« 『ネコのミヌース』"Minoes" | トップページ | 『未来惑星ザルドス』"Zardoz" »

2008/02/28

『サハラに舞う羽根』"The Four Feathers"

☆娯楽映画としても楽しめるが、随所に見逃せないシーンがあり、印象に残る。

兵役拒否した出自の良い青年が、恋人のため、友情のため、臆病者という自分自身を克服し、強く逞しくなっていく話。

しかし、ヴィクトリア時代とアフリカという要素が入ってくるとそれだけの話ではなくなる。騎馬隊に無敵を誇っていた、英国軍のスクエア(角陣)という兵法が砂漠の中で繰り広げられる壮大さがすばらしい。そして、スーダンの英雄で、さまざまな部族の統一を成し遂げたというマフディに率いられる軍の戦法がすばらしい。このあたり時代考察がしっかりなされているようだ。

一方、中流の上と上流に属する子弟達からなる、英国軍の若者達も、ひとりひとり、それぞれの個性の違った良さが細かい演技から感じられるようになっていて、おもしろい。脇役だが、背が高く、純粋で、単純なくらい真っ直ぐで、その代わり、直感で真実が見える(だから、あの混乱の中でハリーに気づく)ヴィカー青年が、私にはいいなあと思えた。

こういう要素があるので、この映画は娯楽作品としてかなり楽しめる。ただ、この作品、それだけでもない部分がある。

暗い中をうごめく群衆という形で描き出された牢獄。あれは、アジア人の監督ならではの精神世界を感じさせる光景だ。かなりのインパクトがあった。

また、印象深く頭に焼き付く人物に、奴隷種族だと言われたアブーがいる。あの風貌の彼が「神に導かれて」というと、そうなのかと素直に思ってしまう。

この小説が書かれた時代とは違って、現代の感覚では、「戦争忌避、即、悪」ではない。また、他民族侵略は、肯定しがたいものがある。そうなってくると、英国軍隊を肯定的にとらえられないだけでなく、単なるアラブの裏切り者にも見えるアブーを肯定するのも難しくなってくる。小説が書かれた時代なら、西洋世界の理解者、イコール、善となったはずだが。

しかし、なぜか、その言動から、アブーは周囲の価値観に左右されず、神に従って生きる、天涯孤独の不思議な存在として、深く印象に残る。

2002年/監督:シェカール・カプール/ヒース・レジャー「チョコレート」/ウェス・ベントリー「アメリカン・ビューティー」/ケイト・ハドソン「あの頃、ベニー・レインと」/ジャイモン・ハンスゥ「アミスタッド」

|

« 『ネコのミヌース』"Minoes" | トップページ | 『未来惑星ザルドス』"Zardoz" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/40533628

この記事へのトラックバック一覧です: 『サハラに舞う羽根』"The Four Feathers":

« 『ネコのミヌース』"Minoes" | トップページ | 『未来惑星ザルドス』"Zardoz" »