« 『ダウンタウン物語』"Bubsy Malone" | トップページ | 『翼のない天使』"Wide Awake" »

2006/04/26

『家の鍵』"Le Chiavi di Casa"


難産の末、妻は亡くなり、生まれて来た息子は障害を負っていた。父親ジャンニは子供を捨てて、逃げ出した。

15年後、新たに家庭を持ち、生まれたばかりの赤ん坊と生活を始めていたジャンニは、息子パオロと再会することになる。パオロの医者が実の父親に託すことを薦めたためだ。パオロの養父はジャンニに不安を感じながらも、専門医に診せるためのイタリアからドイツへの旅をジャンニに託す。

障害を持つ息子の介助をどうすれば良いのかわからず、おどおどと無駄に手を出してしまうジャンニ。「左から着せられると手が痛いんだよ。何回言ったらわかるの?」とパオロは言う。親がしつけをする子供に言うセリフに似ている。知的障害も併せ持つパオロなのに、短いことばで話す内容は、時には親子関係が逆転しているかのように鋭い。

ドイツの病院で出会った、障害を持つ少女に付き添う母親ニコールのことばもまた静かで、的確だ。障害を持つ子供のことで、まわりに気遣う親の態度が問題なのだと指摘する。子供ではなく親が問題なのだとも。

奇跡が起こるわけでもないし、変に明るい未来や感動させる結末を作ろうともしていない。ただ、淡々と、ゆるやかに、ジャンニの戸惑いや小さな喜びや、心の変化を描く。原作も読んでみた。映画に出てくるストーリーは全く書かれていない。さまざまな人との小さなできごとを通して、障害者の親の思いが描かれている。両方が補い合って、理解が深まる。

2004年/監督:ジャンニ・アメリオ/キム・ロッシ・スチュアート/シャーロット・ランプリング「スイミング・プール」/アンドレア・ロッシ

|

« 『ダウンタウン物語』"Bubsy Malone" | トップページ | 『翼のない天使』"Wide Awake" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/9775262

この記事へのトラックバック一覧です: 『家の鍵』"Le Chiavi di Casa":

« 『ダウンタウン物語』"Bubsy Malone" | トップページ | 『翼のない天使』"Wide Awake" »