« 映画館にて | トップページ | 『奥さまは魔女』"Bewithed" »

2006/09/21

『Vフォー・ヴェンデッタ』"V For Vendetta"

☆「権力に対抗する鎮まれる意思」はどのようにして生まれるのか。
イギリスに住んでいた時、毎年、不思議な思いで見ていた「ガイ・フォークスデー」の行事。

何日も前から会場を準備し、打ち上げ花火を用意し、火あぶりにするガイフォークス人形を作る。そこら中で花火とキャンプファイヤーのような「火刑遊び」が行われる。花火は、日本の打ち上げ花火を知っているとみすぼらしく感じられるが、一応、ヒューと上がって、ボンと広がる花火ではある。商業的でも、公的なものでもなく、自発的にやるものとしてはかなりすごいのではないかと思う。

火あぶりごっこが子どもの楽しみ? どういう神経しているんだろう。何考えているの?と思ってイギリス人に尋ねると、「イギリス人はおかしいから」と嬉しそうな顔で返事が返ってくる。400年前の国会議事堂爆破未遂の事件と、この火あぶり花火大会に参加する人の気持ちの関連性はどんなものなのだろうといつも思っていた。

この映画は、それに対する1つの解答になったので、私にとっては興味深い映画だった。

人々は権力側の人間として火あぶりに参加しているのではなく、権力に反対し散っていったガイ・フォークスのことを忘れないため、ガイ・フォークスの側に気持ちを寄せつつ、民衆の静かな意思の表れとしてあの行事を行っているのではないかと思った。

燃やされるのはガイ・フォークス人形でなくてはいけない。国会議事堂のハリボテを燃やしたりして、気分をスカッとさせて終わらせてはいけない。意思半ばで倒れたガイ・フォークスを燃やすことで、心の奥に「暗闇」を育てなくてはならないのだ。

ネタバレ、反転させて読んでください。→イヴィー(ナタリー・ポートマン)が髪を剃られ、投獄され、拷問を受ける場面がある。それが仮面の男によってなされたということが理解しにくかった。しかし、あの行為が、その虐げられた民衆の哀しみを自分のものとし、権力に対抗する力を得、生まれ変わるために必要だったとすると理解するならば、その過程と人形を焼く行為に通じるところがあることがわかる。

組織的なテロではなく、1人1人の静かな意思の集まりこそが権力に対抗する力となるものだということを、あの仮面の行進が象徴している。ドミノの映像も同じだ。そしてドミノの最初の1つを押す人はヒーローでもなんでもない。それは、心の中にはさらに暗い闇を潜ませ、その闇に押しつぶされ、ゆがんでパワーアップしてしまった人間。

恐怖に対抗できる鎮まれる意思こそが力になるという主張。実にイギリス的な意思表示だと思った。先日、記事にした「厳戒態勢のヒースロー空港」で見たことを思い出した。

2005年/監督:ジェームズ・マクティーグ/ナタリー・ポートマン「クローサー」「コールド・マウンテン」「レオン」/ヒューゴ・ウィーヴィング「マトリックス」「プリシラ」/スティーブン・レイ「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」
Vフォー・ヴェンデッタ@映画生活

|

« 映画館にて | トップページ | 『奥さまは魔女』"Bewithed" »

コメント

ちんとんさん、はじめまして。
TB&コメントさせていただきます。

イギリスからの厳戒態勢&ガイ・フォークスデーの記事、興味深く拝見いたしました。実際体験されている事なので映画もまた私らとは違った観点で鑑賞されていたのかと存じます。

結構思ってたより暗く重い映画だったので後味がしっくりこなかったのですが、社会派アクションとして評価すると別の味のする作品ですね。


投稿: たまさん | 2006/09/25 01:01

どうも、返事遅れました。
なるほど、実に興味深いものですね~。実話の人物だったとは。
イギリスでは11月5日に行われる珍しい行事みたいですね。
自由の為に戦う英雄ガイ・フォークスを描いた映画カー。
権力に打ち勝つのは死を恐れない恐怖なんですね。
ラストはすごかったですね。

投稿: KAZU | 2006/09/27 09:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/11980185

この記事へのトラックバック一覧です: 『Vフォー・ヴェンデッタ』"V For Vendetta":

» Vフォー・ヴェンデッタ [いつか深夜特急に乗って]
「Vフォー・ヴェンデッタ」★★★★ (福島フォーラム5)20 [続きを読む]

受信: 2006/09/21 21:08

» 映画『Vフォー・ヴェンデッタ』 [たまさんのHR/HM シネマカフェ]
Vフォー・ヴェンデッタ 販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ発売日:2006/09 [続きを読む]

受信: 2006/09/23 21:20

» Vフォー・ヴェンデッタ [PICO*THEATRE ]
人民が政府を恐れるのではない 政府が人民を恐れるのだ お薦め度:.★★★★. 本当は娯楽アクション映画のはずなのに、うっかりツボに入ってしまい涙してしまいました。Vとイヴィーの関係は何となく『オペラ座の怪人』の怪人... [続きを読む]

受信: 2006/10/06 17:46

« 映画館にて | トップページ | 『奥さまは魔女』"Bewithed" »