« 『Vフォー・ヴェンデッタ』"V For Vendetta" | トップページ | 『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』"Interview with the Vampire" »

2006/10/02

『奥さまは魔女』"Bewithed"

☆反応が素直すぎて、魔女であることがバレバレ、というニコール・キッドマンの可愛らしい演技が実にいい。

昔見たTVシリーズのイメージが消えかかっていたので、ちょうど良かったのかもしれない。ダーリン役はかなりイメージが違うような気もしたが、それも、「リメイク」ではなくて、「リメイクを作るというお話」という入れ子構造のおかげであまり気にならなかった。

ニコール・キッドマンはいろいろな役に挑戦しているが、私には、大好きな役と、無理な演技でとても見られないという役とに分かれてしまう。この魔女役は、かわいらしい素直さが自然な感じで出ていて、ぴったりだった。

魔女であることを隠さないといけないのに、時には真っ正面から答えてしまう。実にキュートなサマンサ、いやイザベルだった。

ニコール・キッドマンの演じ方で、一番好きなのが「アザーズ」。次が「ドッグヴィル」。好きでないものは「白いカラス」と「ステップフォード・ワイフ」のキャリアウーマンの部分。実は「ムーラン・ルージュ」も好きではないのだが、これは作品自体もちょっとと思っているので、別にしておこう。

*いろいろなブログを読んでいて、「ダーリンをジム・キャリーが演じていれば…」という声があることを知った。そうなったらサマンサの影が薄くなるのではという意見もあったが、私もジム・キャリーが演じたほうが映画自体はずっとおもしろかっただろうなあと思った。それに、もしかするとこの演技なら、ニコール・キッドマンもジム・キャリーの影にかすんだりしないのではと思う。

2005年/監督:ノーラ・エフロン「電話で抱きしめて」「ユー・ガット・メール」/ニコール・キッドマン「ザ・インタープリター」「ステップフォード・ワイフ」「コールドマウンテン」「白いカラス」「ドッグヴィル」「めぐりあう時間たち」「アザーズ」「ムーラン・ルージュ」「アイズ・ワイド・シャット」「プラクティカル・マジック」/ウィル・フェレル「プロデューサーズ

|

« 『Vフォー・ヴェンデッタ』"V For Vendetta" | トップページ | 『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』"Interview with the Vampire" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/12121053

この記事へのトラックバック一覧です: 『奥さまは魔女』"Bewithed":

« 『Vフォー・ヴェンデッタ』"V For Vendetta" | トップページ | 『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』"Interview with the Vampire" »