« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

『エクスペリメント』"Experiment Bootcamp(英語題)""3sat-Zuschauerpreis(原題ドイツ語)"


パッケージが『エス』に似ている。いや、それをさらに恐くしたような絵だったので、その連想と先入観から、不必要にハラハラしてしまった。

しかし、サイコスリラーや異常心理、極限状況モノに慣らされ、スレてしまった自分の感覚のほうがおかしいと思い直し、落ち着いて見られるようになってくると、こういう描き方もいいなあと思えてくる。

エス』と『エクスペリメント』には大きな違いがあるが、繰り返しこのテーマで描きたくなるドイツ人の思いには共通するものがあるのかもしれない。

囚人達の異常心理などという期待で見るとがっかりする。そのかわり、囚人側の様子だけでなく、実験する側の人間も含めて、それぞれの気持ちを考えながら見ているとおもしろい。喧嘩した時の2人への罰もなかなかいい。

ところで、この映画の紹介文だが、いわゆる商業サイトを見ていて驚いた。

まず、livedoorの「ぽすれん」は「極限状態に陥った人間の狂気を描いた究極のサイコホラー…」と最初からハズしている。本当に映画を見て書いたのだろうか。TSUTAYAの「DISCAS」も全く同じ文章を掲載している。

紀伊國屋書店の「Forest Plus」は「過酷な訓練で人間の攻撃性を奪う犯罪撲滅計画の歪みが引き起こす恐怖を描いたショッキング・スリラー。」と上の2つのサイトの文章を短くしたような文になっていて、「歪みが」以降、思いっきりハズしている。この文章は「楽天ICHIBA」、「DVD生活」と全く同じ文章だ。同じ文章を使おうということになっているのだろうか。

eでじ」は「極限状態の中、やがて彼らの中で何かが壊れ始めた…。」で結んであるが、「壊れた」?「違うでしょう」と思う。「net横町DVDeliver」も「DVDirect」も全く同じ文章だ。本当に最後まで見たの?という内容なのに…。これらのサイトは協定でも結んでいて、同じ文章を載せているのだろうか。

[3/2追記]その後、試しに『セルラー』の紹介文を比較してみたところ、「eデジ」「DVDeliver」「DVDirect」のグループと「Forest Plus」「楽天ICHIBA」「DVD生活」のグループは同じ文章を掲載していました。「ぽすれん」と「DISCAS」は同じではありませんでしたが…。そういうものなのかと思いました。もしかして、こういうことは常識だったのかな。

ちなみに、個人のブログには、かなりの数で「…と思って借りたのに違っていた」という記述が見られる。異常心理の悲惨さを煽るような紹介文に変な先入観を持たされて見ると、この映画の良さが全然見えなくなってしまう。罪深いことだ。

2004年/監督:アンドレアス・リンケ/マティアス・ケーベルリン/ナタリア・ヴェルナー/アーロン・ヒンデブラント

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2006/02/26

『マシニスト』"The Machinist"


嫌な映画だった。工場裏の駐車場の不気味な風景、機械の動きは今にも人を飲み込みそう。全体を覆う、モノトーンをさらに不健康にしたような色遣い。遊園地のお化け屋敷に至っては、実際にそこにいる以上に恐く、その世界に飲み込まれてしまいそう。

映画を観ている間中、神経がどうかなりそうな主人公の見ている風景を強制的に見せられ続けるという抑圧的な感覚にさいなまれる。ストーリーは、映像の鬱々とした度合いの高さほどには斬新ではないのだが…。

2003年/監督:ブラッド・アンダーソン/クリスチャン・ベイル/ジェニファー・ジェイソン・リー/アイタナ・サンチェス=ギヨン

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/02/22

『ニューオリンズ・トライアル』"Runaway Jury"


弁護士さえ操る「陪審員コンサルタント」などという職業。本当にあるのだろうか。嫌みなくらい実力のある切れ者(ジーン・ハックマン)。目的のためには手段も選ばない。今回の目的は銃メーカーの利益を守ること。一方は正義派の弁護士(ダスティン・ホフマン)。安物のスーツ、志は高そうだが、今ひとつ心配。大丈夫なのか。

…などと思っているうちに謎のカップル(ジョン・キューザック&レイチェル・ワイズ)が登場。凄腕の2人を牛耳る。正体も目的もわからない2人だが、自信満々だった陪審員コンサルタントをオタオタさせる様子は爽快だ。

何人もいる陪審員候補から、双方の弁護士が「先入観を持っている」「偏った思想の持ち主」「人格的に問題がある」などといった"正当な"理由を付けて問題となる人をはねて、実際に陪審員となる人を選んでいく。こんな制度があることを知らなかったので、びっくりした。

ネタバレ気味反転→陪審員1人の力で全体の決定がどちらにも導けるのかという不安を持ったが、この映画はその不安を解消する方向で答えを出している。正義派も正攻法だけでは悪に太刀打ちできない時代なのだろう。

2003年/監督:ゲイリー・フレダー/原作:ジョン・グリシャム/ジョン・キューザック「スタンド・バイ・ミー」/ジーン・ハックマン/ダスティン・ホフマン「ネバーランド」「レモニー・スニケットの…」「ワグ・ザ・ドッグ…」「レインマン」「クレイマー、クレイマー」「卒業」/レイチェル・ワイズ「ナイロビの蜂」「コンスタンティン」「スターリングラード」「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」「チューブ・テイルズ」「輝きの海

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/20

『サウスパーク 無修正映画版』"South Park"


日本語には、口にしただけで悪いとされることばはあまりない。そういう、日本語では想像つかない最上級に悪いことばの羅列。それがメロディー付で耳から離れなくなってしまう。実に悪いアニメだ!(笑)

精神年齢の低い人には有害で、そうでない人には主義主張がはっきりと伝わる。そういう意味で賛否両論ある映画であることがよくわかる。また、その賛と否の内容が同じとは限らないことも想像がつく。

ことばが悪いのか、実態が悪いのか。「ユダヤ人用のキャンディーはないよ」と言って意地悪するのがいけないことは誰にでもわかる。しかし、「ごめん、あんなこと言って。おまえはユダヤ人なんかじゃない」というほうが偏見はさらに深いのに、それに類したことは世の中にはいくらでもある。

カナダが悪い映画を作るから、アメリカの青少年に悪影響があるなるなどと言っているが、実際カナダが暮らしやすい国であることはアメリカ人にとって周知の事実だ。だから、おおっぴらに「Blame Canada~」と歌うことができ、またそれを笑いにすることができるのだろう。

肌が黒いから、「人間の盾作戦」に使えるとひどいことを言っているわけだが、実際、戦争で最前線に行かされるのは誰かというと、同じようなことが起きている。人種差別が表に出ていないだけで、おこなっていることは同じであることを皮肉っている。

こんなふうに説明してしまうと全然おもしろくなくなって、心に訴えかけもしないことが、笑いの中でうなずかされてしまう。すばらしい作品だ。

また、このミュージカル的味付けも成功している。いくつものグループがそれぞれのメロディーでそれぞれの歌詞を歌い、それらが重なって、それぞれの思いを歌い上げる手法。こんなにミュージカルを馬鹿にしているのに、それがあまりにもうまくできていて感心してしまった。ミュージカル好きの私としては、腹立たしくなって良いはずなのに、全編にわたってそのミュージカル的出来の良さに笑いっぱなしだった。

ボウリング・フォー・コロンバイン』の中で、マット・ストーンにインタビューする場面が出てきて、好感が持てたので、この映画を見た。実は、テレビ番組で見ている時は、あまりの趣味の悪さに受けつけられなかったのだが、この映画は気に入ってしまった。

サターン役の声が素晴らしかったのだが、誰が歌っていたのだろうか。

1999/監督:トレイ・パーカー&マット・ストーン/音楽:マーク・シェイマン「パッチ・アダムス」「ファースト・ワイフ・クラブ」「アダムス・ファミリー2」「ア・フュー・グッドメン」「アダムス・ファミリー」/ジョージ・クルーニー「ディボース・ショウ」「オーシャンズ11」
*「 」内はその人の作品のうち観たことのあるものの題名
サウスパーク 無修正映画版@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/18

『フライトプラン』"Flightplan"


カイル(ジョディ・フォスター)、すごい! あまりのすごさに、普通ならヒロインと一緒に戦っているつもりになって見るのに、気持ちがすっかり「その他の乗客及び乗務員」になってしまった。

「なんていう迷惑な女だ」「なるべく関わりにならないようにしよう」「この妄想に付き合わされるのか」と。カウンセラーとの話では、うすうす真相が分かっていても、「私がカウンセラーだったらああするよねえ」と。

まわりの乗客の気持ちも、リッチ機長(ジョーン・ビーン)の対応も、アラブ人乗客の怒りも、全部、私のもの。最後の最後の場面まで、私の視線は一般乗客と共にありました。だから、唖然…に共感。

主人公に感情移入するばかりが映画の楽しみ方じゃないんだなと納得。飛行機の中ってこうなっているんだというおもしろみもありました。

海外旅行が大好きだけれど、普段映画館にあまり足を運ばない母を誘っていきました。当たりで良かった! 『フォーガットン』みたいにはならないよと書いてくださった方々に感謝。

2006年/監督:ロベルト・シュヴェンケ/ジョディ・フォスター「パニック・ルーム」「コンタクト」「羊たちの沈黙」」「ダウンタウン物語」/ショーン・ビーン「アイランド」/ピーター・サースガード「ニュースの天才」/エリカ・クリステンセン/ケイト・ビーハン/マーリーン・ローストン
*「 」内は見たことのある作品

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006/02/15

『ヴァージン・スーサイズ』"The Virgin Suicides"


鬱屈したもの、放出できない苦しみが、5人姉妹の中で淀み、母親の厳格な教育と相まって、新鮮な空気が入ってこない環境を作り出し、閉塞感が増す。

池の藻が腐ってそこらじゅうに臭気を漂わせる、あの「窒息」という名のパーティに象徴される雰囲気だ。緑がかってぼやけたあのパーティと同質のものが5人の少女達を「窒息」へと追い込んでいったのだろう。

精神的にどうしても少女達に追いつけない少年達のメッセージは少女達には届かない。

ロスト・イン・トランスレーション』もそうだったが、今ひとつわからないのに、雰囲気でわかったような気がしてきて、そのイメージが心のどこかに棲みついてしまう。ソフィア・コッポラの映画の特徴なのかもしれない。

1999年/監督:ソフィア・コッポラ「ロスト・イン・トランスレーション」/ジェームズ・ウッズ「ジョンQ最後の決断」/キャスリン・ターナー/キルスティン・ダンスト「エターナル・サンシャイン」「チアーズ」「モナリザ・スマイル」「ウワサの真相 ワグ・ザ・ドッグ」「ジュマンジ」「若草物語」/ハンナ・R・ホール「フォレスト・ガンプ(子役)」
*「 」内は見たことのある作品。
ヴァージン・スーサイズ@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/13

『セルラー』"Cellular"


フォーン・ブース』に続く電話モノ。誘拐された女性からのSOSの電話を受けてしまったヘナヘナした雰囲気の大学生ライアン。正義に目覚めて活躍するかと思いきや、やっぱり間抜け。なんでそこで警察に頼まない。なんで、そこで誰かを引き込まない…と、やきもきし続け。

中盤は、それはいくらなんでもボケ過ぎじゃない?これはコメディだったの?と脚本までケナし始めていたのだが、空港での銃の件から、ん?となり、実はそれらの間抜けさが、結局は功を奏して…となっていき、いつのまにやらつじつまが合い、しっかり終わる。いや、へなちょこ青年、活躍してる。

終わってみたら、結構、高得点、おもしろかったじゃない。

2004年/監督:デヴィッド・R・エリス/原案:ラリー・コーエン「フォーン・ブース」/キム・ベイシンガー/クリス・エバンス/ジェイソン・スティサム/ウィリアム・H・メイシー「マグノリア」「ウワサの真相 ワグ・ザ・ドッグ」/ノア・エメリッヒ「トゥルーマン・ショー
*「 」内は見たことのある作品。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/02/11

ミュージカル作品一覧(ABC順)

ブロードウェイ(BW)とウエストエンド(WE)で見たミュージカルの作品を中心に映画作品も含めて一覧を作ってみました。記事のほうはまだ書いていないものばかりですが、感想を少しずつ書いてリンクを貼っていこうと思っています。

AvenueQ アベニューQ(BW)
Beauty and the Beast 美女と野獣(BW)
Buddy Holly バディー・ホリー(WE)
Bugsy Malone バグジー・マローン(映画)
CATS キャッツ(WE)
Christmas Carol クリスマスキャロル(BW)
Dancer In The Dark ダンサー・イン・ザ・ダーク(WE)
Dirty Dancing ダーティ・ダンシング
Evita エビータ(映画)
Elizabeth エリザベート(ウィーン)
Jekyll and Hyde ジキルとハイド(BW)
Jesus Christ Super Star ジーザス・クライスト・スーパースター(WE、BW)
Joseph and The Amazing Technicolor Dreamcoat ジョーゼフ(WE)
Les Miserable レ・ミゼラブル(WE)
Lion King ライオン・キング(BW)
Love Never Dies ラブ・ネバー・ダイ(WE)
Marten Guerre マルタン・ゲール(WE)
Miss Saigon ミス・サイゴン(WE)
Moulin Rouge ムーラン・ルージュ(映画)
Nat King Cole ナット・キング・コール(WE)
Oliver オリバー(WE)
Phantom of The Opera オペラ座の怪人(映画・WE)
Producers (the)  プロデユーサーズ(映画)
Ragtime ラグタイム(BW)
Rent レント(WE、BW)
Scarlet Pimpernel スカーレット・ピンパネル(BW)
Scrooge スクルージ(WE)
Sound of Music サウンド・オブ・ミュージック(WE)
Spelling Bee スペリング・ビー(BW)
Starlight Express スターライト・エクスプレス(WE)
Sunset Boulevard サンセット・ブールバード(WE)
Tim Burton's Corpse Bride コープスブライド(映画)
Titanic タイタニック(BW)
Wicked ウィキッド(BW)
Wind in the Willows ウィンド・イン・ザ・ウィロウ(WE)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/10

『セント・オブ・ウーマン ~夢の香り~』"Scent of a Woman"


ストーリーそのものより、いくつかの見せ場を楽しむ映画。

全盲の退役軍人フランク(アル・パチーノ)と日本語にするなら「玉を転がすような」という表現がぴったりの上品な笑い声の女性ドナ(ガブリエル・アンウォー)と踊るタンゴ。「本当は踊りたいのだけれど、失敗するのが恐いから…」という女性を、ていねいにエスコートし、徐々に大胆に美しく踊らせていく。この場面、男としてのフランクの魅力が輝いて見える。

そして、クライマックスも。大きな見せ場がある。

フランクの女性観は今ひとつ好きになれないが、使っている香りを言い当てられてうれしくなる女性の気持ちはわかる。

エリート校モノ、『モナリザ・スマイル』『卒業の朝』の後、これを見た。エリート校で、親のお金で学ぶ上流のお坊ちゃま達の中で、苦労して奨学金をもらい、アルバイトしながら学ぶチャーリー(クリス・オドネル)の持つ、品の良い笑顔が実に良かった。

1992年:監督:マーティン・ブレスト/アル・パチーノ「シモーヌ」「ゴッドファーザー」/ジェームズ・レブホーン「ミート・ザ・ペアレンツ」「リプリー」「インディペンデンス・デイ」クリス・オドネル「クッキー・フォーチュン」/フィリップ・シーモア「リプリー」「マグノリア」「パッチ・アダムス」「ビッグ・リボウスキ」「ツイスター」
*「 」内は見たことのある作品名

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/08

『ミュンヘン』"Munich"


映画の主人公が殺人や殺戮行為をする時は、無理もないと思える"理由"が用意されているものだ。やむをえない殺人を行いながら危機を切り抜けていく主人公に、時には共感と高揚感覚えるような仕掛けさえされている。

しかし、この映画は違う。いや、最初はそれなりのルールがあった。「ターゲット以外は殺さない」「爆弾を使うが被害は最小限に」 しかし、最初の暗殺成功の時からすでに観客はその成功を喜ぶような気持ちにはなれない。そして、憎しみの連鎖が生み出されていく。ユダヤ人であるスピルバーグがテロリストのジレンマをイスラエルの側から描いたことが説得力のあるものになっている。しかし、ユダヤ人にこの映画は受け入れられたのだろうか。

今も潜伏し続けるテロリスト達はこのアヴナーのような気持ちでいるのだろうか。果てしなく重い映画だった。

監督:スティーヴン・スピルバーグ「ジョーズ」「未知との遭遇」「E.T.」「インディ・ジョーンズ」「カラー・パープル」「A.I」「マイノリティ・リポート」「プライベート・ライアン」「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」「ターミナル」「ミュンヘン」「シンドラーズリスト」/エリック・バナ/ダニエル・クレイグ「エリザベス」「ロード・トゥ・パーディション」/キアラン・ハインズ「オペラ座の怪人」「オスカーとルシンダ」/マチュー・カソヴィッツ「ゴシカ(監督)」「アメリ」/ジェフリー・ラッシュ「ディボース・ショウ」「パイレーツ・オブ・カリビアン」
*「 」内は見たことのある作品名
ミュンヘン@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (8)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »