« 『ハード・キャンディ』"Hard Candy" | トップページ | 『それでもボクはやっていない』 »

2007/03/20

『マイ・ボディガード』"Man on Fire"

☆原題通りの燃える火のような男をデンゼル・ワシントンが迫力で演じる。

前半は静かに進む。CIAの特殊部員だったクリーシー(デンゼル・ワシントン)は心に傷を負った男。彼の閉ざした心に、子どもとは思えない洞察力のある少女ピタ(ダコタ・ファニング)が心を寄せ、クリーシーの心は溶けていく。ピタがクリーシーを慕う様子は大人の女性のような趣がある。「希望をなくした人の守護聖」のくだりはとても良い。

その交流が破られ、クリーシーは原題の通り炎の男(Man on Fire)となる。凄い。警察と犯罪組織とが結びついた様子を描いた「シティ・オブ・ゴッド」「バス174」を見たあとだったので、この暴力がそれほど理不尽なものとも思えず、その怒りの爆発を感心して見てしまった。

2004年/監督:トニー・スコット/デンゼル・ワシントン「クライシス・オブ・アメリカ」「マイ・ボディガード」「ジョンQ-最後の決断-」「トレーニング デイ」「マルコムX」「遠い夜明け」/ダコタ・ファニング「ハイド・アンド・シーク

|

« 『ハード・キャンディ』"Hard Candy" | トップページ | 『それでもボクはやっていない』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/14321248

この記事へのトラックバック一覧です: 『マイ・ボディガード』"Man on Fire":

« 『ハード・キャンディ』"Hard Candy" | トップページ | 『それでもボクはやっていない』 »