« 『チャーリング・クロス街84番地』"84 Charing Cross Road" | トップページ | 『ユナイテッド93』"United 93" »

2007/07/23

『カランジル』"Catandiru"

☆表紙の衝撃的な映像に圧倒され、気にはなっていたものの、ずっと見ることができなかった。

血なまぐさい暴力に圧倒されたのではなく、人間らしさを奪われた人達の姿を見ただけで気が滅入ってしまったのだ。ある意味、死体より衝撃的かもしれないとさえ感じた。

物語は、当時の資料にも残されているその場面に向かって進んでいく。しかし、それ至るまでに描かれる刑務所の中は生き生きとしている。もちろん、刑務所の中に入ってもなお私刑を恐れて暮らす人々、目を覆いたくなる非衛生さ、蔓延する伝染病といったマイナス面はあるのだが、そこからこぼれ出てくる個性と芸術と生命力に目を奪われた。私が「個性」と認識している範囲をはるかに超えた人々と、雑然とした中に場所を見つけて生きる芸術性がそこにはあった。

特典映像に入っている当時の記録フィルムを見ると、映画はちょっと誇張されていると思える部分もあった。しかし、もともと拘置所だったところがなし崩しに刑務所になっていき、未決囚が何年も未決のまま収容されている過密状態を数字と知識として知ると、蒸気が吹き出すようなあの暴動の元は理解できる。

ネタバレ反転→囚人達が窓からナイフを投げて、それが地面を覆っていく場面はあとから振り返ると、とても悲しい。

ロドリゴ・サントロがドラッグクイーン役で出演している。単に女っぽいというのではなく、それらしさを損なわずに様々な表情の変化を演ずるのはすばらしい。

2003年/ヘクトール・バベンコ/ルイス・カルロス・ヴァスコンセロス「ビハンド・ザ・サン」/ロドリゴ・サントロ「ビハインド・ザ・サン」

|

« 『チャーリング・クロス街84番地』"84 Charing Cross Road" | トップページ | 『ユナイテッド93』"United 93" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/15852937

この記事へのトラックバック一覧です: 『カランジル』"Catandiru":

« 『チャーリング・クロス街84番地』"84 Charing Cross Road" | トップページ | 『ユナイテッド93』"United 93" »