« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/22

『それでもボクはやっていない』

☆家族がいつ巻き込まれてもおかしくない冤罪の恐さと、一般市民としての無力さを感じた

ちょうど、岩波新書『裁判官はなぜ誤るのか(秋山賢三著)』を読み終わったところだったので、その知識がそのまま映画となって印象を深めたような形になった。

普通、自分が民事訴訟に巻き込まれることがあると想像することはあっても、刑事事件の被告になると想像することはない。しかし、痴漢だけは違う。夫や息子が突然、被疑者にされてしまってもおかしくない状況があるのだ。

主人公はフリーターで、現在は恋人もいない。この事件によって失ったものは比較的少ない環境だ。そのように、周囲の雑音を排して描き出すことによって、自分の身に降りかかってきていることの信じられない展開に対して、ただ「やっていない」という真実を言い続けるしかない主人公にだけ、観客の目が行くようになる。そして、そのシンプルさゆえに、冤罪を受けた者の無力さ、孤立感、そして人間の尊厳がいわれなく奪われることへの怒りをストレートに感じた。

143分という、長めの作品だったが、社会的背景や裁判の構造、それに、裁判官、検事、国選弁護人それぞれの意識、そして近く導入される裁判員制度のことなどを考えながら見ていると、ずっと頭がフル回転になって、あっという間に終わってしまった。

2007年/周防正行「Shall we ダンス?」/加瀬亮「硫黄島からの手紙」/役所広司「THE有頂天ホテル」「SAYURI」「笑の大学」「Shall we ダンス」/瀬戸朝香/山本耕史/もたいまさこ「ALL WAYS 三丁目の夕日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/20

『マイ・ボディガード』"Man on Fire"

☆原題通りの燃える火のような男をデンゼル・ワシントンが迫力で演じる。

前半は静かに進む。CIAの特殊部員だったクリーシー(デンゼル・ワシントン)は心に傷を負った男。彼の閉ざした心に、子どもとは思えない洞察力のある少女ピタ(ダコタ・ファニング)が心を寄せ、クリーシーの心は溶けていく。ピタがクリーシーを慕う様子は大人の女性のような趣がある。「希望をなくした人の守護聖」のくだりはとても良い。

その交流が破られ、クリーシーは原題の通り炎の男(Man on Fire)となる。凄い。警察と犯罪組織とが結びついた様子を描いた「シティ・オブ・ゴッド」「バス174」を見たあとだったので、この暴力がそれほど理不尽なものとも思えず、その怒りの爆発を感心して見てしまった。

2004年/監督:トニー・スコット/デンゼル・ワシントン「クライシス・オブ・アメリカ」「マイ・ボディガード」「ジョンQ-最後の決断-」「トレーニング デイ」「マルコムX」「遠い夜明け」/ダコタ・ファニング「ハイド・アンド・シーク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/13

『ハード・キャンディ』"Hard Candy"

☆中年男を追いつめていく知能指数の高い少女……怖い。

14歳の少女は、緻密でいて、未熟さゆえにどちらに転ぶか、感情がどうなっているのか、何をしでかすかわからない。もうこの設定だけでかなり怖い。あの"手術"や、ディスポーザーはもう、女性の私でさえ見ていられなくなってくる。

結局、少女が何を考えていて、どういう生育過程でというところが今ひとつはっきりしなかったため、特に考えさせられるところもなかったが、サスペンスとしては新しいおもしろさがあった。

2005年/監督:デヴィッド・スレイド/パトリック・ウィルソン/エレン・ペイジ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/12

『ローズ家の戦争』"The War of The Roses"

☆ブラック・ユーモアのはずなのに、男と女の気持ちの通わなさについて考え込んでしまった。

「Mr.& Mrsスミス」を見てから見たいと思っていた、元祖夫婦喧嘩モノ、やっと見ました。

スミス家のほうが荒唐無稽な分、笑える。当時のアメリカではローズ家もブラックユーモアだったのかもしれないけれど、ブラックすぎて。それに、「そう、それがすれ違いの始まりなのよ」と妙に納得するところもあった。

もしかすると男性の観客は笑うのかな。苦笑いかもしれないけれど……。そして女性の観客はローズ婦人の本気な部分に共感する部分を見つけてしまい、笑えなくなってしまう。女性の気持ちに無神経で話を聞こうとしない男性。その女性征服欲めいた"愛情"には、嫌悪感しか感じない。そのあたりの、男女が理解し合えないところはなんだかシリアスに描かれている。教養のない家の出で、体操の奨学金で大学に行ったという奥さん。自分の力が認められてビジネスに成功するかもしれないという喜びを感じているのに、夫は認めてくれないばかりでなく、見向きもしてくれない。

大笑いできなかったけれど、「そこで妥協しちゃいかん!」ってつい応援してしまって、スカッとした面もあったかも。私って実は不幸な現実生活を送っているのか……。

1989年/監督:ダニー・デヴィート/マイケル・ダグラス「カッコーの巣の上で」/キャスリーン・ターナー「ヴァージン・スーサイズ」/ダニー・デヴィート「ビッグ・フィッシュ」「ガタカ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/07

『マイ・プライベート・アイダホ』"My Own Private Idaho"

☆アイダホが心の故郷のような懐かしい場所として刷り込まれてしまう映画

アイダホの荒野に続く一本道と、その光景が思い出される切ない音楽が続く。そこに心のふるさととすることを切望しながらも、たぶん何か幼い頃の悪い思い出が邪魔をして、マイク(リバー・フェニックス)は何も思い出せない。懐かしさも伴っているはずの幻影がマイクの心に浮かぶとナルコレプシーの発作に襲われる。しかし、そこに心の拠り所を見出したいと思い続けている。切なく、哀しい。

それを見守るスコット(キアヌ・リーブス)。ナルコレプシーに襲われたマイクを抱えて歩く姿が美しい。結局、スコットの思いをどう取って良いのかよくわからなかったのだが、アイダホが美しく、哀しく、それでいて懐かしい場所なのだということが、流れる音楽と共にいつのまにか心にすり込まれていた。

1991年/監督:ガス・ヴァン・サント「小説家を見つけたら」「サイコ」「グッド・ウィル・ハンティング」/リバー・フェニックス「スタンド・バイ・ミー」/キアヌ・リーブス「マトリックス」「コンスタンティン」「恋愛適齢期」「コンスタンティン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/02

『レディ・イン・ザ・ウォーター』"Lady in the Water"

☆堂々たる最悪監督賞(ラジー賞2006)に選ばれちゃった。

でも、シャマラン監督のファンにはわかるんです。登場人物ひとりひとりがジグソーパズルのピースのように、パチッ、パチッとはまっていく様子が。「あ、ピッタリだ! これだ!」という快感。

それは「サイン」の宗教観が好きで、「ヴィレッジ」の雰囲気が好きで、それよりなにより意味無く出演し過ぎの監督が大好きだから見ているだけでゾクゾクしてくるということ。

これまでの作品を全部見てしまって、その知識を総動員して、「こういうことが言いたいのね」「わかるよ」と補足しながら見ていく親切な観客は素直に楽しめる映画です。いいんです、好きなんだから。放っておいて。(笑)

2006年/監督:ナイト・シャマラン「ヴィレッジ」「サイン」「アンブレイカブル」「シックス・センス」「翼のない天使」/ポール・ジアマッティ「ペイチェック」「トゥルーマン・ショウ」/ブライス・ダラス・ハワード「ヴィレッジ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »