« ムーア批判をどう考えるか/『ボウリング・フォー・コロンバイン』 | トップページ | 『華氏911』"Fahrenheit 9/11" »

2005/10/31

『ドライビング・ミス・デイジー』"Driving Miss Daisy"


この映画を見るのは2回目だ。1回目はこの映画がアカデミー賞を取った15年前。あの時、何の疑いもなく、この映画のテーマは人種問題を扱っているのだと思ってしまった。今はそれがほんの味付け程度に過ぎないことがわかる。

胸を張って、志を高くして、ちょっと無理して、矜持を持って生きてきた老婦人。しかし、その誇りが、頑固なほうへシフトして、扱いにくい頑固な老婦人になっていた。ところが、お抱え運転手としてやってきたモーガン・フリーマン演ずるホークのゆったりした人柄に包まれて、かわいらしいおばあさんに見えるようにさえなっていく。

テーマは、人種問題ではなくて、老いることではないかと思えて見てしまった。私が年をとったからかな。

1989年/監督:ブルース・ベレスフォード(「グッド・マン・イン・アフリカ」)/ホーク:モーガン・フリーマン(「ブルース・オールマイティ」「ディープ・インパクト」「ショーシャンクの空」)/デイジー:ジェシカ・タンディ(「コクーン」)

|

« ムーア批判をどう考えるか/『ボウリング・フォー・コロンバイン』 | トップページ | 『華氏911』"Fahrenheit 9/11" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/6797794

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドライビング・ミス・デイジー』"Driving Miss Daisy":

« ムーア批判をどう考えるか/『ボウリング・フォー・コロンバイン』 | トップページ | 『華氏911』"Fahrenheit 9/11" »