« 『バス174』"ONIBUS 174" | トップページ | 『クリクリのいた夏』"Les Enfants du Marais" »

2007/02/22

『ナイロビの蜂』"The Constant Gardener"

☆アフリカの大地、サスペンス、社会問題、ロマンス、すべてが調和して語りかけてくる。

最近、サスペンスに見せかけておいて、謎解きは中途半端なまま、「実はこっちがテーマだったんですよ」というオチになる映画を多く観て、不完全燃焼のし続けだった。これは違う。製薬会社のケニアでの黒い裏話を扱ったサスペンス的要素はきっちりと構成した上で、ロマンスも壮大に締めくくっている。そして最後に、人権問題について考えさせられることになる。

妻テッサ(レイチェル・ワイズ)はアフリカの大地に消息を絶つ。それからの夫ジャスティン(レイフ・ファインズ)の行動はすごい。それまではガーデニングを愛する出自の良い典型的な英国紳士でしかなかったのに、奔放で革命家気質で情熱家だったテッサのやり残したことを理解し、成し遂げるために、軌跡を追っていく。ヤワな上流階級の人間がここまで変われるとは。

2人は正反対であるがゆえに惹かれあい、結婚する。しかし、正反対であることは2人の生活に亀裂を生み出し、結局、それぞれの信念に干渉せず、尊重し合うという形で折り合いを付けて生きてきていた。これまでは。

理解するということはこういうことなのかと思う。レイフ・ファインズは内に秘めた静かな情熱を演じる時、美しく輝く俳優だ。レイチェル・ワイズも美しさもこの背景に合う。そして、その背景を撮っているのが「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレスなのだからぴったりはまる。

ひとつだけわからないところがあった。あのピストルだ。→(ネタバレ反転)あれは、護身用ではなく、彼の死を自殺だと偽装するために、最初から仕組まれて手渡されたものだったと理解したのだが、それで正しいのだろうか。そうすると、情報局の彼は自分の癌の話などを持ち出して心を開いたかのように見えたが、実はすべての黒幕だったことになる。そして、ジャスティンはその罠から逃れられないことを知った上で罠に身を投じ、残された最後の手段で真実をイギリスに送って、妻のやりのこしたことを成し遂げたことになる。…という解釈したのだが。

2005年/監督:フェルナンド・メイレレス「シティ・オブ・ゴッド」/レイフ・ファインズ「オスカーとルシンダ」「イングリッシュ・ペイシェント」「シンドラーのリスト」/レイチェル・ワイズ「コンスタンティン」「ニューオリンズ・トライアル」「スターリングラード」「ハムナプトラ」「輝きの海

|

« 『バス174』"ONIBUS 174" | トップページ | 『クリクリのいた夏』"Les Enfants du Marais" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/14006232

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナイロビの蜂』"The Constant Gardener":

« 『バス174』"ONIBUS 174" | トップページ | 『クリクリのいた夏』"Les Enfants du Marais" »