« 映画で語られる死刑制度 | トップページ | 『マイ・ハート、マイ・ラブ』"Playing by Heart" »

2005/04/30

『ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ』"Hide and Seek"


 お目当ての映画はまだ上映されていなかった。じゃあ、何を見よう。そこで、「怖い映画は映画館では見ない」という信念を曲げて、見ることになってしまったのがこの映画。ところが、それが良かった。目を覆うような場面はあまりないのに怖い。演技が怖い。雰囲気が怖い。ニューヨークのハイソな家も、田舎の風情のある家も素敵で怖い。何よりも、事前の知識ゼロだったおかげで、最後の最後まで楽しめた。

 ネタバレするようなことは書きませんが、それでも、未見のかたは以下の文章は読まずに映画館にいらっしゃることをお薦めします。
---
 エミリーは両親の年齢から察するに、遅く生まれた子。人一倍可愛がられて育っていたことが推察される。ところが、母親が突然自殺し、エミリーの顔からは表情が消え、変調を来す。父は、ニューヨークの豪邸から、夏以外は閑散としている田舎の家に移り住むことにする。娘の心の安定に専念することにしたのだ。

 引っ越ししたすぐあとから、エミリーにはチャーリーという友達が見えるようになる。心理学者の父親らしく、子どもとの対話は慎重に言葉を選び、心理学的に分析はしながらもチャーリーの存在を受け入れ、冷静に子どもと接していく。しかし、おかしなことが次々と起こり、ついには悲惨なことが…。

 怪しげな人ばかりいるので、さまざまなジャンルのさまざまなストーリー展開を想像してしまった。いくつも映画ができそうなくらい。そして、チャーリーの正体が明かされ、私はびっくりした。ふうむ、そう来たかと思いもしたのだが、腑に落ちない点も…。そして、最後の最後に見せられた映像を見て、しばらく考え、納得した。

 あの子にも名前はあるはずだ。なんという子なんだろう。映されていない映像が次々と脳裏に浮かんできた。

[2005/5/9追記]
 この文章を書いたあと、ブログのトラックバックをたどって、いろいろな方の文章を読ませていただきました。読んだ中で、一番納得できて、一番気分がすっきりしたのがここです。映画をご覧になったかたは、ぜひ、つっきーさんの『ハイド・アンド・シーク』の文章をお読みになってみてください。

 私は「部分的にはすでに…」(←ネタバレしないようにぼかしています)という見方をしていたのですが、つっきーさんの意見寄りに修正します。

<2005年/監督:ジョン・ポルソン デビッド:ロバート・デ・ニーロ「ミート・ザ・ペアレンツ」「アナライズ・ミー」「ウワサの真相 ワグ・ザ・ドッグ」「レナードの朝」/エミリー:ダコタ・ファニング「コール」

|

« 映画で語られる死刑制度 | トップページ | 『マイ・ハート、マイ・ラブ』"Playing by Heart" »

コメント





含みそうなコメントです。ご注意を。

隣人とか保安官とか確かに怪しい感じがしましたよね。
でも通常だと伏線みたいなものが
ことごとく消化不良を起こしてて、
アレは一体なんだったの?というシーンが
けっこうあったのが残念でした。

ところで、トップページの写真、
紅白の柏餅ですね。
紅い柏餅はじめて見ました。
お盆もステキですね。

投稿: 多感な奴@CINEMA IN/OUT | 2005/05/05 00:28

多感な奴さん、コメントありがとうございます。

ネタバレするかも
ネタバレするかも
ネタバレするかも

注意してね。
↓↓↓↓↓↓↓↓

そうですね。
隣の奥さんが言いかけたことはなんだったのかについては、実は…という話がほしかったと思います。また、エミリーがチャーリーと話しているらしいところを、外から見ている視線の主は誰なのか、矛盾しないか。この2点は特に気になりました。

紅い柏餅は味噌餡でした。
トップの写真ですが、実は「映画館で『ハイド・アンド・シーク』を見ているちんとん」という写真を撮りたかったのですが、恥ずかしいだけでなく、まわりにヒジョーに迷惑を掛けることになるので、思いとどまりました。

投稿: ちんとん@ホームビデオシアター | 2005/05/05 00:54

こんばんは。
トラックバックとコメント、ありがとうございました。
こちらへのお礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

追記の中で私の記事に触れていただき、ありがとうございます。
私も「あの子」の名前はなんだろうなぁと考えながら、エンドクレジットを観ていました。
「あの子」の存在はキャサリンの精神科医としての立場から見ると、あってはならないものなんでしょうが、エミリーにとっては「心を安定させる必要な存在」だと感じました。

>私は「部分的にはすでに…」(←ネタバレしないようにぼかしています)という見方をしていたのですが

アホなので「部分的にはすでに・・・」の続きがわかりませんでした。
もしよろしかったら、教えていただけませんか?

記事内で紹介されていますが、一応、トラックバックいたしました。
不要だと思われたら、削除をお願いいたします。

投稿: つっきー | 2005/05/11 19:19

ハードな仕事がはいっていて、ここ数日、文章を書く気力が残っていませんでした。お返事遅れてごめんなさい。でも、ときどき覗いては、コメントやトラックバックくださる方がいらっしゃるのを見て、喜んでいたんです。ありがとうございました。

ネタバレ注意!!

ネタバレ注意!!

ここからネタバレ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

つっきーさんのお考えは、エミリーは悪い子(チャーリー的人格)としては分裂してはいない。ひとつの人格として父親&チャーリーが好きで、孤軍奮闘してチャーリーの暴走を押さえようとしていたということだと思います。。私も今はそう考えたいと思っています。

そう考える前は、「おまえはまたやった」という文が不自然であることなどにひっかかっていました。チャーリーは元の人格の影に隠れているほうが動きやすいはずなので、自分の存在を隠しておこうと思うはずです。だから、こんなことをエミリーにわざわざ書かせる理由がない。これはエミリーが自分の考えで、書いたのではないかと思いました。

つまり、チャーリーがしたこと(悪事)について、エミリーの別人格が遊びのような感じで、ある程度関わっていたんじゃないかなと。良きお友達として。「おまえはまたやった!」と責めているのではなく、「またやっちゃったね」という意味でチャーリーに対して書いたのではないかと思うのです。一緒にはしゃいでいたかもしれないと。

TBいただいている、ひらりんさんのブログの反転部分に書かれている「・・でもホントは超悪い子ちゃんってこと」というご意見、つっきーさんの対局にあるものだと思いますが、これもまた興味深く読みました。

どちらとも断定できないところが、この映画の詰めの甘さが露呈しているところでもあるので、はっきりした決め手となるものが見つけられないのが、残念なのですが。

投稿: ちんとん | 2005/05/16 10:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/3926205

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ』"Hide and Seek":

» ★「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」 [ひらりん的映画ブログ]
ロバート・デニーロ、ダコタ・ファニング主演。 チネチッタで17:45の回を見たんだけど・・・ 暖かくなったから?? GWが近いから?? デニーロ・ファンが多いから?? お客さん、いつになく高校生が多かったのは何故?でしょう。 2005年製作のサスペンス・ホラー、102分もの。 あらすじ 幸せな一家を持つ心理学者のデビット・キャラウェイ。 妻が手首を切って自殺・・・娘エミリー... [続きを読む]

受信: 2005/05/01 03:39

» ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ [CINEMA IN/OUT]
HIDE AND SEEK ジョン・ポルソン監督作品(2005年・米) 脚本: アリ・シュロスバーグ 出演: ロバート・デ・ニーロ、ダコタ・ファニング、ファムケ・ヤンセン、エリザベス・シュー、エイミー・アーヴィング、ディラン・ベイカー、メリッサ・レオ、ロバート・ジョン・バーク、デヴィッド・チャンドラー 他 母親が自殺したショックから心を閉ざしてしまったエミリー(ダコタ・ファニング)。娘を心配したデヴィッド(ロバート・デ・ニーロ)はエミリーとともに田舎に引っ越したが、チャーリーとい... [続きを読む]

受信: 2005/05/01 16:48

» 「ハイド アンド シーク 暗闇のかくれんぼ」劇場にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
映画の日ということでファボーレ東宝で『ハイド アンド シーク 暗闇のかくれんぼ』『Shall we Dance?』の二本を観てきました。 連休中ということもあり、9時半に着いた時にはこれまでに見たことのないほど行列ができておりました。みんな考えることは同じですね。一回目の上映は自由席ということもあり、10時30分からの『ハイド アンド シーク』を、続いて1時からの『Shall we Dance?』を選択。 いざ『ハイド ア... [続きを読む]

受信: 2005/05/01 18:25

» ハイド・アンド・シーク [D I G D U G [by 51]]
ここで何かの評価を書こうとすると、どうしても酷評になってしまう。否定好きのイヤな性格なのかもしれない。けど今回も我慢ができないほどガッカリした…。 [続きを読む]

受信: 2005/05/05 04:34

» ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ [金言豆のブログ]
★本日の金言豆★全日本かくれんぼ協会:「かくれんぼ」にはまった有志により構成。兵庫県温泉町を中心に全日本かくれんぼ大会を実施中。 本作は、子役が主演で、タイトルも”かくれんぼ”って字面は可愛いですけど、親子で観に行ける内容じゃございませんので一応念のため。PG−12ですし... [続きを読む]

受信: 2005/05/06 00:20

» ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ [つっきーの徒然草]
”<超感動スリラー>誕生!”のキャッチ・コピーに負けて、観に行きました。 現代はストレス社会。すべての人が”癒し”を求めているのでしょう。”感動して泣く”=”癒 [続きを読む]

受信: 2005/05/11 19:22

» 芸達者な2人の好演に満足/ハイド・アンド・シーク-暗闇のかくれんぼ- [映画日記@チラシの裏]
 以前、出張で台湾に行った時、取引先の方の車に乗せてもらった。後部座席に、その方のお子さんが読んでいる英語の絵本『Hide and Seek』が置かれているのを見つけた上司は、「ヒデとセイコ、日本のことを紹介した絵本なんですね」と(もちろん日本語で)のたまった。  それはさておき、「暗闇のかくれんぼ」という邦題の副題は何とかならなかったのだろうか。「もういいかい」「まだだよ」という、『学校の怪談』を彷彿させるような劇場予告とあいまって、安物のホラー映画と勘違いして、劇場から足が遠のいた人も多か... [続きを読む]

受信: 2005/05/16 15:54

» ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ [WILD ROAD]
『ハイド・アンド・シーク         /暗闇のかくれんぼ』 2005年アメリカ(102分) 監督:ジョン・ポルソン 出演:ロバート・デ・ニーロ    ダコタ・ファニング    ファムケ・ヤンセン    エリザベス・シュー    エイミー・アーヴィ....... [続きを読む]

受信: 2006/01/17 19:24

» 「ハイド アンド シーク 暗闇のかくれんぼ」 [雑板屋]
既視感ありありで、正直ダレた。途中深い眠りに入っていたようで・・・。 昔に比べてデ・ニーロも最近は作品に恵まれていない気がするなぁ。 ダコタ嬢も、成長するにつれて段々、個人的に苦手な顔付き女優となりつつある・・・。 開花しきれない女優ファムケ・ヤンセン....... [続きを読む]

受信: 2006/01/21 09:54

» ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ 06年10本目 [猫姫じゃ]
ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ いやぁ、オカルト心霊ホラーだと思っていたのに、、、サイコでしたか、、、実はホラーだと思って、期待していました。 期待はずれ、、、 さすが、ダコタ・ファニングちゃん、ロバート・デ・ニーロにも、負けていませ...... [続きを読む]

受信: 2006/01/25 12:59

» 映画「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」 [しょうちゃんの映画観賞日記]
公開当日劇場で観ました。これはホラーというよりはスリラーです。全然怖くはないです。結末もある程度予想したとおりの展開でした。最近よくあるオチで残念でした。「シークレットウィンドウ」を思い出しました。ロバート・デ・ニーロとダコタ・ファニング演技は見応えあり...... [続きを読む]

受信: 2006/01/28 00:24

» ハイドアンドシーク −暗闇のかくれんぼ− [土曜の夜は・・・]
<story> 彼らの愛する妻であり母だったアリソンが、自ら命を絶った。浴室で手首を切り、血塗れになった母の姿――それはまだ9歳のエミリーが受け止めるには、あまりに大きな衝撃だ [続きを読む]

受信: 2006/03/15 00:06

« 映画で語られる死刑制度 | トップページ | 『マイ・ハート、マイ・ラブ』"Playing by Heart" »