« 『恋愛小説家』"As Good As It Gets" | トップページ | 『ムーラン・ルージュ』 "Moulin Rouge" »

2005/06/25

『アメリカン・ビューティー』"American Beauty"



公開と同時に映画館で見た時は、地味で陳腐なドラマだと思った。ところが、今回、ビデオでじっくり見て、なんと味わい深い映画なんだろうとその芸術性に驚いてしまった。

その上、音楽が良い。レスターの頭の次元が少しずつずれていって、少女との非現実的な陶酔の世界に入っていく様子が、少しずつねじの回転がずれていくような音楽によっても表され、自分の頭の次元も狂っていくような錯覚に陥る。

この映画を見ていると、中産階級のアメリカ人がいかに「理想」に振り回されているかがわかる。庭のバラ、イタリア製のシルク張りのソファ、絵に描いたような「幸福な家庭」を演じ続けなくては負け犬(looser)になってしまうという強迫観念。

ところが、その優等生的な理想にとらわれなくなった瞬間から、急にタガがはずれたようになる。解き放たれたレスターの顔は実にすがすがしい。強迫観念から解放された、平凡さの仮面の下に初々しい素の顔を持った美徳(beauty)が見えてくる。

リッキーの細やかな感受性は、さらに根源的な美(beauty)を捉える。風に舞うビニール袋に、死んだ鳥に、そして、自分を見つけられなくて静かに沈潜しているジェーンの内側に。私には、袋が舞う映像の美はわかりにくい。しかし、それを見つめて動かない若い2人の後ろ姿と、それを見つめるリッキーの顔は美しいと思う。

映画を見終わってから、しばらく、あの「キス」の意味を考えていた。彼の、ゲイに対する異常な憎しみは、やはり彼が潜在的にゲイであったことから来るものなのであろう。そして、拒否される。この拒否は、屈辱的であったばかりではない。それを認めてしまったのに、受け入れられず、救いさえ得られなかったことによる破滅をも意味する。さらに、本当は愛していた息子を、自分の元から去らせてしまった自分の行動が、実は誤解に基づいていたことを決定的にするものでもあったのだ。そう考えると、「あの行動」は納得できる。

今頃になって、あの公開時、口コミでニューヨーク郊外の映画館がいっぱいになっていた意味がわかった気がする。

1999年
監督:サム・メンデス(「ロード・トゥ・パーディション」)
音楽:トーマス・ニューマン(「ロード・トゥ・パーディション」「ペイ・フォワード」「グリーンマイル」「エリン・ブロコビッチ」「オスカーとルシンダ」「ショーシャンクの空に」「若草物語」)
レスター・バーナム/ケビン・スペイシー(「光の旅人 K-PAX」「16歳のアメリカ」「ペイ・フォワード」「交渉人」「ライフ・オブ・デビッド・ゲール」)
キャロリン・バーナム/アネット・ベニング(「バグジー」「2999年異性への旅」)
ジェーン・バーナム/ソーラ・バーチ(「ホーカス・ポーカス」)
リッキー/ウェス・ベントレー
アンジェラ/ミーナ・スバーリ

|

« 『恋愛小説家』"As Good As It Gets" | トップページ | 『ムーラン・ルージュ』 "Moulin Rouge" »

コメント

こんにちは。

いつか自分で記事にしようと思っていたのですが、見事に先を越されました。(笑)

冒頭からして斬新でしたね。
いきなり主人公のモノローグで「自分の死」を宣言してしまうんですから。

この映画の中にはいろいろな「美」が隠されていると思いました。
リッキーがビデオで撮りためている映像もそうですが、中のドロドロした感情を押さえ込んで理想的な夫婦や家族を演じている登場人物たちの姿そのものが滑稽で美しかったです。
そして中のドロドロを吐き出してスッキリしたレスターやリッキーのお父さんの姿も哀れで美しかったです。

あの”キス”、解釈はちんとんさんと同じです。
あのキス・シーンはあまりに哀れで切なくて、抑えきれない感情の吐露に美しさを感じてしまいました。

この映画を観た後、風に舞うコンビニやスーパーのビニール袋に”わびさび”的な”美”を感じるようになりました。
己の行く先もわからぬ憐憫感の漂う”美”です。

ところで、ちんとんくんが行方不明です。
どこへ行ってしまったのでしょう?

投稿: つっきー | 2005/06/25 09:07

つっきーさん

先を越してしまってごめんなさい。(笑)

本当に、滑稽で美しいんですよね。何度もくすくすと笑ってしまいました。

あの「キスシーン」の解釈、つっきーさんも同じですか。最初は、自分の判断が正しかったのかどうか確かめたかっただけかと思ったのですが、あの表情と、あのやり方からは、それ以上のものが読み取れるんですよね。

ちんとんですが、つつじが満開だった日、彼は家で菓子鉢の中でひっくりかえって、「お外に行きたくない」と言ったので、連れて行かなかったんです。そのうちまた出てくると思います。

投稿: ちんとん | 2005/06/26 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/4694999

この記事へのトラックバック一覧です: 『アメリカン・ビューティー』"American Beauty":

« 『恋愛小説家』"As Good As It Gets" | トップページ | 『ムーラン・ルージュ』 "Moulin Rouge" »