« 『ランド・オブ・プレンティ』"Land of Plenty" | トップページ | 『ムッソリーニとお茶を』"Tea With Mussolini" »

2007/08/16

『ヴェロニカ・ゲリン』"Veronica Guerin"

☆彼女の意志を継いだアイルランド人の底力を感じた。

すごい話だと思った。特典映像にあるヴェロニカ本人のスピーチは必見だ。ひとつの「正義」にこだわり、それを追求することがやめられなかっただけの単細胞英雄ではなく、きちんと社会事情や複雑に絡み合った政治的な状況も理解している人間の行動だったことがわかる。

映画はひとつのテーマを描くものなので、そこに感動があり、感動と共にテーマが伝わる。しかし、それが実話である場合、「で、実のところは?」という疑問がどうしても残る。幸せな家庭を築き、失うことのできないものをたくさん持っていた人が危険に挑むという主要な部分の上にさらにある重厚な部分を描くのは難しい。だから、このスピーチは見る価値がある。映画という手段ではわからなかった1点が、本人のこの短いスピーチを見ただけで感じ取れる。もちろん、この映画があったからこそ伝わってくるものでもある。

彼女は、麻薬のことを訴え、自分の仕事を支えてくれた家族に感謝しているだけではなく、報道の置かれた状況を冷静に把握し、実務的な感性も持って訴える。またスピーチの中で、そういう報道がアイルランドの評価を下げることのないようにという配慮も見せている。

冒頭、捨てられた注射針で遊ぶ幼い子どもの絶望的な映像を見せられたが、彼女の行動と、それを原動力にして、社会を変えたアイルランド人はすごいと思った。

2003年/監督:ジョエル・シュマッカー「オペラ座の怪人」「フォーン・ブース」/ケイト・ブランシェット「コーヒー&シガレット」「シッピング・ニュース」「シャーロット・グレイ」「ギフト」「理想の結婚」「リプリー」「オスカーとルシンダ」/キアラン・ハインズ「ミュンヘン」「オペラ座の怪人」

|

« 『ランド・オブ・プレンティ』"Land of Plenty" | トップページ | 『ムッソリーニとお茶を』"Tea With Mussolini" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/16164850

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヴェロニカ・ゲリン』"Veronica Guerin":

« 『ランド・オブ・プレンティ』"Land of Plenty" | トップページ | 『ムッソリーニとお茶を』"Tea With Mussolini" »