« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/29

『夏休みのレモネード』"Stolen Summer"

☆相手の宗教に土足で踏み込むようで納得いかない部分も残ったが、考える子どもは文句なく可愛い

宗教について考える子どもをテーマとした作品。(「神様追求子どもモノ」と命名)

「子どもの持つ素朴な疑問」という形を取ることが、宗教をテーマにする映画にとって、有効な手段であることはわかる。なにしろ「子どもの持つ素朴な疑問」なのだから、宗教的タブーに触れても許されてしまう。

しかし、異教徒を改宗させるというのは奇想天外を通り越して、ちょっとやりすぎではないだろうか。私が、ユダヤ人とカトリック教徒が混在する複雑な地域に住んだことがあるから過敏に反応しているだけだろうか。そこでの生活で、私は"相手と混じり合わないこと"によって微妙な均衡を保つことが、生活の知恵として生み出されたものであることを実感した。

カトリックの大家族に生まれたピートとユダヤ教のラビの息子ダニーとの交流自体は微笑ましい。また、ラビの、異教徒の子どもや自分の子どもに接する態度には心を打たれる。

しかし、自分の子どもが十字架を切る、それもよくわからないままにその行為をしているのを見る時のラビの驚愕には想像できないほど、痛ましいものがあると思う。「子どもの持つ素朴な疑問」という隠れ蓑を被った上でのやりすぎがあるように思えて、心からは楽しめない部分が残った。

*「神様追求子どもモノ」には、他に『翼のない天使』や『ぼくの神様』があります。

2002年/監督:ピート・ジョーンズ/エイダン・クイン「ミュージック・オブ・ハート」「プラクティカル・マジック」/ボニー・ハント「グリーン・マイル」「ジュマンジ」/ケヴィン・ポラック/ブライアン・デネヒー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/22

『光の旅人 K-PAX』"K-PAX"

☆K-PAXという星の存在をすっかり信じて、思いを巡らしています

これを見ていると、宇宙人がいてもおかしくないという気がしてくる。空を見ると、宇宙は広くて、地球人だけが孤立していて、内側で争いや殺し合いがあって、それなのに遠い外の宇宙には全然違う平和な世界が広がっているかもと思えてくる。

K-PAXという星から来たと自信たっぷりに語るプロート役を一癖も二癖もあるケヴィン・スペイシーが演じるのだから、当然ただ者じゃないと思ってしまう。

異星人の出てくるSFモノか、それとも精神病院を舞台とする、『カッコーの巣の上で』や『レナードの朝』のようなものかと思うが、どちらとも少しだけ違う。プロートの「正常さ」と折り目正しさ、落ち着き払った頭脳明晰さと知識で、知識人をやりこめる場面は痛快だ。

プロートばかりでなく、他の登場人物1人1人すべてがとても良い。見終わった時に、心が温かくなっていることにふと気づく映画。

2001年/監督:イアン・ソフトリー/ケヴィン・スペイシー「シッピング・ニュース」「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」「16歳の合衆国」「ペイ・フォワード 可能の王国」「アメリカン・ビューティー」「交渉人」「セブン」/ジェフ・ブリッジス「ハリウッド・ミューズ」「ビッグ・リボウスキ」「隣人は静かに笑う」

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/06/14

『判決前夜 ビフォア・アンド・アフター』"Befor and After"

☆ごく普通の良き家庭の、未成年の息子、あるいは兄が殺人を犯してしまった時、家族はどのように行動するか

冒頭、原題の"Before and After"ということばがジェーコブの妹によって語られる。「ある瞬間にすべてが変わってしまうことがある。ビフォー(前)とアフター(後)では、全く違う。それが自分たち家族に起こった。」

このことばで、そのできごとが取り返しの付かないものであったことが示唆される。人が取り返しのつかない間違いを犯してしまった時、どうすればその人を本当に救うことができるのかを問うた作品。

最初のほうで、旧約聖書に出てくるアブラハムの話を父親(リーアム・ニーソン)が口にする。神に、我が子イサクを生け贄に捧げるように言われ、アブラハムはそのことばに従った。しかし、自分にはそれはできないと語る。さらっと流れるが、この映画を解く鍵はここを掘り下げたところにある。

ごく普通の家庭に起きた普通でないできごとが描かれている。また、そのキーとなる考え方はキリスト教に基づいている。しかし、その時、家族がそれぞれの立場でどう考え、どう振る舞うかは身近な問題として捉えることのできるテーマとして共感を持ってみることができた。

弁護士が一癖ある、なかなかおもしろそうな人物のようだが、映画では今ひとつつかめきれない。たぶん、本にはもっと詳しく書かれているのだろう。この弁護士をどう解釈するかによって、人が人を裁くことの意味が少し変わってくるように思う。

1995年/監督:ハーベット・シュローダー/メリル・ストリープ「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」「めぐりあう時間たち」「ミュージック・オブ・ハート」「母の眠り」「マディソン郡の橋」/リーアム・ニーソン「ギャング・オブ・ニューヨーク」/エドワード・ファーロング「ターミネーター2」
判決前夜/ビフォア・アンド・アフター@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/09

『まぼろし』"Sous le Sable"

☆見終わっても、まぼろしの中に置き去りにされたような感覚が続く

!!注意!!徐々にネタバレします。注意!!

長年連れ添った夫ジャンが、バカンス先の海岸で突然行方不明になる。友人達の心配をよそに、夫の幻影と暮らし続けるマリー(シャーロット・ランプリング)。彼女は異常をきたしているのではない、と私は思う。マリーは認めたくない思いを「まぼろし」という形であいまいなままにしておくことで、精神の均衡を保というとしているのだ。

そんなある日、マリーは夫が抗うつ剤を飲んでいたことを知る。全く気づいていなかった。空気のような存在となり、ぴったり合っていたはずの夫なのに、何も知らなかったのだと思い始める瞬間は恐ろしい。

マリーは義母を訪ねる。母親は、自分は息子の鬱状態を知っていたと主張する。「息子は妻に飽き飽きして、旅に出たのだ」と主張する義母は、息子が今もどこかで生きているに違いないと想像することで精神の均衡を保っているのだ。

真実と向き合わなくてはならなくなったマリー。「夫が自分を捨てて放浪の旅に出た」ということは、「夫の死」以上に受け入れがたい。義母の妄想が正しいのなら、マリーの精神の均衡を保つカナメであるまぼろしは崩壊してしまう。

マリーは夫の腐乱死体と対面することで、彼の死をしっかりと認識することを選ぶ。そして、また「夫」との生活を始めることができるようになるのだ。

最後の場面。ふたたび、まぼろしの中で生きるほうを選ぶのかと思う。しかし、しっかり眺め、つかんで、生きているつもりのこの現実もまた幻影なのかもしれないと感じさせられ、観客は不思議な感覚の中におきざりにされる。

2001年/監督:フランソワ・オゾン「スイミング・プール」/シャーロット・ランプリング「家の鍵」「スイミング・プール」/ブリュノ・クレメール

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2006/06/06

『ダ・ヴィンチ・コードの謎』"Cracking the Da Vinci Code"


トンデモ本のたぐいのビデオではある。でも、おもしろいことはおもしろい。だいたい話している人の雰囲気が怪しくて面白い。それから、『ダ・ヴィンチ・コード』に出てくるロスリン礼拝堂がおもしろい、あんなに変わった彫刻がたくさんあるんだ。もっと見せて欲しかったなあ。行ってみたくなった。

イギリスの教会を見て回っていた時、説明が書かれている本が売られていることがあって、読んでみると、石工が自分たちの顔をそこここに潜ませているといった図が書かれていたのを思い出す。そういうことがありの世界だから、作者の自己主張としてのコードがあるのも不思議ではない。また、異端はそうでもしなければ自己主張できなかったという歴史的背景もある。

ヨハネのポーズのことなど知らないことも多く、『岩窟の聖母マリア』についての説明は面白かった。また、『ダ・ヴィンチ・コード』にも出てくるマグダラのマリアについての説と絡めて、黒人の聖女の話なども興味深かった。

しかし、内容は薄くて残念だった。もっと、トンデモ本ではない角度から見せてくれる異端のコードの話はないのだろうか。死海文書を扱ったものなどもあれば見てみたいと思った。

*本、『ダヴィンチ・コード』を読んでの感想はこちら。


2004年/監督:ジェフ・ビッチ/脚本:サイモン・コックス/サイモン・コックス/ダン・ブラウン/マーク・オクスブロウ/リン・ピクネット

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/06/01

『シャイニング』Stephen King's The Shining"


同じ題材、同じストーリー展開でここまで違うものを描くことができるものなのかと感心してしまった。それほど、スタンリー・キューブリック版(1980年)とスティーブン・キング版(1997年)のテーマは違う。

まず、父親像が違う。ニコルソンの演じる父親には最初から怖さがどこかに隠れていたし、息子ダニーに対する愛情が感じられるような部分はほとんどなかった。一方、キング版の父親は、優しさがあり、それが彼の人間的弱さにもつながってはいるが、ごく普通の息子思いの父親だ。ダニーはそんな父親が大好きで、すがる相手として母親ではなく父親を選んできたことがわかる。その上、ダニーは作家になろうと努力する父親の小さな理解者でもあるのだ。

さらに、キング版では、ダニーのシャイニングの能力と父親に対する思いがストーリー展開に重要な意味を持つことになる。キューブリック版でのダニーは傍観者としての意味しか持っていない。予知能力者を無力な傍観者に持たせることで、どうにもならない大きなできごとを前にしての観客の恐怖は高まるから、駒としては上手な使い方だ。しかし、そこには父親への特別な思いはあまり感じられない。

キング版のテーマは家族愛だ。人間の弱さにつけこむ「狂気をもつホテル」は、その家族愛を飲み込みにかかる。一方、キューブリック版の主役はホテルそのものだ。人物は皆、あまり意味を持たない。あやつり人形のようなものだ。それは、シャイニングの理解者である料理人ハローランがああいう扱いであることにも表れている。登場人物は皆、恐怖を表現する手駒として使われているだけなのだ。人物を描いたキング版とは全く異なる。

しかし、キング版に感動し、長いDVDを見終わった時、キューブリックの希有な才能を再認識することになってしまった。キング版を見て、家族愛の感動に浸っているのに、主要な場面はどうしてもキューブリック版とダブって思い出されてしまうのだ。やはりキューブリック版のシャイニングはすごいと思った。すべてをそぎ落とした表現に冷たい感触と、天才的なものを感じた。ただ、それと同時に、キューブリックという人がちょっとだけ嫌いになった。

キング版からは温かい感触が伝わってくる。いつものキングの小説と同じだ。

1997年/監督:ミック・ギャリス「ホーカス・ポーカス」/原作:スティーヴン・キング「シークレット・ウィンドウ」「アトランティスのこころ」「グリーンマイル」「ショーシャンクの空に」「イット」「やつらはとこどき帰ってくる」「スタンド・バイ・ミー」「シャイニング」「キャリー」「ミザリー」/「レベッカ・デモーネイ/スティーブン・ウェバー/メルヴィン・ヴァン・ビーブル

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »