« 『コンスタンティン』"Constantine" | トップページ | 『16歳の合衆国』"The United States of Leland" »

2005/11/27

『バタフライ・エフェクト』"The Butterfly Effect"


大がかりなタイムマシーンのような仕掛けより、こういう心理的な形のほうが過去に戻ることができそうな気がしてくる。過去を変えたら未来も変えられるという理屈はどこか胡散臭いものがある。しかし、思うように行かない結果が繰り返しもたらされることによって、観客の抱くあやしさへの疑念は消えていく。うまくできている。

エヴァンは初恋の感情だけで動いているのではないと思う。何度も過去へ戻り、失敗し、違った境遇に陥る度に、ケリーへの思いが深まっていったのではないだろうか。素敵な女性に成長した時はもちろんのこと、落ちぶれてしまった彼女の姿を見ても、やはり思いが深まる。何回分かのうまくいかなかった人生の記憶も含めて、彼女を愛してしまったのだろう。

そう考えていくと、あの結末は、さらにすばらしく感じられる。

この映画、いろいろなジャンルに当てはまりそうだが、私は、ラブストーリーとして好きになってしまった。

2003年/監督:エリック・ブレス&マッキー・J・グラバー/アシュトン・カッチャー/エイミー・スマート/ウィリアム・リー・スコット/エルデン・ヘンソン/メローラ・ウォルターズ「マグノリア」/エリック・ストルツ

|

« 『コンスタンティン』"Constantine" | トップページ | 『16歳の合衆国』"The United States of Leland" »

コメント

早々とご覧になっていただき、ありがとうございます。

私もちんとんさんと同じことを感じました。
もともとエヴァンは日記で過去にさかのぼる方法を見つけるまで、ケイリーのことをきれいサッパリ忘れていたのでは?って感じでしたよね。

過去を変えるということがどれだけの影響を及ぼすのか、十分学習したからこそ、最後の日記を燃やすシーンに重みが出て良かったです。

ちなみにディレクターズカット版のエンディングはエヴァンの究極の自己犠牲を描いています。
これについてはいろいろと書きたいこともありますので、記事にしたらトラックバックさせてもらいますね。

投稿: つっきー | 2005/12/01 17:38

つっきーさん、コメントありがとうございます。

そうですか。ディレクターズカット、そこまで行きますか。そこまでいかなくてもという気もしてきますが。

しかし、あの絵や父親の行動など、もしかすると、伏線であったはずなのに、伏線とならずそのままになっているように思えた部分が、そこに結びついてくるのかなあ。

記事にしてくださるのを楽しみに待っています。

投稿: ちんとん | 2005/12/01 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/7343219

この記事へのトラックバック一覧です: 『バタフライ・エフェクト』"The Butterfly Effect":

» バタフライ・エフェクト [CINEMA IN/OUT]
THE BUTTERFLY EFFECT エリック・ブレス&J・マッキー・グルーバー監督・脚本作品(2004年・米) の●太:「うわーん、とりかえしのつかないことしちゃったよー。ド●えも〜ん、なんとかしてよー」 ド●えもん:「しょうがないなぁ。でも過去の出来事を変えるということは大変なことなんだよ。誰かの人生が変わっちゃうかもしれないんだよ」  ってなやりとりを昔見たことがあります。  この作品では四次元ポケットから出てくる道具やタイムマシンではなく、主人公の特殊能力に... [続きを読む]

受信: 2005/11/27 17:01

» バタフライ・エフェクト/アシュトン・カッチャー [文学な?ブログ]
バタフライ・エフェクトは、今まであまり感じたことのないドキドキ感を味わえる映画でした。 過去の瞬間を変えることができる主人公エヴァンは、現在の自分の不幸や愛すべき人の不幸を変えるため、過去を操作するが、なかなか思い通りに行かず次々と不幸が降りかかります。主人公を含む幼馴染4人が中心となっていて、彼らの未来が次々と変わっていくために、本当に次の展開が気になって仕方がありません。 スピード感溢れる先の読めない展開に、最後までスクリーン(と呼んでいるうちのテレビ)に釘付けになりました。ちょっと切ないラ... [続きを読む]

受信: 2006/06/27 23:09

« 『コンスタンティン』"Constantine" | トップページ | 『16歳の合衆国』"The United States of Leland" »