« 『イーストウィックの魔女たち』"The Witches of Eastwick" | トップページ | 『ピーター・パン』"Peter Pan" »

2005/08/14

『ネバーランド』"Finding Neverland"


演劇家バリが、本当に自分が描きたかったものは何かということに目覚め、観客に喜ばれ、受け入れられる劇として『ピーター・パン』を仕上げていく様子が丹念に描かれている。日々の生活の中で埋もれてしまっていた本当に描きたかった大切なことを、未亡人シルヴィアとその4人の息子達との触れ合いの中で思い出していく。

バリは少年ではないし、ピーター・パンでもない。シルヴィアとふれ合うことで失っていくものがあることも知っている。自分の家庭とシルヴィアの家庭、双方に対する責任があることもわかっている。しかし、彼は芸術家だ。本当に描きたいことを見つけてしまったのだ。

彼は、大人になってしまっているからこそ、少年の頃の心の大切さがわかり、それをいとおしく思う。少年というものは早く大人になりたいと思うことはあっても、少年のままでいたいなどとは思わないものだ。

少年の心を思い出した大人で才能ある劇作家バリと、少し早く大人にならざるをえなかったピーター。最後の場面は、少年を卒業してしまったピーターと、ピーターのおかげで少年の心を思い出した2人が完全にわかりあえた瞬間を表しているのだと思う。

大人の部分を完全になくして、少年の心そのままのバリを演じようと思えばできたはずのジョニー・デップだからこそ、あの押さえた演技のすばらしさが光ってくるのだと思う。25の客席の秘密と、観客達の表情が変化していく場面はすばらしい。アカデミー賞、ジョニー・デップにも作品にも取って欲しかった。

2004年 監督:マーク・フォスター/出演:ジョニー・デップ(「シークレット・ウィンドウ」「シザー・ハンズ」「ギルバート・グレイプ」「スリーピー・ホロウ」「ショコラ」「パイレーツ・オブ・カリビアン」)/ケイト・ウインスレット(「エターナル・サンシャイン」「ライフ・オブ・デビッドゲイル」「タイタニック」)/ダスティン・ホフマン(「卒業」「クレイマー、クレイマー」「レインマン」「ウワサの真相 ワグ・ザ・ドッグ」「ムーンライト・マイル」)/ラダ・ミッチェル「フォーン・ブース」/フレディ・ハイモア」)

|

« 『イーストウィックの魔女たち』"The Witches of Eastwick" | トップページ | 『ピーター・パン』"Peter Pan" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/5468837

この記事へのトラックバック一覧です: 『ネバーランド』"Finding Neverland":

» ネバーランド [CINEMA IN/OUT]
マーク・フォスター監督作品(2004年・英米) 原題は”Finding Neverland”。ジョニー・デップ目当てに観ましたが、なかなかの感動作でした。劇作家ジェームス・バリの「ピーターパン」誕生の背景について描かれた作品です。イマジネーションや信じることの大切さと、抗えない時の流れや現実を受け入れることの潔さとのバランスって難しいですね。言い換えれば永遠の少年ピーターパンであることと分別ある大人であることの両立とでもいいましょうか。そこら辺がうまく表現されていたと思います。感動ものが好... [続きを読む]

受信: 2005/08/14 21:49

» ネバーランド (2004) [嗚呼 Every day of a MOVIE]
好き度:★★★★★★☆☆☆☆ 主演はジョニー・デップ、共演にはケイト・ウィンスレット、ジュリー・クリスティ、ダスティン・ホフマン。 1903年、ロンドン。劇作家のジェームズ・バリ(デップ)は新作「リトル・メアリー」の失敗で気落ちしていた。 そんな中、... [続きを読む]

受信: 2005/08/16 04:04

» 映画鑑賞感想文『ネバーランド』 [さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー]
さる造造す。 『FINDING NEVERLAND/ネバーランド』を観造よ。 監督は『MONSTER'S BALL/チョコレート』のマーク・フォースター(Marc Forster)。 出演はジェームズ・マシュー・バリ役にジョニー・デップ(Johnny Depp)、シルヴィア・ルウェリン・デイヴィズ役にケイト・ウィンス..... [続きを読む]

受信: 2005/08/27 04:24

« 『イーストウィックの魔女たち』"The Witches of Eastwick" | トップページ | 『ピーター・パン』"Peter Pan" »