« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/20

『ソウ』"Saw"



気持ち悪そうでどうしても見られないとノベライズ本を読んですませていたのだが、ふと魔が差してビデオを見てしまった。

不思議なことに、生々しい場面の衝撃が、本を読んだ時より少なかった。映画の場面はカシャッカシャッという音で切り替えられ、気持ち悪い状況を想像する間もなく次へと移っていくことで臨場感が増す。本を通すと、自分が能動的に作り上げた映像がいつまでも頭の中に残ってしまう。その違いだと思った。

本で仕掛けを知っているのに、展開のおもしろさに引き込まれて一気に見てしまった。この映画が、謎解きのおもしろさだけでなく、それぞれの心理描写にも注意を払って作られているからだ。

メインキャラクター2人の、次第に変化していく心理状態と、2人の対照的な性格の対比がきちんと描かれているだけでなく、2人の警官の心理、検査室でのゼップと若い医師と患者の心理、ゴードン医師の家族の心理が何気ない形で、短いシーンの中にしっかり描かれて主題を支えている。

傲慢で命に敬意を払わない人間としてゲームに参加させられているゴードン医師なのに、私は彼のキャラクターに惹かれた。その一方で、アダムの間抜けな感じさえする、物事を深く考えない単純さにも惹かれた。正反対の2人なのに。

アダムの単純さとゴードン医師の頭脳と冷静さ潔さ、それらが前半できめ細かく描かれているため、「致命傷にならないように…」の部分を含めた後半の展開が納得できる。最後の2人の会話には感動すら覚えた。こんな異常の話なのに心が温まってしまう。映画が終わってからの描かれていない部分、ハッピーエンドだったと思いたい。

ノベライズ本を見た時の感想はこちら

監督:ジェームズ・ワン/アダム:リー・ワネル/ゴードン:ケアリー・エルウェズ

*そして3/21、とうとう『ソウ2』も見てしまった。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2005/09/19

『夢』"Akira Kurosawa's Dreams"



黒澤作品の『七人の侍』も『乱』もイギリス人に勧められ、貸してもらって見た。そのため、「異国人にこの作品はこんなふうに魅力的に見えるんだろうなあ」という観点からばかり見ていた。今回は、前の2作品と違って、自分の目で見ることができた。

奇妙であり得ない世界なのに、どこか自分が見たことのある夢とも重なるような感覚。自分の中に流れる「日本人」を感じた。いつまでも古くならないイメージの壮大さを感じた。

日本人が感覚として知っている、狐の嫁入り、天気雨、ひな祭り、雪女、帰還兵、人形や桃の花に存在しそうな霊、富岳百景の赤富士、地獄。ことばだけでも深い淵をのぞき込んだようなイメージを持つもののひとつひとつが「こんな夢を見た」で始まる独立した短編で語られて行く。しかし、順を追って最後まで見ていくと、全体が伝えたいメッセージがはっきりと見えてくる。途中、環境破壊を訴える、ある時期の流行の方向に行くのかと思ったが、違っていた。最後の葬列はすばらしい遺書のように感じられた。

1990年 監督:黒澤明(「七人の侍」「乱」)/寺尾聡/賠償美津子/根岸季衣/笠智衆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/18

ブロードウェイ・ミュージカル『アベニューQ』"AvenueQ"

まいった。あの子供番組、「文科省推奨」みたいな『セサミ・ストリート』をここまで大人(アダルト)な番組してしまうなんて。冒涜だ!と言いたいところなのに、よくできている。

写真がないのですが、公式サイトを見ていただくと様子がわかります。

あっけらかんと「みんなちょっとは人種差別者」なんて楽しく歌われると、本当にその通りとうなずいてしまう。大学を出たばかりで就職した途端に会社の倒産で失業してしまうプリンストンはアベニューQで出会った人々の中で、人生の意味を考え始める。そして、『セサミ・ストリート』の単語を覚えるシーンを模したテレビ画面で何度も"purpose"の意味を考える。

パロディのようでいて、原作を笑うだけに終わらない。おおっぴらには語られない世の中の裏やその真実をまるで子供に語るかのように教えてくれる。それは結構、深刻だったり、暗かったりするはずなのに、語り口は明るい。その明るさは『セサミ・ストリート』そのもの。

あのクッキー・モンスターにそっくりのトレッキー・モンスターという人形が出てきて、「コンピューターはポルノばっかり」と歌ったり、子供のヒーローのケアベアそっくりのくまが悪事に誘うくまだったりと、夢を壊すことばかり次から次へと展開していくのに、終わってみると、やっぱり生きていくことは楽しいと思えてくる。大作のミュージカルではない。「良作」と言うには目を覆うシーンが多すぎる。それでもニューヨークにまで行って見る価値のある作品だと思った。

隣の席に、中学生か高校生くらいの男の子がガールフレンドを伴って両親に連れられて来ていた。始まる前には教育熱心そうな母親に「携帯を切れ」と口うるさく言われ、「わかってる、わかってる」と不機嫌そうに答えていた。その子、人形が大胆に演ずるアダルトなシーンに、椅子から飛び上がらんばかりに前後に体を揺すって喜び、まじめなシーンになると退屈そうに、隣の女の子の膝に手をやっていた。舞台だけでなく、観客にもアメリカの中産階級を感じた。

プリンストン、ロッド…BarrettFoa/ブライアン…FordanGelber/ケイト・モンスター、ルーシー…Stephanie D'Abruzzo/ニッキー、トレッキー・モンスター…ChristianAnderson/クリスマス・イブ…AnnHarada/ゲイリー・コールマン…NatalieVenetiaBelcon/ミセス・T、くま…JenniferBarnhart

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/02

ブロードウェイ・ミュージカル『ウィキッド』"Wicked"

一番期待していたものの、一抹の不安があった。というのは、英国ウエストエンドの『スクルージ』のように「人」を見せるものは好きだけれど、同じ題材を扱ったブロードウェイの『クリスマス・キャロル』のほうは、ラインダンスや群舞を見せる派手派手系であまり好きではなかったから。『Wicked』が後者である可能性は高いと思いながら券を取った。

結果は、派手さが良い方向に働いている上に、見応えのある良い作品で満足した。

緑色の肌に生まれついた女の子エルファバの苦悩は歌とともにちゃんと伝わってきた。特に、一幕目最後の、自分らしく意志を貫いて生きる決心をする歌「Defying Gravity」はすばらしく、聞いていて、気分が高揚していくのを感じた。

「I'm not that girl」という同じ曲を、第一幕ではエルファバが、第二幕ではグリンダが歌うのだが、同じ歌詞にこめられたちょっとだけ違う思いが、悲しく心に伝わってくる。他に、グリンダの「Popular」、エルファバの「No Good Deed」は、対照的な2人らしさが現れていて特に印象に残る。

大衆の愚かさが声を揃えて歌うことによってさらに増していく。うまく表現されていた。その大衆とは違った見方ができ、自分で考える力を持つようになったフィヨロ。そういう彼だったからこそエルファバの良さがわかり、一風変わった彼女が好きになれたのだ。これなら2人の恋は納得できる。

一方のグリンダ。アメリカの青春映画にはかならず出てくるタイプのお金持ちで高慢ちきな女王タイプの女の子。いるんだ、アメリカの教室にはこういう子が。観客はきっと具体的なイメージを持って、「そうそう」と思い出しながら見ているのだろう。

『オズの魔法使い』で、悪い魔女とされているエルファバが、どういう経緯で魔法を使い、勇気のないライオン、ハートのないブリキの木こり、脳みそのない案山子を生み出してしまったのか、ちゃんと話のつじつまがあうように紹介されていく。

手に汗握る場面もあり、2人の生き方、選択に気持ちも揺り動かされる。ミュージカルってこういうものだったということを思い出させてくれた。

苦労してネットで席を取ったのだが、結局、良い席は取れなかった。すごい人気らしい。劇場に行ってみると、きれいな服を着ている人ばかり。子供も全然いない。帰りにリムジンが数台待っていたくらい華やかな雰囲気の観客が多い劇場だった。一旦、外に出ると、タイムズスクエアは身軽な格好の観光客ばかりになるのに、この人たちはどこからわいてきたのだろう。次の『アベニューQ』、ちょっとましな服を着ていかなくてはと思った。

エルファバShoshana Bean/グリンダMegan Hilty/オズの魔法使いBenVereen/マダム・モリブルRue McClanahan/ネッサローゼMichelle Federer/ボクJeffrey Kuhn/ドクターSean McCourt

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/09/01

オフ・ブロードウェイ 『ストンプ』"STOMP"

もともとイギリスで始まったパフォーマンスがアメリカに上陸し、その後、日本公演もあったという出し物。

アメリカに上陸し、しばらくして話題になった頃、私はニューヨークに住んでいた。新聞の評は大絶賛だったが、「壁の上のほうまで行って叩いてまわるエネルギッシュな……」「観劇の際は汚れても良い服装で……」といった表現に、モノを叩いてまわるただうるさいだけのシロモノかもしれないと恐れをなして、二の足を踏んでしまった。

そういうわけで、今回はハズレも覚悟で出かけてみた。ところが、ハズレたのは演技ではなく私の予想のほう。すばらしかった。

エネルギッシュなだけではない、そこには、小さい音、かすかな音も大切にする音楽性があり、ことばを使わずに表情と身振りだけで行うストーリー性まであった。演じる人1人1人に「楽しげ」「まじめ」「ボケ」「気むずかし屋」といった性格付けがされているコミカルな演技には心の底から笑えた。

ほんの少しのズレを演じ分け、音の大小を組み合わせ、どこにでもあるものを楽器にして叩くだけなのに音の表情まで変えられる6人に希有の才能を感じた。

楽器にする道具として、デッキブラシ、流し台、配水管、大きなプラスチックボトル、新聞紙、ノコギリ、ドラム缶の缶下駄、ドラム缶の蓋、棒、バスケットボール、マッチ箱等が登場した。新聞を使ったプロットでは、笑い過ぎて、涙が出てきた。

前日に窓口で券を買ったのだが、行ってみると席は満席。窓口の若い青年が、"STOMP"に誇りを持って売っていて、楽しんでもらえるという自信にあふれた、生き生きとした話し方が印象的だった。小さな劇場だから、彼も演技見習いかなにかだったのかもしれない。

出演:CarlosThomas(素晴らしい技術) KeithMiddleton(格好良い、笑わせる才能抜群) StephanieMarshall(素晴らしい反射神経の女性) BradHolland(飄々としたボケ役) Camille A.Shuford(かわいらしいボケ役) FionaWilkers(あまり目立たないリーダー) NicholasYoung(力技の中堅どころ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »