貴族らしい人々。娼婦かなと思える一団。市場の雑踏。貧困と富裕層。そこを引き回され、驚きと恐怖がないまぜになり、唖然とした表情を浮かべる捕虜達は、まさに映画を見ている自分自身だと思えてくる。そして、この不可思議なものは、狂乱して咲き乱れる間違った文明だというメッセージが伝わってくる。

そして、マヤの文化が本当にあんなだったのだろうかと疑問を持った瞬間、ああ、これはメタファーなのだと気づく。マヤ文明がどうであったではなく、現代社会の文明をこういう形で描こうとしたのだ。「恐怖」が心に棲みついてしまった人間。「恐怖」に過剰反応して間違った方向に突っ走り、成熟し、腐るほどに発酵し、「進化」していく文化。その象徴的な描写なのだということに気づく。

森の民は恐怖に支配されない人々。主人公の家族は、滅ぼされてしまった古代の人間というよりは、アメリカ人の持つ、家族の原風景なのだ。

2007年/監督:メル・ギブソン

|

« 『シェルタリング・スカイ』"The Sheltering Sky" | トップページ | 『ボビー』"Bobby" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/40462624

この記事へのトラックバック一覧です: 『アポカリプト』"Apocalypto":

« 『シェルタリング・スカイ』"The Sheltering Sky" | トップページ | 『ボビー』"Bobby" »