« 『ニューヨークの恋人』"Kate & Leopold" | トップページ | 『サハラに舞う羽根』"The Four Feathers" »

2008/02/25

『ネコのミヌース』"Minoes"

☆「キャッツ(ミュージカル)」と「101匹わんちゃん」の良さをダブルで味わえる。

ある時、突然、人間になってしまった猫のミヌース。神経をはりつめ、おびえて目を見開き、まわりの様子を伺う猫らしさを、おしゃれなファッションに身を包んだ「ブラック・ブック」のカリス・ファン・ハウテンが、細い体で機敏に演じる。本当に可愛らしい。

淑女らしくふるまっているかと思うと、「餌」につい猫の本能むき出しで、しゃぶりつくところもまた良い。ハイヒールを履いたまま、しなやかに木から飛び降りた瞬間から、ミヌースの虜(とりこ)になってしまった。

そのミヌースと出会うのが、屋根裏部屋に住む、内気でさえない新聞記者ティベ。なんという取り合わせ。この2人に、大家さんの娘と、街の猫たちが加わり、お洒落で、楽しいストーリーが展開する。

2001年オランダ/監督:フィンセント・パル/カリス・ファン・ハウンテン「ブラック・ブック」

|

« 『ニューヨークの恋人』"Kate & Leopold" | トップページ | 『サハラに舞う羽根』"The Four Feathers" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/40533636

この記事へのトラックバック一覧です: 『ネコのミヌース』"Minoes":

« 『ニューヨークの恋人』"Kate & Leopold" | トップページ | 『サハラに舞う羽根』"The Four Feathers" »