« 『それでもボクはやっていない』 | トップページ | 『クライシス・オブ・アメリカ』"The Manchurian Candidate" »

2007/04/16

『アラバマ物語』"To Kill a Mockingbird"

☆登場する少年の1人があのカポーティということで見てみた。

アメリカ南部の村。人種差別が残る時代。その中での「正義」について描いた作品。

子どもの頃、何かわからない恐ろしいものがあった時代を思い出す。よくわからないままに温かいものに包まれていた時代でもあった。怖いものも、温かいものも、大人は子どもには説明してくれない。世の中から隔離されていた時代でもある。そういう子どもの目を通して、村の中にある世界の構図を描き出している。

モッキング・バードを殺してはいけないという原題の心がよくわかる。

主題というほど強く描かれているわけではないが、アメリカの映画には当たり前のように登場する陪審員制度と2年後に始まる日本の裁判員制度についても考えてしまった。過ちを繰り返しながら、正義について身近なものとして、考えてきた国の重みを感じる。

1962年/監督:ロバート・マリガン/グレゴリー・ペック「ローマの休日」「オーメン」/ロバート・デュバル「ジョンQ」「地獄の黙示録」「スリング・ブレイド」

|

« 『それでもボクはやっていない』 | トップページ | 『クライシス・オブ・アメリカ』"The Manchurian Candidate" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/14699478

この記事へのトラックバック一覧です: 『アラバマ物語』"To Kill a Mockingbird":

« 『それでもボクはやっていない』 | トップページ | 『クライシス・オブ・アメリカ』"The Manchurian Candidate" »