« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/31

『アイランド』"Island"


--完全にネタバレ--

設定が大変興味深いので、描かれていないことまでいろいろ考えて、想像をふくらませてしまった。自分の臓器が必要になった時の保険として莫大な料金を払いクローンを作って育てておく。実におもしろい設定だ。

何百億ドルというお金を払える人たちだから、それぞれに何かしら特異な才能を持っているはず。そのDNAを受け継いだ個性的なクローンを大量に、大過なく、正しく禁欲的な生活で"飼って"おけるはずがない。たとえ「アイランド」という夢を与え、外が汚染されているという恐怖を与えたとしても難しい話だろう。しかし、体は大人であっても、純粋培養されて生まれ、まだ数年しか生きていない人たちの精神は実に純粋だ。

…というところには引き込まれ、魅せられた。しかし、この映画、アクションものなのだ。いやぁそこまではやらないだろう。え!…あそこをどうやって生き延びてきたんだ。なんで彼はまだ普通に歩けるんだ……の連続。

この映画、ニューヨークのタイムズスクエア近くの映画館で見たのだが、観客の反応が良いので楽しみが倍増した。私が、「まさかそれはないだろう」と思うと、同じように思っている観客がちゃんとそういう笑い声を上げてくれるのだ。手に汗握りつつ、夢あり、恋あり、冒険あり、そこまでやるか、まさかぁというところも、スカッと楽しませてもらえた。これは反応の良い観客と一緒に大スクリーンで見る映画としては最高だ。

少ししか出てこないスティーブ・ブシェミの存在感はすばらしかった。教育を受けないために何も知らないクローンが「神って?」と問うのに答えて、「こうあったらいいなあと胸の奥底から願った時、かならずそれを無視するやつのことさ」と答えたセリフがクスッと笑えた。

2005年 監督:マイケル・ベイ(『アルマゲドン』『ザ・ロック』)/ユアン・マクレガー(『ムーラン・ルージュ』)/スカーレット・ヨハンソン「真珠の耳飾りの少女」「ロスト・イン・トランスレーション」「理由」/スティーブ・ブシェミ(『ビッグ・フィッシュ』『ビッグ・リボウスキ』『アルマゲドン』『ウェディング・シンガー』)/ショーン・ビーン「フライトプラン

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005/08/30

ニューヨークでミュージカル三昧



映画で『オペラ座の怪人』を見て以来、ミュージカルが見たくてたまらなくなり、ついにニューヨークに出かけてしまいました。

マンハッタンに5泊。朝は遅く起き、昼は疲れない程度に観光し、夜のミュージカルに備えて体調を整える。オフ・ブロードウェイの出し物2つを含めて、全部で5つ見て、その合間に映画まで1つ見るという贅沢な旅行でした。

何を見るか、ずいぶん迷いました。

まず、比較的新しいものを見ておきたかったので、『アベニューQ』"AvenueQ"と『ウィキッド』"Wicked"。券はネットで取ったのですが、何日も覗いては、空席が出るのを待ち、苦労して取りました。

さらに、ロングランのものを絞り込むのに苦労しました。『オペラ座の怪人』"Phantom of the Opera"か『レント』"Rent"かでずいぶん迷ったのですが、結局、アメリカならではの『レント』を見ることにしました。これはネットで買っていきましたが、現地で買っても良かったかもしれません。

そして、オフ・ブロードウェイ。これは、はずれる可能性が高いのも覚悟で、『ストンプ』"Stomp"と『ブルーマン・グループ』"Blueman Group"。券は、着いた翌日、劇場の下見も兼ねて出かけ、窓口で買いました。後者は、私の趣味には全く合わず、最後まで見ているのが苦痛だったのですが、これしかハズレなかったのは、結果としては良い観劇旅行だったと言えそうです。

そして、合間に見た映画は『アイランド』"Island"。観客の反応が良いので、映画そのものの出来以上に楽しみました。

ああ、こんな旅行、今度はいつ行けるかなと思いながら、買ってきたCDを繰り返し聞こうと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/16

『ピーター・パン』"Peter Pan"


『ネバーランド』を見たあと、記憶が薄れてしまっていた『ピーター・パン』を思い出したくなって、このビデオを借りてきた。

子供の頃、本を読んだことがある。それはたぶん原作に近いものだったはずだ。ところがその後、ディズニーの映画を見たため、元の印象がすべて消えてしまってそのイメージしか残らなくなってしまった。ディズニーの「原作淘汰作用」は本当に強い。

この映画はそういう意味で、元のイメージ(もうほとんど覚えていないのだが)を思い起こさせてくれる。

ピーター・パンの影がピーターから離れて逃げ回るところの動きを見てわくわくした。小悪魔的なティンカー・ベルがすばらしい。あんな表情豊かな演技で妖精を演じることができる人はなかなかいないだろう。人魚のイメージは、まるで日本のホラー映画のようだったが、そう来たかという感じでおもしろかった。

基本を押さえたところでスピルバーグ監督の『フック』など、他のピーター・パンものも見たくなった。

2003年 監督:P・J・ホーガン/ジェレミー・サンプター/レイチェル・ハード-ウッド/リュディヴィーヌ・サニエ(「スイミング・プール」)/ジェイソン・アイザック「ハリー・ポッター」/オリビア・ウイリアムズ(「シックス・センス」)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/14

『ネバーランド』"Finding Neverland"


演劇家バリが、本当に自分が描きたかったものは何かということに目覚め、観客に喜ばれ、受け入れられる劇として『ピーター・パン』を仕上げていく様子が丹念に描かれている。日々の生活の中で埋もれてしまっていた本当に描きたかった大切なことを、未亡人シルヴィアとその4人の息子達との触れ合いの中で思い出していく。

バリは少年ではないし、ピーター・パンでもない。シルヴィアとふれ合うことで失っていくものがあることも知っている。自分の家庭とシルヴィアの家庭、双方に対する責任があることもわかっている。しかし、彼は芸術家だ。本当に描きたいことを見つけてしまったのだ。

彼は、大人になってしまっているからこそ、少年の頃の心の大切さがわかり、それをいとおしく思う。少年というものは早く大人になりたいと思うことはあっても、少年のままでいたいなどとは思わないものだ。

少年の心を思い出した大人で才能ある劇作家バリと、少し早く大人にならざるをえなかったピーター。最後の場面は、少年を卒業してしまったピーターと、ピーターのおかげで少年の心を思い出した2人が完全にわかりあえた瞬間を表しているのだと思う。

大人の部分を完全になくして、少年の心そのままのバリを演じようと思えばできたはずのジョニー・デップだからこそ、あの押さえた演技のすばらしさが光ってくるのだと思う。25の客席の秘密と、観客達の表情が変化していく場面はすばらしい。アカデミー賞、ジョニー・デップにも作品にも取って欲しかった。

2004年 監督:マーク・フォスター/出演:ジョニー・デップ(「シークレット・ウィンドウ」「シザー・ハンズ」「ギルバート・グレイプ」「スリーピー・ホロウ」「ショコラ」「パイレーツ・オブ・カリビアン」)/ケイト・ウインスレット(「エターナル・サンシャイン」「ライフ・オブ・デビッドゲイル」「タイタニック」)/ダスティン・ホフマン(「卒業」「クレイマー、クレイマー」「レインマン」「ウワサの真相 ワグ・ザ・ドッグ」「ムーンライト・マイル」)/ラダ・ミッチェル「フォーン・ブース」/フレディ・ハイモア」)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/08/13

『イーストウィックの魔女たち』"The Witches of Eastwick"


もともと「魔女モノ」が好きな私は、だいぶ以前からこの映画を見たいと思っていた。ジャック・ニコルソンのすばらしさを知ってからは、もう絶対と思い、借りてきた。

悪魔の魅力によって、3人の女性達が三者三様の不思議な色気があふれてくる様子と、悪魔の"ホラーちっく"なところが、ちぐはぐにおもしろみを醸しだしている。3人が、世間になんと言われようが、勝手な男を乗り越え、女である部分を否定せず、たくましく子供を育てて行く様子は爽快だ。普通の女たちもちょっとしたことで魅力的な魔女になれるのかもと思わせる。

…というのはこの映画のメッセージでもあり、強くうなづきながら見ていた。しかし、時代はこの映画が制作された1987年とはずいぶん変わった。

映画を見終わると、がんばって女性達の魅力を引き出し、秘められていた女性らしさを解放し、女性達の願いを叶えてやろうと魔力を使って奉仕した悪魔が可哀想でしかたがなくなってくる。彼が望んだことなんて、悪魔に不釣り合いなほど小さな幸せだったのに…。ジャック・ニコルソンの演技が素晴らしすぎたのか、時代が変わってしまったのか、私はもう「男って可哀想」としか思えなくなってしまっていた。

しかし、この映画、ホラーとコメディとお色気の混ざり具合が素晴らしく、気に入った。しかし、ひとつだけ警告。アメリカン・チェリーが好きな人は見ないほうがいい。食べられなくなるかもしれないから。

1987年 監督:ジョージ・ミラー/ジャック・ニコルソン(「アバウト・シュミット」「恋愛小説家」「シャイニング」「カッコーの巣の上で」「イージー・ライダー」)/シェール「月の輝く夜に」/スーザン・サランドン(「グッドナイト・ムーン」「ムーンライト・マイル」「デッドマン・ウォーキング」「若草物語」)/ミッシェル・ファイファー「ディープエンド・オブ・オーシャン」)/ヴェロニカ・カートライト(「エイリアン」)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005/08/08

『豚が飛ぶとき』"When Pigs Fly"


さびれた港町、小さな酒場「エリンの薔薇」が舞台。

背筋がぞくっと来るような幽霊が当たり前のように出てくるのだけれど、なぜかほのぼのとした雰囲気が漂う。怖がりながらも、幽霊の言うことをちゃんと聞いてあげなくてはと考えるスランプのジャズ演奏家マーティと、「エリンの薔薇」のウエイトレス、シーラの間抜けなまでな人の良さが見ている人をクスリとさせて、ほっとさせる。

恐いのだけれど、温かい気分になれる作品。音楽と効果音がとても良い。

幽霊は、「エリンの薔薇」のオーナーの奥さんだったリリーと、可愛くて、奔放な少女の幽霊の2人。この2人、「その椅子で死んだ」というだけで、ずっと一緒にいるという不思議な関係。親子ほどに年が離れているのに、対等で、互いに意見を求めたり、話し合ったりするところがおもしろい。

幽霊、音楽、寂れた酒場、殺人事件、それが洒落た感じにまとまっていて、ほろりとさせる。すっかり、この雰囲気が気に入ってしまった。アイルランド音楽とジャズに詳しかったら、さらに深く味わえたと思う。

1993年 監督:サラ・ドライヴァー/マーティ:アルフレッド・モリーナ(「ショコラ」「マグノリア」「レイダース」←どれもどこに出ていたのかわからない)/リリー:マリアンヌ・フェイスフル/ルーシー:レイチェル・ベラ/シェイル:マギー・オニール/フランク:シーモア・カッセル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/07

『太陽が知っている』"La Piscine"


『太陽が…』というタイトルで主演がアラン・ドロン、相手役も同じモーリス・ロネだったものだから、あの『太陽がいっぱい』だと思って借りてきてしまった。しばらくそう思って見ていたのだけれど、15分くらい見たところで、間違えたことに気がついたが、まあいいかと最後まで見た。いや、本当によく似たストーリー。

ハリウッド映画ばかり見ていた弊害なのか、恋愛文化が違いすぎるからなのか、それぞれの関係も、恋愛感情がどうなっているかもすぐにはぴんとこなかった。おまけに、「間」から伝わってくるものがよくわからず、「間を味わう」どころか「間延び」しているように思えてしまう。その、長すぎる「間」で、感じていたのが、「冷房がない時代のバカンスってこんなけだるいものだったんだろうなあ」「タバコにはこんなに寛容な時代だったのか」「ウイスキーをどんどんストレートで飲んでいるよ」「今だったら、問題になりそうな場面だなあ」「勧善懲悪やその逆といったものから完全に超越している主題だなあ」「アラン・ドロンはセックスアピール抜群な俳優だっただけでなく、母性愛をくすぐるタイプの俳優だったんだ」「ただのパンやただのライスにしか見えないものを、本当においしそうに食べる。見ていると、食べてみたくなってくるなあ」といったこと。

恋愛モノが殺人モノになって、やっぱり恋愛モノだということがわかったのだけれど、おもしろかったのか、おもしろくなかったのか、よくわからなくなってしまった。雰囲気にどっぷり浸って、印象深く心に残ったけれど…。

1968年/監督:ジャック・ドウレ/アラン・ドロン(「太陽がいっぱい」)/ロミー・シュナイダー/モーリス・ロネ(「太陽がいっぱい」)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »