« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/29

『カポーティ』"Capote"

★「感情を排した理解」が不可能であることと、それのもたらす苦悩について考えさせられた。

この記事は、映画を見たことを前提に書いています。特に「衝撃的な結末」があるという映画ではありませんが、先入観なしに映画を見たい方は、お読みにならないほうが良いと思います。

☆  ☆  ☆

「冷血」は読んでいない。しかし、犯人のペリーはこんなふうに、内省的で共感できる人物のようには描かれていないだろうと想像できる。きっと、身の毛もよだつ冷血で、センセーショナルな人物に描かれているはずだ。

カポーティはノンフィクション小説を完成させるため、偽りの友情で、殺人事件の容疑者ペリー・スミスの心に寄り添い、心の闇を引き出すことに成功する。カポーティは無神経のようでありながら、心の襞のわかる人間だ。だからこそ作家として成功している。人を理解することができることは、寄り添うことができるということ。それは一種の才能だ。そして、それは外見的には「優しさ」と同じ形を取る。そこが問題だ。

ペリーの日記を借り出す時、カポーティはこれを小説にする理由として「ペリーがモンスターではないことを世間に知らせたいから」と言った。しかしすでに彼の頭の中では一家4人惨殺事件犯のモンスターを描いたノンフィクション小説が描かれていた。ここで彼は決定的な一線を越えてしまっている。しかし、それさえなかったら良しとできるのだろうか。

人は人を理解するために、自分の心を開く、相手も心を開く。しかし、開いたからといって、必ずしも相手を肯定できるとは限らない。心を開くことのできる人間は、相手を理解できる人間であるため、それを相手は優しさと受け取る。しかし、最後まで優しくあり続けることができないこともある。理解しても、肯定できないことはあるのだから。

ペリーは、内省的に思考できる人間なので、カポーティの理解が肯定ではないことに気づいたはずだ。しかし、一度も他人から理解されたことのなかったペリーにとっては、この理解は何にも代え難いものであった。そして、結局は、苦しい思考の果てに、利用されたことを納得した上で、理解してもらえたことを肯定するに至る。

一方、カポーティも返り血を浴びることになる。そのペリーの「理解」がカポーティを一生苦しめることになるのだから。

カポーティの二面性が特異なものとして描かれているが、理解、優しさ、誤解という構造が深く描かれていて、非常に興味深い映画だった。

2005年/監督:ベネット・ミラー/フィリップ・シーモア・ホフマン「マグノリア」「パッチ・アダムス」「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」/キャサリン・キーナー「ザ・インタープリター」「シモーヌ」/クリフトン・コリンズ・Jr/クリス・クーパー
カポーティ@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/10/19

『海辺の家』"Live as a House"

★お定まりのコースをいくストーリーなのに、人に勧めたくなる映画。

末期癌の宣告を受けた男が、死を前にして、別れた妻と、精神的に不安定な思春期の息子との関係を取り戻していくという、予定調和の王道(?)を行く映画。しかし、お涙頂戴になっていないので、静かに「いいなあ」と感じられる。

海辺のボロ屋のロケーションが見ているだけでうれしくなるほど良い。ヘイデン・クリステンセンジェナ・マローンが見ているだけでぞくっとくるほどの美少年だ。そして、家を自分の手で作るというテーマが好きだ。ツボにはまった。

2001年/アーウィン・ウィンクラー「ザ・インターネット2」「シッピング・ニュース」/ケビン・クライン「卒業の朝」遠い夜明け」「/クリスティン・スコット・トーマス「ゴスフォード・パーク」「イングリッシュ・ペイシェント」/ヘイデン・クリステンセン「ニュースの天才」/ジェナ・マローン「16歳の合衆国」「グッドナイト・ムーン」/メアリー・スティーンバージェン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/13

『キャリー』"Carrie"

★超常現象なのに、青春映画としての異様に強い説得力に引き込まれてしまった。

ずっと前から知っていたけれど、やっと見ることができた映画。恐くて、気持ちの悪いオカルト映画だと思っていたのだが…。

これは、オカルト映画というよりは、アメリカの高校生最大の行事であるプロムを題材にした青春映画。何度も何度も題材とされてきた題材。それを、奇をてらってオカルトにしたというよりは、全く無理なく「どこかにいそうな親子」「どこかにいそうな友達」のどこにでもありそうな問題をオカルトの手法を使って描き出した形になっている。

キャリーの母親の演技とその映像化がすばらしい。最初の美しいシャワーの画面も含め、ブライアン・デ・パルマがその美しい映像で有名になったことが納得できる映画だった。

1976年/監督:ブライアン・デ・パルマ「ミッション・トゥー・マーズ」「スネーク・アイズ」「ミッション・インポッシブル」/原作:スティーヴン・キング「シークレット・ウィンドウ」「アトランティスのこころ」「グリーンマイル」「スティーヴン・キングのシャイニング」「ショーシャンクの空」「イット」「やつらはとこどき帰ってくる」「スタンド・バイ・ミー」「シャイニング」/シシー・スペイセク「ストレイト・ストーリー」/エイミー・アービング「ハイド・アンド・シーク」/ジョン・トラボルタ「シビル・アクション」「マイケル」「ベイビー・トーク」「サタデー・ナイト・フィーバー」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/12

『デーヴ』"Dave"

☆理想主義で楽天的で、ものごとを深く考えずに、正義というとすぐに血が騒ぐアメリカ人が好きそうな映画。

思いっきりアメリカ人差別的讃辞だが、こういうカラッと晴れたような映画をたまに見るのも悪くない。

寡黙な脇役が皆、良い雰囲気を出している。シガニー・ウィーバーの存在感ある大統領夫人。大統領の浮気相手の秘書にローラ・リニー。浮気相手でも許せそうな嫌みのない可愛さがある。いつも冷静だが、ちゃんと考えているボディガード。そして、信頼感を存在感だけで感じさせるベン・キングスレーの副大統領。良い感じだ。

1993年/監督:アイヴァン・ライトマン「エボリューション」「6デイズ/7ナイツ」/ケヴィン・クライン「卒業の朝」「海辺の家」「真夏の夜の夢」「遠い夜明け」「/シガニー・ウィーバー「ヴィレッジ」「穴/HOLES」「マップ・オブ・ザ・ワールド」「スノーホワイト」「エイリアン」/フランク・ランジェラ/ベン・キングズレー「砂と霧の家」「A.I.」「ガンジー」/ローラ・リニー「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」「ラブ・アクチュアリー」「プロフェシー」「トゥルーマン・ショー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/04

『ジェイコブス・ラダー』"Jacob's Ladder"

☆正常さと隣り合わせに存在するように感じられる悪夢に、すっかり滅入ってしまった。

この映画を高く評価する人達は、ものすごく健康で、健全なのだと思う。私は見ていてこの悪夢に飲み込まれてしまいそうな精神的不安を感じた。そうやって「ラダー」を登っていくのだという主張はわかる。でも、信じたくない。

ベトナムでの殺戮の記憶を軸に、夢と現実の狭間をさまよう主人公。気味悪い映像もたくさんあったが、一番恐怖を感じたのは、「家に帰りたいのに帰れない」という強迫観念。こんな不安定な状態がずっと続くなんて拷問に近い。ごく普通のホラーなんかよりずっと恐かった。非現実的な話なのに、脳内にこういう「混乱」が起きるかもしれないと想像することは容易だ。何かひとつずれるだけで、こういう感覚に襲われるであろうことも想像できる。精神的に弱っている時など絶対に見たくないタイプの映画だった。

最後に種明かしがされる。それは、見ている間、徐々にわかってくる事実であり、伏線がそこでひとつとなる納得できるものであった。しかし、それは私にとっては救いというにはあまりにも小さいもの。これが真実だなんて思いたくない。

1990年/監督:エイドリアン・ライン「フラッシュ・ダンス」/ティム・ロビンス「デッドマン・ウォーキング」「ショーシャンクの空に」「隣人は静かに笑う」「ミッション・トゥ・マーズ」/ダニー・アイエロ/エリザベス・ペーニャ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/03

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』"Interview with the Vampire"

☆時代を超えて生きるヴァンパイアの切ない魅力にワクワクし、ホラーの中にひたひたと美しさを感じてしまった。

奔放なヴァンパイア、レスタト(トム・クルーズ)、悩めるヴァンパイア、ルイ(ブラッド・ピット)。そして、ヴァンパイア美学を求めるアーマンド(アントニオ・バンデラス)。それぞれの個性が混ざり合い、男と男の引力も時折、妖しく輝き、ホラーを超えた世界が広がっていた。

まだ10代前半のはずのキルスティン・ダンストが、幼さとドラキュラとしての年輪を重ねた女性の妖しさとがミックスされたクローディアを魅力的に演じていた。その後の活躍が納得できる。

1994年/監督:ニール・ジョーダン/トム・クルーズ「コラテラル」「ラストサムライ」「マイノリティ・リポート」「バニラ・スカイ」「アイズ・ワイド・シャット」「マグノリア」「ア・フュー・グッドメン」「レインマン」/ブラッド・ピット「Mr.& Mrs.スミス」オーシャンズ11」「セブンイヤーズ・イン・チベット」「セブン」/アントニオ・バンデラス「エビータ」/キルスティン・ダンスト「エターナル・サンシャイン」「モナリザ・スマイル」「チアーズ」「ヴァージン・スーサイズ」「ワグ・ザ・ドッグ」「ジュマンジ」「若草物語」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/02

『奥さまは魔女』"Bewithed"

☆反応が素直すぎて、魔女であることがバレバレ、というニコール・キッドマンの可愛らしい演技が実にいい。

昔見たTVシリーズのイメージが消えかかっていたので、ちょうど良かったのかもしれない。ダーリン役はかなりイメージが違うような気もしたが、それも、「リメイク」ではなくて、「リメイクを作るというお話」という入れ子構造のおかげであまり気にならなかった。

ニコール・キッドマンはいろいろな役に挑戦しているが、私には、大好きな役と、無理な演技でとても見られないという役とに分かれてしまう。この魔女役は、かわいらしい素直さが自然な感じで出ていて、ぴったりだった。

魔女であることを隠さないといけないのに、時には真っ正面から答えてしまう。実にキュートなサマンサ、いやイザベルだった。

ニコール・キッドマンの演じ方で、一番好きなのが「アザーズ」。次が「ドッグヴィル」。好きでないものは「白いカラス」と「ステップフォード・ワイフ」のキャリアウーマンの部分。実は「ムーラン・ルージュ」も好きではないのだが、これは作品自体もちょっとと思っているので、別にしておこう。

*いろいろなブログを読んでいて、「ダーリンをジム・キャリーが演じていれば…」という声があることを知った。そうなったらサマンサの影が薄くなるのではという意見もあったが、私もジム・キャリーが演じたほうが映画自体はずっとおもしろかっただろうなあと思った。それに、もしかするとこの演技なら、ニコール・キッドマンもジム・キャリーの影にかすんだりしないのではと思う。

2005年/監督:ノーラ・エフロン「電話で抱きしめて」「ユー・ガット・メール」/ニコール・キッドマン「ザ・インタープリター」「ステップフォード・ワイフ」「コールドマウンテン」「白いカラス」「ドッグヴィル」「めぐりあう時間たち」「アザーズ」「ムーラン・ルージュ」「アイズ・ワイド・シャット」「プラクティカル・マジック」/ウィル・フェレル「プロデューサーズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »