« お墓が見つからなかったお墓詣り | トップページ | 『ザ・コーポレーション』"The Corporation" »

2006/08/18

『県庁の星』

☆まぬけと紙一重の知性派ヒーローを織田裕二が魅力的に演じる

在庫管理がめちゃめちゃで、従業員はみんなやる気がない。規模だけが大きいスーパー、満天堂。毎日ここで買い物することになったら嫌だけれど、このタラーっとした「人間味」、人間関係としてはすごくいい。郷愁すら感じる。

頭の切れは抜群で「ヒーロー」なんだけれど、心を入れ替えた後ばかりでなく、入れ替える前の嫌な奴の時もやっぱり控えめな態度。絵に描いたような悪役でもなく、典型的なヒーローでもない。この微妙な味わいが良い。

「県庁さん」と呼ばれるエリート。嫌われているようで、嫌われていない、どこか間抜けなネーミング。

アムステルダム行きの古い飛行機の機内で、雑音の入る音声&前にある小さな画面での鑑賞となってしまったが、楽しめた。

ここからネタバレ→結局、彼の努力はあまり報いられない形になるが、それでも彼はへこたれない。いくら踏みつけられても、彼はこのままで終わりそうにないという雰囲気を残し、コーヒーが無料になるという小さな成果が控えめに花開く。スーパーマンのように華々しくないけれど、地道な頭脳派ヒーロー。かっこいい。ゴミ箱の書類、誰か拾ってくれるかな。

2006年/原作:桂 望実/監督:西谷 弘/織田裕二/柴咲コウ「バトル・ロワイヤル」

|

« お墓が見つからなかったお墓詣り | トップページ | 『ザ・コーポレーション』"The Corporation" »

コメント

TB毎度です^^

いいですよねー。堅物が集まるエリート会社より、案外人情味あふれる地味なスーパーも。
織田雄二の気持ちが入れ替わる瞬間もいいですよね。苦悩して挫折して人は成長するもんですしね。

投稿: KAZU | 2006/11/22 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/11492789

この記事へのトラックバック一覧です: 『県庁の星』:

» 『県庁の星』 [Movie Road -映画道-]
287.県庁の星 製作年度 2006年 製作国・地域 日本 上映時間 131分 監督 西谷弘 製作総指揮 - 原作 桂望実 脚本 佐藤信介 音楽 松谷卓 出演 織田裕二 お勧め度 K県庁のキャリア公務員、野村聡は極端な上昇志向の持ち主。ある時彼は、...... [続きを読む]

受信: 2006/11/22 10:32

« お墓が見つからなかったお墓詣り | トップページ | 『ザ・コーポレーション』"The Corporation" »