« 『まぼろし』"Sous le Sable" | トップページ | 『光の旅人 K-PAX』"K-PAX" »

2006/06/14

『判決前夜 ビフォア・アンド・アフター』"Befor and After"

☆ごく普通の良き家庭の、未成年の息子、あるいは兄が殺人を犯してしまった時、家族はどのように行動するか

冒頭、原題の"Before and After"ということばがジェーコブの妹によって語られる。「ある瞬間にすべてが変わってしまうことがある。ビフォー(前)とアフター(後)では、全く違う。それが自分たち家族に起こった。」

このことばで、そのできごとが取り返しの付かないものであったことが示唆される。人が取り返しのつかない間違いを犯してしまった時、どうすればその人を本当に救うことができるのかを問うた作品。

最初のほうで、旧約聖書に出てくるアブラハムの話を父親(リーアム・ニーソン)が口にする。神に、我が子イサクを生け贄に捧げるように言われ、アブラハムはそのことばに従った。しかし、自分にはそれはできないと語る。さらっと流れるが、この映画を解く鍵はここを掘り下げたところにある。

ごく普通の家庭に起きた普通でないできごとが描かれている。また、そのキーとなる考え方はキリスト教に基づいている。しかし、その時、家族がそれぞれの立場でどう考え、どう振る舞うかは身近な問題として捉えることのできるテーマとして共感を持ってみることができた。

弁護士が一癖ある、なかなかおもしろそうな人物のようだが、映画では今ひとつつかめきれない。たぶん、本にはもっと詳しく書かれているのだろう。この弁護士をどう解釈するかによって、人が人を裁くことの意味が少し変わってくるように思う。

1995年/監督:ハーベット・シュローダー/メリル・ストリープ「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」「めぐりあう時間たち」「ミュージック・オブ・ハート」「母の眠り」「マディソン郡の橋」/リーアム・ニーソン「ギャング・オブ・ニューヨーク」/エドワード・ファーロング「ターミネーター2」
判決前夜/ビフォア・アンド・アフター@映画生活

|

« 『まぼろし』"Sous le Sable" | トップページ | 『光の旅人 K-PAX』"K-PAX" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/10519752

この記事へのトラックバック一覧です: 『判決前夜 ビフォア・アンド・アフター』"Befor and After":

« 『まぼろし』"Sous le Sable" | トップページ | 『光の旅人 K-PAX』"K-PAX" »