« 『シャイニング』Stephen King's The Shining" | トップページ | 『まぼろし』"Sous le Sable" »

2006/06/06

『ダ・ヴィンチ・コードの謎』"Cracking the Da Vinci Code"


トンデモ本のたぐいのビデオではある。でも、おもしろいことはおもしろい。だいたい話している人の雰囲気が怪しくて面白い。それから、『ダ・ヴィンチ・コード』に出てくるロスリン礼拝堂がおもしろい、あんなに変わった彫刻がたくさんあるんだ。もっと見せて欲しかったなあ。行ってみたくなった。

イギリスの教会を見て回っていた時、説明が書かれている本が売られていることがあって、読んでみると、石工が自分たちの顔をそこここに潜ませているといった図が書かれていたのを思い出す。そういうことがありの世界だから、作者の自己主張としてのコードがあるのも不思議ではない。また、異端はそうでもしなければ自己主張できなかったという歴史的背景もある。

ヨハネのポーズのことなど知らないことも多く、『岩窟の聖母マリア』についての説明は面白かった。また、『ダ・ヴィンチ・コード』にも出てくるマグダラのマリアについての説と絡めて、黒人の聖女の話なども興味深かった。

しかし、内容は薄くて残念だった。もっと、トンデモ本ではない角度から見せてくれる異端のコードの話はないのだろうか。死海文書を扱ったものなどもあれば見てみたいと思った。

*本、『ダヴィンチ・コード』を読んでの感想はこちら。


2004年/監督:ジェフ・ビッチ/脚本:サイモン・コックス/サイモン・コックス/ダン・ブラウン/マーク・オクスブロウ/リン・ピクネット

|

« 『シャイニング』Stephen King's The Shining" | トップページ | 『まぼろし』"Sous le Sable" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/10410042

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダ・ヴィンチ・コードの謎』"Cracking the Da Vinci Code":

» ダ・ヴィンチの性格から分析するモナ・リザの謎 [シカゴ発 映画の精神医学]
モナ・リザのモデルは誰だったのか? 美術界の長年の謎に、挑みます。ヒントは、ダ・ヴィンチの発明品と彼の「性格」です。天才ダ・ヴインチの性格はどのようなものだったのか? 驚くべき、モナ・リザの謎とは。 [続きを読む]

受信: 2006/06/18 02:08

« 『シャイニング』Stephen King's The Shining" | トップページ | 『まぼろし』"Sous le Sable" »