« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/24

『クラッシュ』"Crash"

☆これをクリスマス映画として作ったこと自体ににメッセージを感じる

アメリカの都市郊外に住んでいた頃の感覚を思い出す。

冒頭、「r」と「l」を混同して発音してしまうアジア人への中傷から始まり、口を開くたびに人種差別発言となり、耳をふさぎたくなるような場面が続く。

実際の生活では、そこまではっきりとことばにされた経験はないが、心の中のことばを漫画の吹き出しみたいなものに入れて見せたら、この映画と同じになるだろうという体験は何度もあった。

差別的な人も善行をし、善行をする人もひょいと差別的な心が出てしまう。真実だ。

嫌になるほど醜い現実を見せつけられ、「まったくその通りだ」と徹底的に落ち込んだところで見せられる、ほんの少しの間のキラリと光る人間らしい行動。その瞬間を心に留めながら、また醜い社会と、醜い自分を生きていくというクリスマス映画だ。アメリカ人はうなずきながらこの映画を観るだろう。

ネタバレ!反転させて読んでください。ここから→「おとうさんは持っていないの」と言って銃弾の前に走り出ていく鍵修理人の1人娘は本当にかわいらしい。銃声のあと、落ち着いた声で、泣き叫ぶ母親に「おとうさんは大丈夫よ(Dad is OK)」と大人のようになぐさめのことばを掛ける場面はすばらしい。本当にエンジェルだ。あんなかわいらしい子役をよく見つけ出してきたものだと思う。

母親に可愛がられていた不良の弟と、自分が食料を入れておいたのに弟の行為だと思われ、母親に嫌われたままになってしまう優秀な兄(ドン・チードル)。その弟もワルになりきれていないし、その弟が、正しくあろうとがんばっていた警官にふと湧き出してきた恐怖心から殺されてしまうのも悲しい。その原因があの置物だというのもまた悲しい。

いくらきらめく美しい瞬間を見せられても、もう一度アメリカに住みたいかと問われたら、住みたくないと答えるだろう。でも、転勤することになったら行くしかない。そして、自分のこの「アメリカにはもう住みたくない」という気持ちもまた、差別意識なのだと思う。

2004年/監督:ポール・ハギス/サンドラ・ブロック「ザ・インターネット」「恋は嵐のように」「プラクティカル・マジック」「あなたが寝ている間に…」「トゥー・ウィークス・ノーティス」/ドン・チードル「ホテル・ルワンダ」「16歳の合衆国」「オーシャンズ11」「ミッション・トゥ・マーズ」「ボルケーノ」「ブルワース」/マット・ディロン「メリーに首ったけ」/ジェニファー・エスポジト/ブレンダン・フレイザー「ハムナプトラ」/テレンス・ハワード/ライアン・フィリップ「クルーエル・インテンション」「マイハート・マイラブ」「ラストサマー」/バハー・スーメク
クラッシュ@映画生活

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/07/20

『阿弥陀堂だより』

☆この映画の「時の流れ」と自分を一致させることができた時、生と死が共存する世界を体験したような気がしてくる

忙しい生活の中で、居間のテレビでこの映画を観ると、ゆったりとした間の取り方についていけず、早回ししたくなるような焦燥感を覚える。しかし、映画の画面のほうが、自分のいる部屋より存在感が大きくなってくるにしたがって、自分の体までゆったりとしてくるのを感じる。だんだん回転がゆるくなっていくような感覚だ。

映画の時間の流れに違和感がなくなると、阿弥陀堂や、祭りや、灯籠流しや、静かに死を待つ恩師の姿、北林谷栄の演ずるおうめさんの姿に引き込まれ、ご先祖様がそのあたりを浮遊しているような、生と死との境があいまいな形で存在しているような村の世界観に取り込まれていくような気がしてくる。

こういう場所で暮らせたらなあと夢のようなことも考えてみるが、この時間の流れと無縁な生活を送っている自分の感覚の底にこのゆったりとした流れを理解できる元となるものがあることを知ると、日本人で良かったなあと思う。

2002年/監督:小泉尭史/寺尾聰「博士の愛した数式」「乱」/樋口可南子/北林谷栄「となりのトトロ」「事件」
阿弥陀堂だより@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/10

『博士の愛した数式』

☆優しい気持ちを乗せたことばの繰り返しは心地よい

こんなに素敵な映画だったとは。ここ数年、流行している「記憶モノ」制覇のために見たのだが、そんな理由は吹き飛んでしまうほど、心温まる、美しい、良い映画だった。

80分しか記憶が続かない数学の博士。10歳の息子と2人暮らしの家政婦は、博士の家に行く度に「新しい家政婦です」から始まる挨拶をする。博士は靴のサイズを聞く。そして24センチは4の階乗で潔い数字だと誉める。

同じことの繰り返しであっても、優しい気持ちの繰り返しは実に心地よい。同じことがきっかけで違う形で表れても、それは博士の純粋で優しく、知的で感受性豊かな気持ちのバリエーション。

数式の奥深さと心の奥にある優しさとがぴったり合って、細やかな深淵を覗くことができる。配役が5人ともぴったり。音楽もすばらしい。

原作のほうも読んで、数式の世界にもう少し触れてみたいと思った。
[追記] その後、原作を読んだ。映画と違っているところもあったが、映画はもとの味を損なわずに描いていると思った。

2005年/監督:小泉堯史/寺尾聰「阿弥陀堂だより」/深津絵里/斎藤隆成/吉岡秀隆/浅岡ルリ子
博士の愛した数式@映画生活

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/07/07

『アバウト・シュミット』"About Schmidt"

☆永遠に家族の絆を持つことができないダメ人間を描いたの?

映画としてはとても良い、ジャック・ニコルソンもすごいと思う。毎回、全然違う役をまさにその通りに演じる。

シュミットの定年退職する日がやってきた。後任の若造は、表面的には礼儀正しいが、彼の作った引き継ぎ資料など見向きもせずにちゃんとやっていく。長年連れ添った妻には不満だらけで愛情も感じられない。まるで他人のよう。唯一可愛く思っていた娘、その娘が…というストーリー。

人生の残りが見渡せる年齢になって振り返り、自分の歩んできた道が、全く夢に満ちていなかったことに気づく。そのあたりはひどく共感できそうな気持ちがわいてきて吸い寄せられる。

でも、映画が伝えたいこととは別として、思ってしまう。可愛い娘がどういう配偶者を選ぶかも含めて、結局は、その人はその人相応の相手や友達を選んでその人相応の人生を歩んでしまうものだと。フォスター・ペアレント(に似た形)の「子ども」にその救いを求めても所詮、それは経済格差を利用した擬似的なものであって、実際の親子で作れなかった絆は、自分が同じである限り、こちらでだって作ることはできないんじゃないかなと。もちろん、その行い自体の意義はあるにしても(←ここは強調)

ここまで考えた時、ふと、この作品が伝えたかったのはこの部分なのかもしれないという気がしてきた。この部分をほんの少しだけ肯定的に解釈して、絆を作ることができる人ならば家族以外の人とも作ることができるのだというところに一縷の望みを残しておきたい気もするが…。

間抜けなテンポと間の悪さ。バツの悪いような気さえしてくる音楽。そんなものが散りばめられていて、そこここで笑いを誘うのに、この映画、真正面から捉えると、ものすごく救いようのない映画なのかもしれない。

2002年/監督:アレクサンダー・ペイン/ジャック・ニコルソン「恋愛小説家」「ア・フュー・グッドメン」「イーストウィックの魔女たち」「シャイニング」「カッコーの巣の上で」/キャシー・ベイツ「ウォーター・ボーイ」「輝きの海」「タイタニック」「ミザリー」/ホープ・デイビス「隣人は静かに笑う」「アトランティスのこころ」

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006/07/03

『イン・ハー・シューズ』"In Her Shoes"

☆こんな老人ホームで暮らす魅力ある年寄りになりたい

散漫な印象があるのだけれど、いいなあと思ったところを箇条書きのように思い浮かべてみるとなかなか良い映画だったと思えてくる。

姉のローズはしっかり者で、見かけは良くなくて、靴しかサイズに合う好みのものがないらしいが、考え方がなかなかキュートで良い。

妹のマギーは、突拍子もない明るさと軽さが良い。母親の病気とは違うけれど、マギーにも似た要素が魅力的に出ている。確かに姉や同居する家族はなかなか大変だろう。子どもの頃の姉の記憶と妹の記憶にはズレがある。それを2人で語ることができて、姉妹のいる人はいいなあと思った。

祖母はきちんとした暮らしをしてきた人らしく、その背筋を伸ばしたまま愛情を持って孫に接しているのがとても良い。老人ホームのお年寄り達が、生き生きとしていて、魅力的で心に余裕があり、ゆったりと、適度に交流を持ちながら暮らしているのが良い。

マギーのディスレクシアを、1行読んだだけで気づき、指摘し、温かく厳しく接する老人がとても良い。みんなとても素敵だ。継母はスパイス。

2005年/監督:カーティス・ハンソン「8Mile」/キャメロン・ディアス「ギャング・オブ・ニューヨーク」「シュレック」「バニラ・スカイ」「チャーリーズ・エンジェル」「マルコヴィッチの穴」「メリーに首ったけ」「ベスト・フレンズ・ウェディング」「真夏の出来事」/トニ・コレット「シックス・センス」/シャーリー・マックレーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/02

『愛しのローズマリー』"Shallow Hal"

☆ギリギリOKな笑いで描き出される差別意識。NGな人も多いかも。

容貌による差別や障害者差別、そして人種差別まで含みそうなギリギリのところを描いているのに、私にはギリギリOK。そのあたりの右と左に分かれる理由って何なんだろうと思う。

グウィネス・パルトロウがほっそりしているのに、まるで太っている人のような動作をして演じているのがすごいと思った。だから、最後のほうで同じグウィネス・パルトロウが太っているほうの役を演じていても、違和感なく可愛いと思えたのだと思う。他の人たちもすべて同じ人が演じていたら「ギリギリOK」のところが、さらに少しだけ「安心して見られる」のほうに移動したのにと思う。

こんなふうに、心の目だけで美醜を見分けられたらいいなあと温かい気分になりながら見ていたのだが、実際に自分がそうなった途端、まわりの人がみんな醜い人ばかりになってしまったら…なんて考えがわいてきた。つまり、そうなっていないところが、この映画を良い映画だなと安心して見ていられる要素となっているのだろう。

2001年/監督:ボビー・ファレリー「メリーに首ったけ」/ジャック・ブラック/グウィネス・パルトロウ「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」「リプリー」「恋におちたシェイクスピア」「大いなる遺産」「スライディング・ドア」「セブン」/ジョー・ウィテレッリ「アナライズ・ミー」「恋するための3つのルール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »