« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/28

『SAYURI』"Memoirs of a Geisha"


不思議な着方の着物、たどたどしい英語にあやしげな発音の日本語が混ざる話し方、それはないだろうという立ち居振る舞い、しかし、それがかえってエキゾチックで魅力的にも感じられる。下手な京ことばで日本人の女優さんが演じるより良かったのかもしれないと思った。いや、あれは東京だったのかもしれないけれど…。

日本の文化からはひとつスライドしたところにある花街。外国人が作った芸者の世界を見て、やはりそれは異国のような世界なのだなあと感じた。

屋根の上から見た風景は、屋根瓦が日本的だというだけで、まるで、中東の旧市街にありそうな景色。しかし、そこには、日本の時代劇風の整然とした屋根では表現しきれない、千代の目に映った自分の小ささと無力さが浮き出て見えてくる。そしてそれを見ていると、『千と千尋の神隠し』に出てきそうな、それでいて、ヨーロッパのバレエ学校を思わせるような大規模な芸者学校が存在しそうな気がしてくる。

それらの不可思議さが、異次元の世界にある別の日本のようで、私には魅力的に感じられた。

話は、どろどろした女の戦いのはずなのに、そのどろどろの表現がストレートすぎて、悲哀も凄みも深さもすべて物足りなかった。が、そのために、かえって、芸者の世界の美しさに集中して見ることができたのは良かった点かもしれない。

日本人がこの映画を作っていたのなら、先輩芸者の伝授で、さゆりが次第に立ち居振る舞いから、芸事、艶やかさまでを身につけていく姿を克明に、納得できるように描いただろう。おかぼは、もっと細やかな気持ちが秘められたセリフをさりげなく言い、観客はもっと感情移入して見ることができただろう。

1人1人の描き方はすべて物足りない。しかし、その分、外側の艶やかさと、不思議な魅力に満ちた世界が充分に描かれていたのではないだろうか。感動はしなかったけれど、ため息をついてその世界に浸り、堪能した。

*観る前にこの映画への期待を書いた記事はこちら→「観る?観ない?『SAYURI』

監督:ロブ・マーシャル「シカゴ」/チャン・ツィイー「ラッシュ・アワー」/渡辺謙「ラスト・サムライ」/ミシェル・ヨー/コーン・リー/役所広司「笑の大学」「Shall We ダンス?」/桃井かおり/工藤夕貴

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2005/12/24

『ステップフォード・ワイフ』"The Stepford Wives"


これは、きっとオリジナル版を同時代の人間として知っていて、「ステップフォード・ワイフ」ということばが固有名詞でなくなっているアメリカ人には、もっと楽しめる映画なのだろうと思った。

「あの時代」とは違って、ゲイの夫婦が登場し、それがまたごく普通の夫婦と同じような悩みを持っている。そしてたぶん「あの時代」以上に社会進出している女性達。

その上、一昔前の、絵に描いたような豪華な、そして嘘っぽい幸福さがあふれんばかりのコロニアル風の生活を美しく見せてくれる。まばゆいばかりに明るい。

『ホーカスポーカス』でコミカルな演技が光っていたベット・ミドラーが活躍していてうれしかった。

オリジナル版のほうも見て、比べてみたい。

2004年/監督:フランク・オズ/ニコール・キッドマン「ムーラン・ルージュ」「めぐりあう時間たち」「ドッグヴィル」「白いカラス」「コールドマウンテン」「ザ・インタープリター」/マシュー・ブロデリック「プロデューサーズ」/ベット・ミドラー「ホーカスポーカス」/フェイス・ヒル/グレン・クローズ「クッキー・フォーチュン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/16

『二人日和』 ふたりびより


昔、「文化」の香りに憧れて出かけていた岩波ホールに、ひさしぶりに行ってみた。大半の観客の年齢層は私より上だ。普通の映画館ではこういうことはない。昔を思い出してみると、自分は大学生で他の観客は自分より少し上の社会人という感じだったような気がする。もしかすると、ここの人たちは、そっくりそのまま年を取っていっただけで、同じ人たちなのかもしれないなどと考えてしまった。映画の内容も、この雰囲気そのままだった。

夫は京都の古い伝統を守った神祇装束司で、保守的とも見られる夫婦の暮らしぶり。しかし、その中で、情熱的で、新しい「文化」の香りを求めていた若い頃の2人の姿が、ぽつりぽつりと語られる。ひな人形と死に装束。愛情の表し方が静かで、しかし激しい。

クライマックスの「こっちに来てはあかん。こっちに来たら戻れなくなる。」と言うところの会話がすばらしい。

でも、「やっぱり、言ってくれなきゃわかんないよ…」とつぶやいてしまう私は、この映画の観客としてまだ未熟なのか…。

2005年/監督:野村惠一/藤村志保/栗塚旭/伊藤俊介/山内明日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/12

『ショーン・オブ・ザ・デッド』"Shaun of The Dead"


思いっきり笑いたいという軽いノリで借りてきたDVDだったが、質の高さにうなってしまった。

のそのそ歩くオリジナルのゾンビを見たときに感じる、「自分がここにいたらどうするだろう」という気持ちをそのまま映画にした作品。

ただし、その「どうするだろう」は思いっきりイギリス人的。イギリス人が、好んで自分たちを笑いものにする時の風刺がたくさん詰まっている。

アヤシイ人が庭に入ってきているのに、なんでそんなに礼儀正しく話しかけるの? なんでそんなにパブにこだわるの? 習慣はワンパターンで変えられないし、慌て方がどことなくマヌケ。銃にはビビってしまい、一番の武器はクリケットのバット。ちょっと波長が違う幼なじみをとことん大切にする。

隅から隅まで、そのイギリスらしさを楽しんでしまった。でも、やはり、ゾンビだから、かなり気持ち悪いシーン満載なのだが…。

2004年/監督:エドガー・ライト/サイモン・ペグ/ケイト・アシュフィールド/ビル・ナイ「ラブ・アクチュアリー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/12/09

『世界で一番不運で幸せな私』"Jeux d'enfants"


悪戯がぶっ飛んでいる。『アメリ』もかなりギリギリの線で超えていたが、それを遙かに超えている。

許容範囲を超えるその悪戯だが、ソフィーの悪戯はジュリアンへの愛がゲームの形で表現されているのに対し、ジュリアンのほうは、大人になっても子供の悪戯のままで、ゲームが愛を傷つけていることに気づかない。「男ってこうなのよね」ということなのか。そのすれ違いが哀しい。

あの指輪を預ける場面は最悪だ。ひどすぎる。ジュリアンは、自分でもゲームなのか本気なのかわからなくなって、本当の気持ちを見失ってしまっている。

常識にとらわれず、あそこまでぶち抜けられたらなあという気持ちはある。一方、あれはたまらないと、やはり強く思う。いや、彼らは、ぶち抜けてばかりではなく、わくわくしない堅実な生活をしようともしているのだが…。

最初に再会したところでハッピーエンドになっていたら、納得できたのに…。いや、そうではないところが「芸術」であり、忘れている心を呼び起こす起爆剤となっているのだから……。納得するのが難しい映画だ。

2003年/監督・脚本:ヤン・サミュエル/ギョーム・カネ/マリオン・コティヤール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/07

観る?観ない?『SAYURI』



バウムさんが、「観る?観ない?『SAYURI』」というおもしろい問いかけをしていらっしゃるを読んで、書いたものです。

悩みますねえ。でも、私は観ますよ。

「誤解だらけ」だとは思います。その「誤解の仕方」が、「真珠湾攻撃は卑怯な行為だ」「日本人の男はみみっちくて、姑息なやつばかりだ」のようなタイプの「誤解」だと、途中で席を立ちたくなります。また、日本女性は気だてが良いから、たとえ顔が悪くても結婚できた男は幸せ、などというコンセプトで描かれ、どういうふうに気だてが良いのかの描写もなしでステレオタイプに描かれるものにも憤りを感じます。でも、私の独断的基準で、許せる「美しき誤解」があるんです。

『ラスト・サムライ』の演出は突っ込みたいところ満載でしたが、全体を通じて見ると、武士道をよく理解していて、あのフィルターを通した先に見えるものは、現代日本人が思う「武士道」と同じかもしれないという思えました。今回の『SAYURI』には、「美しき誤解」の先に見えるものが日本人と同じというだけでなく、人間として共感できるものかもしれないという期待を抱きます。

黒澤監督の『夢』"Akira Kurosawa's Dreams"を観た時に感じた「奇妙で、あり得ない世界なのに、どこか自分が見たことのある夢とも重なるような感覚」、「自分の中に日本人が流れていることを思い出す感覚」、それらに似た感じが漂っていそうな作品だと大いに期待して、観に行くつもりです。

しばらくの間、アメリカ人は日本人に会うごとに、この話題を繰り返すだろうなあ、サービスとして。観ておかなくては…。

[追記]
…というわけで、観てきました。感想はこちら→『SAYURI

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『ドラムライン』"Drumline"



ベタな展開。私の苦手な体育会系青春ドラマ。それでもわくわくした。マーチング・バンドのあのリズム感、真剣な"バトル"。アメフトのハーフタイムに繰り広げられるすばらしいショー。なんの深みもない映画だが、たまにはこういう映画を見て、スカッとした気分になるのもいい。

オフ・ブロードウェイで『ストンプ』"STOMP"を見て、びっくりしてしまったが、こういう文化背景があるのなら、"STOMP"くらいお手の物という分厚い層の人々がいるわけだと、別のところでも納得してした。

2002年/チャールズ・ストーン3世/ニック・キヤノン/オーランド・ジョーンズ「エボリューション」/ゾーイ・サルダナ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005/12/04

『16歳の合衆国』"The United States of Leland"


恋人の弟であり、知的障害者である少年をリーランドは殺す。家で熱帯魚の水槽を見つめながら、静かに、「…think I made mistake」 とつぶやくリーランド。

彼は、その凶悪な犯罪からは想像もつかないほど、物静かで、感性が鋭く、知的で、深く考える力を持っている。

青春期には、こういう鋭い、人生の断面を見抜く力に優れる時があることを思い出す。成長するにつれて、それらを統合する力が出てくると、ひとつひとつの断片に対する鋭さは鈍くなっていく。

リーランドは、特に知的能力が高く、作家である父親譲りであろう洞察力も備えていた。しかし、父親不在の環境もあって、それらを統合する端緒を見出すことができなかった。しかし、彼の考える力はすばらしい。安易に「理由」を見つけず、安易に「意味づけ」をせず、ひとつひとつを結論の出ない状況のまま抱え込み、文章にし思考していく。

犯罪は取り返しのつかないものであった。それによって、たくさんの人間関係が崩れていってしまった。それらに対する哀しさを感じると同時に、犯罪者である青年にも哀しさを感じる。「ごく普通の…」とは思わない。犯罪者の青年はたぐいまれなる感性の持ち主だと思う。それは「美徳」のようにも見えるのだ。それなのに、それが犯罪を引き起こしている。哀しい。

『アメリカン・ビューティー』にも似た、いわゆるWASPの悩める姿が、よりわかりやすい形で、心に染み入るように描かれていると感じた。

2003年/監督:マシュー・ライアン・ホーグ/リーランド:ライアン・ゴスリング/ベッキー:ジェナ・マローン/教官パール:ドン・チードル「ホテル・ルワンダ」「オーシャンズ11」「ミッション・トゥ・マーズ」「トラフィック」「ブルワース」/アルバート:ケヴィン・スペイシー「光の旅人 K-PAX」「シッピング・ニュース」「ペイ・フォワード」「アメリカン・ビューティー」「交渉人」「ライフ・オブ・デビッド・ゲール

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »