« 観る?観ない?『SAYURI』 | トップページ | 『ショーン・オブ・ザ・デッド』"Shaun of The Dead" »

2005/12/09

『世界で一番不運で幸せな私』"Jeux d'enfants"


悪戯がぶっ飛んでいる。『アメリ』もかなりギリギリの線で超えていたが、それを遙かに超えている。

許容範囲を超えるその悪戯だが、ソフィーの悪戯はジュリアンへの愛がゲームの形で表現されているのに対し、ジュリアンのほうは、大人になっても子供の悪戯のままで、ゲームが愛を傷つけていることに気づかない。「男ってこうなのよね」ということなのか。そのすれ違いが哀しい。

あの指輪を預ける場面は最悪だ。ひどすぎる。ジュリアンは、自分でもゲームなのか本気なのかわからなくなって、本当の気持ちを見失ってしまっている。

常識にとらわれず、あそこまでぶち抜けられたらなあという気持ちはある。一方、あれはたまらないと、やはり強く思う。いや、彼らは、ぶち抜けてばかりではなく、わくわくしない堅実な生活をしようともしているのだが…。

最初に再会したところでハッピーエンドになっていたら、納得できたのに…。いや、そうではないところが「芸術」であり、忘れている心を呼び起こす起爆剤となっているのだから……。納得するのが難しい映画だ。

2003年/監督・脚本:ヤン・サミュエル/ギョーム・カネ/マリオン・コティヤール

|

« 観る?観ない?『SAYURI』 | トップページ | 『ショーン・オブ・ザ・デッド』"Shaun of The Dead" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/7537765

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界で一番不運で幸せな私』"Jeux d'enfants":

« 観る?観ない?『SAYURI』 | トップページ | 『ショーン・オブ・ザ・デッド』"Shaun of The Dead" »