« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005/03/31

『es[エス]』"Das Experiment

 支配する側(看守)とされる側(囚人)の役割を与えられた普通の人々が、普通の人でなくなっていく過程が描かれている。2週間の予定の心理実験が、モニターの監視のもとで行われるが、36時間にしてすでにコントロールできない事態の兆候があらわれてくる。

 役割を忠実に守ろうとする気持ち、それを支える知能、正義感、他人の不幸を見過ごせない気持ち、自由を尊ぶ気持ち、緊張をほぐすための遊び心、危険を回避するための恐怖心。これらすべてがマイナスの方向に動いていき、歴史的に繰り返されてきた人類の過ちをトレースするかのように事態が動いていく。

 この事態の要因となる気持ちは人間が普通に持っている気持ちだ。だから、観客としては自分の弱さが、そして善意さえも責められているような気持ちにさせられる。いったいどうすれば良かったのか。一番の悪役が一番の被害者なのかもしれない。彼はこのあとどう生きていけば良いのだろう。

 本物のスタンフォード大学での実験は、これとはだいぶ様相が違う。「ベースとなった」と言うほどには似ていない。アメリカは、こういう実験をやってみようということの実現が可能であるのと同じくらい、「自由」が危険を抑止するために働くようになっている国でもあるのだから…。

 とはいえ、実験の報告を読むと、教授自身も実験の過程で自分がおかしくなっていっていることを認めている部分があることがわかる。また、1日15ドルしかもらっていないのに、看守役のほうは超過勤務手当も要求せずに残業を含む職務を喜んで遂行したといった記述もある。

 映画のほうが本物の実験より、ドラマチックに恐ろしいことが進行する。しかし、スタンフォード大学の実験のほか、アイヒマン実験、ジンバルドーの実験などのことを知ると、本物の実験のほうがずっと恐ろしいという気もしてくる。それを、映画的に表現するとこういう形になるのだろう。うまく作られた、本当に恐い映画だと思った。

参考サイト:Stanford Prison Experiment
(このサイト、この実験とは無関係の事件の写真などが混じっているので注意が必要)
---
2001年(ドイツ)
タレク(77号):モーリッツ・ブタイプトロイ
監督:オリバー・ヒルシュビーゲル
原作:マリオ・ジョルダーノ

| | コメント (10) | トラックバック (4)

2005/03/29

『ムーンライト・マイル』"Moonlight Mile"

 結婚式寸前の娘を失った両親の深い悲しみが、拍子抜けするような淡々とした調子で描かれていく。事件の背景も、どんな娘だったのかも詳しくは描かれない。しかし、観ている側は次第に「それをいくら描いても、娘の真実を語ったことにならない」というメッセージが、語らないこと自体に含まれていることに気づかされていく。

 母親のジョージョーが、人々が掛けるお悔やみの言葉のもつ「作りごと」に傷つき、苛立ち、プレゼントされた、いかにも「心を癒します」といったタイプの本をどんどん暖炉にくべていくシーンが出てくる。こちらのほうこそ「真実」なのだ。

 「真実」はお望みの展開の中にはない。悲しみのストーリーを作って浸ったり、悲しみを克服するストーリーを作って鼓舞させたりしようとしても、それは作り物でしかない。

 押さえた、すばらしい演技の中で「安らぎ」がどういうものなのかが、じわーっと心にしみこんでくる映画だった。
---
2002年
監督・脚本:ブラッド・シルバーリング(「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」「シティ・オブ・エンジェル」)
父ベン/ダスティン・ホフマン(「卒業」「レインマン」「ウワサの真相 ワグ・ザ・ドッグ」「クレイマー・クレイマー」「ネバーランド」)
母ジョージョー/スーザン・サランドン(「グッドナイト・ムーン」「デッドマン・ウォーキング」「若草物語」「イーストウィックの魔女たち」)
バーティ/(「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」)
婚約者ジョー/ジェイク・ギレンホール(「遠い空の向こうに」)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/18

『ハンニバル』"Hannibal"

 『羊たちの沈黙』でおぼろげながらつかめていたものがあった。しかし、その証拠となるものをその作品自体の中に見つけることができなかったので、『ハンニバル』を見ることにした。やはりこの解釈で正しかったと確信できたことは良かったと思う。

 レクター博士の"恋愛"は、相手の女性的な魅力から入っていくのではなく、精神的に呼応するものを探り出し、打てば響く感性を見いだしていく過程から生まれてくるものだ。レクター博士がクラリスに出会った時の喜び&悦びの部分だけはまっとうで、理解できるものだと感じてしまうのだ。

 若い時のクラリスには、それを理解することはできなかった。ひっぱくした捜査の中でのことだから当然だ。しかし、さまざまな疎外感と挫折を味わっている今のクラリスは、当時のこの過程をたどることで、徐々に博士の愛に気づいていったはずだ。ジュリアン・ムーアの演技からは、それが読み取れないが、昔の資料を調べ直す、あの部屋にこもりきりの部分はそのための場面だったと思う。

 映像も筋展開も、単純な部分ばかりを過剰に説明していると思った。クラリスを陥れようとした人達は悪人だから裁かれ、悪に手を染めようとしなかった人は許されるという単純な構図。

 ただ、私が一番見たくなかったあの場面は高く評価できる。[ここからネタバレ、反転させて読んでください→]この映画には、レクター博士"タイプ"の人間として描かれているメイスンが登場し、映画全体の気味悪さを倍増する。しかしあの晩餐場面に至ると、「人間が人肉食べる」のと「人肉を豚に喰わせる」のでは、前者のほうがずっとおぞましいはずなのに、博士の晩餐のほうがずっと優雅で優美であることが際だつ。後者が文字通り「泥にまみれている」のとあまりにも対照的だ。ここで2人が似て非なるものであることが歴然とする。

 いや、この描き方もわかりやす過ぎるほど単純だとは思う。作品の中で匂わせることさえしなかった、博士の「美」の根源、「愛」の根源のあと一歩深いところが知りたかった。
---
2000年
監督:リドリー・スコット(「グラディエーター」「G.I.ジェーン」「エイリアン」)
音楽:ハンス・ジマー(「ラスト・サムライ」「グラディエーター」「プリンス・オブ・エジプト」「ザ・ロック」「ライオン・キング」「レインマン」「ドライビング・MISS・デイジー」)
ハンニバル・レクター/アンソニー・ホプキンス(「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」「白いカラス」「羊たちの沈黙」「日の名残り」)
クラリス・スターリン/ジュリアン・ムーア(「巡り会う時間たち」「シッピング・ニュース」「マップ・オブ・ザ・ワールド」「クッキー・フォーチュン」「ビッグ・リボウスキ」「マグノリア」)
メイスン/ゲイリー・オールドマン
*「 」内はその人の作品のうちみたことのあるものの題名

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/16

『羊たちの沈黙』"The Silence of the Lambs"

 気味悪い映画であることは事実だ。しかし、そういう映像の衝撃や連続殺人鬼の存在感も薄まってしまうほど、閉鎖病棟でのレクター博士とクラリスの、カードで切り札を切り合うような切迫した対話に圧倒された。

 人肉食嗜好者のレクター博士は異常であるが、その異常さがずば抜けているのと同じくらい知的能力も高い。自分の精神分析をしようとする専門家など家畜程度の知能の持ち主に見えるであろうことも容易に想像が付く。

 一方クラリスは、最初の面会冒頭で、博士がクラリスを試す目的で発した不躾な質問に、臆せず、まっすぐに答える。これは女性上院議員が同種の質問に答えなかったこととは対照的だ。率直なだけではない。知的に、簡潔に自分のことを述べる。深層心理をえぐり出され、感情的乱れを見せても、それを振り捨て、すぐに自分の側の質問に戻る。そんなクラリスは、レクター博士にとっておいしい果物のようであっただろう。ズズズーッと音を立てて生肉を喰う時のように、レクター博士がクラリスの精神的過去を味わって、喰らおうとしているように見える。

 これはレクター博士にとっては一種の「愛」なのではないか。書類をクラリスに渡す時、博士の指先がクラリスの指先をなぞる。この場面を見て、私はやはりという思いを深くした。レクター博士はクラリスの「羊」が消えていないことを知っている。それをどう「料理」しようとするのか…。

 絶対見たくなかった『ハンニバル』だが、もう見るしかない。
---
1991年
監督:ジョナサン・デミ
クラリス/ジョディ・フォスター(「フライトプラン」「パニック・ルーム」「コンタクト」」「ダウンタウン物語」)
ハンニバル・レクター博士/アンソニー・ホプキンス(「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」「日の名残り」「ハンニバル」「白いカラス

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/03/14

『フォーン・ブース』("Phone Booth")

 公衆電話であっても、横で電話が鳴ったら思わず受話器を取ってしまうだろう。しかし、そのあとは、たとえ脅迫されても「ばかな…」ガチャンで終わる可能性が高そうに思う。しかしそこに娼婦が登場して騒ぎ立て、さらに騒ぎ立てる人数が増えたら…。

 スチュは、静かに考えるチャンスを失う。横でこれだけ騒ぎ立てられたら平静な状況分析はできない。観客の心も一挙に「これは大変なことになった」と高まっていく。荒唐無稽な話なのに、冒頭で観客の心はつかまれ、ぐいぐいと引きずり込まれていく。うまい仕掛けだ。

 2度目に電話が鳴った時、受話器を取ろうとするスチュの前を通行人がさりげなく横切っていく。ささいな、「妨害」というにも足りないものだが、それを避けて受話器を取らなくてはという意思が働くため、制御する方向に気が回らなくなる。娼婦の、「受話器を置け」という「妨害」も実は、スチュを受話器にしがみつかせる方向に働いているのだ。

 もともと口先三寸で生きてきたスチュだから、犯人が望んだ以上のことばで、娼婦を遠ざけ、警官を遠ざける話術を巧みに操ってしまう。そこが悲しく、またおもしろい。さっそうと登場した交渉人を制し、レイミー警部が前面に出るのがまたはらはらの原因となるのだが、切れ者というよりは、ゆっくり考える人情派タイプで、体の大きい彼だからこそ生きてくる場面がある。「もうすぐ弁護士が来る」というセリフにこめられた気持ちを、彼は体全体で表現している。

 コリン・ファレルの熱演はすばらしい。しかし、筋運びの巧妙さと、エキストラも含む計算しつくされた動きのすべてがコリンの演技を支える方向に向いているからこそ可能になった熱演だと感じた。
---
2003年
監督:ジョエル・シューマカー
脚本:ラリー・コーエン
スチュ/コリン・ファレル(「マイノリティ・リポート」)
レイミー警部/フォレスト・ウィテカー(「パニック・ルーム」)
パメラ/ケイティ・ホームズ(「ギフト」)
ケリー/ラダ・ミッチェル

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005/03/13

『クルーエル・インテンションズ』"Cruel Intentions"


 キャスリンとセバスチャンはマンハッタンの豪邸に暮らし、名門校に通う義姉弟。両親は2人にお金をふんだんに与えたまま、滅多に家には帰ってこない。美貌に恵まれた2人は権力もお金も握り、やりたい放題。

 そんなキャスリンがセバスチャンに持ちかけた賭が、「新しい校長の娘でまじめな生徒アネットの処女をセバスチャンが奪ったら自分の体を与え、失敗したらセバスチャンのジャガーをもらう」というもの。

 ヒトの気持ちを踏みにじっていく2人のやり方を見ていると、嫌な気持ちになっていくのだが、あの均整の取れた顔には見とれてしまう…などとぼーっと見ているうちに、思っていたのとは違った展開に。

 アメリカのティーンズ向けの映画は結構いろいろ見ているのだが、これはそういう軽いジャンルに入れてしまうのが少しためらわれるような何かがあった。たぶんそれは、セバスチャンのそうせざるを得なかった気持ちの部分に何かがあったのだろうと軽い感動に耽っていた。描かれてはいない部分に思いをはせながら…。

 ところが、オーディオ・コメンタリーがちょっとまずかった。監督が出てきて、愉快そうににこにこと「本当はこういう場面も挿入しようと思っていたのだけれど、そうするとセバスチャンがあまりにも嫌なやつに見えるのでやめた」というところが次々と紹介されていったのだ。「やっぱりただのそういう奴だったんじゃないか」となってしまった。感動してしまった私の気持ちはどうなるの?

 編集の仕方によってずいぶん印象が変わるのだと感心したが、こういうシーンは見たくなかったなあと思う。

[3/14追記]「私はこう理解し感動した」というところを以下に書きます。【ネタバレしているので反転させて読んでください】→セバスチャンがアネットに惹かれていく気持ちがよくわからなかったので、2度目はそこに焦点を当てて見た。

 老人ホーム訪問あたりでセバスチャンの心が微妙に変わる。ドライブのシーンではセバスチャンがこれまでの自分のめちゃくちゃな生活とは反対側にあるアネットの世界に「更生」したいと思い始めているように見える。アネットがドライブする最後のシーンは唐突だが、この部分と呼応させたいのではないだろうか。

 最初、セバスチャンはキャスリンに魅力を感じていた。言われる通りに何でもしたいというほどに。しかしその魅力は、部分的にはキャスリンに手出しできないこととも関係があったのだろう。キャスリンのほうも実はセバスチャンが好きだったように思う。しかし、複雑に屈折しているキャスリンは、「思い通りにならない女だから」ではなく本当の意味で愛が欲しかった。

 セバスチャンがアネットに本当の意味での愛情を持ってしまったことを知ったキャスリンの表情から、このあたりの気持ちが感じ取れる。しかし、キャスリンは失恋するような女ではない。キャスリンはセバスチャンのことを「単なるオモチャだった」と思うことにした。

 クルーエル・インテンションズ(残酷な意志)は2人にこの映画のラストのような形で働いたのだ。

1999年/キャスリン:サラ・ミシェル・ゲラー「スクリーム2」「ラストサマー」/セバスチャン:ライアン・フィリップ「クラッシュ」「ラストサマー」/アネット:リース・ウィザースプーン「カラー・オブ・ハート」セシール:セルマ・ブレア

*「 」内はその人の作品のうち見たことのあるものの題名

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/03/11

『ビッグ・リボウスキー』"The Big Lebowski"

 暇があるとボーリングをしている失業中のヒッピーくずれの中年男デュードと、ベトナム帰りですぐに凶暴にキレるウォルター、それに、いるだけでとぼけた存在感のあるドニー。この3人の仲間が、大富豪ファミリーのゴタゴタから、犯罪?に巻き込まれていくという話。

 短気なウォルターがからむ度に、デュードの身に降りかかってくることがらはさらに、さらにややこしくなっていく。大富豪の娘(ジュリアン・ムーア)が妖しくて、不可思議な魅力の女性をニコリともしない顔で演じていく。

 それにしても、あそこまで、トコトンなさけない中年男の衣装はなかなか見られないと感心して見てしまった。こういう笑いもあるんだ。コメディというジャンルの中でもいろいろあって、なかなかつかめないという感を強くした。
---
1998年
監督:ジョエル・コーエン(「ディボース・ショウ」「バッド・サンタ」)
デューク/ジェフ・ブリッジス(「隣人は静かに笑う」)
ウォルター/ジョン・グッドマン
モード/ジュリアン・ムーア(「めぐりあう時間たち」「シッピング・ニュース」「マップ・オブ・ザ・ワールド」「クッキー・フォーチュン」「マグノリア」)
ドニー/スティーヴ・ブシェーミ(「アルマゲドン」)
ぶらんと/フィリップ・シーモア(「セント・オブ・ウーマン~夢の香り~」「リプリー」「マグノリア」「パッチ・アダムス」「ツイスター」

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2005/03/04

『アメリ』"Le Fabuleux destin d'Amelie Poulain"

 一風変わった生い立ちのアメリは、大人になり、家を出て、パリのアパートで一人暮らしをしている。仕事はカフェのウエイトレス。すばらしい想像力と、大きな目を輝かせての小悪魔的悪戯はますますエスカレートしていっている。

 この悪戯、時々、観客の許容範囲を超えた側へはみ出す。映画で目にする残虐な場面や、行き過ぎや、まやかしには慣れている観客も、この種の「悪戯」には慣れていないので、どぎまぎしてしまう。果たして肯定的に見ていって大丈夫なのだろうかと。

 しかし、寂しく家にこもりがちの父親を元気づけるために庭のドアーフ(小人)の置物に世界旅行をさせるエピソードを始めとした、安心して見ていられる素敵な「悪戯」たちに包まれていくうちに、だんだんとアメリの世界に引き込まれ、わくわくしてくる。気がつくと、もう観客はこの世界に取り込まれてしまう仕掛けだ。

 アメリは自分の孤独には気づいていない。こんな世界を共有できる人などいるわけない。ましてや、アメリにさらに輪を掛けたような変人など…。

 以下ネタバレしてます。反転して読んでください。→映画を見終わってからも、アメリとニノが今頃パリのどこかで頭を付き合わせて、次の楽しい悪戯の計画を練っているかもしれないと思えてきて、しばらく楽しい気分が続く。

 ずっと流れているおしゃれなアコーディオンの音楽と、一時代前の映画のようなナレーションがまたとても良い味を醸し出している。
---
2001年
監督:ジャン・ピエール・ジュネ
アメリ/オドレイ・トトゥ
ニノ/マチュー・カソヴィッツ「ミュンヘン
*「 」内はその人の作品のうち見たことのあるものの題名

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/03/02

『オスカーとルシンダ』"Oscar and Lucinda"

↓↓ネタバレするかも      ↓↓
↓↓まだ映画を見ていない人は↓↓
↓↓読まないほうがいいかも。 ↓↓

 オスカーは繊細で、ストイックなまでに純粋な牧師。それゆえに、学生時代も世間とうまくやっていくことができず、愛する父からも離れ、不器用に生きてきた。ルシンダは、生まれつきの自由な思想の持ち主ゆえに世間に受け入れられず孤独感を持って生きてきた。両親の死後、孤児となったルシンダは莫大な遺産を受け継ぎ、ガラス工場を買い取り起業家となる。

 恐水症のオスカーと、ガラスに魅せられたルシンダ。性格も境遇も全く違う2人だが、ひとつだけ共通点があった。それはギャンブル。

 オスカーは、信仰自体、神の存在を信じることを担保にする大きな賭なのだから、小さな賭に神様が文句を言うはずがないと言い、賭で得た金も、必要最小限だけ使い、あとは寄付する。しかし、ギャンブルがやめられない自分に大きな罪悪感を持っている。ルシンダは、賭に負けると、親から受け継いだ莫大な遺産という心の重荷から逃れられる気がするという理由から賭にとりつかれている。

 ギャンブルは、2人にとって、心が満たされないことを示すものであり、親から継ぐべき物を正しく受け継げなかったという自責の念の象徴だ。

 その2人が、最大の賭をする。水、ガラス、宗教、そして2人のこれからへの希望、すべてが一緒になった大きな賭。自然豊かなオーストラリアの川を下るガラスの教会は本当に美しい。この賭は、どちらが勝っても2人に幸せをもたらすはずだった。罪は許され、重荷から解き放たれて終わるはずだった。結末は…。しかし、私には、これはハッピーエンドとしか思えない。贖罪の旅はこういう形で終わり、2人に幸せをもたらしたのではないだろうか。川で泳ぐ"2人"は洗礼を受けているようにさえ見える。

 大好きな映画だ。そして映画だけでなく、この2人がとても好きだ。床掃除の競争をする場面の2人の姿が永遠に続けば良かったのにと思う。
---
1997年
監督:ジリアン・アームストロング(「若草物語」「シャーロット・グレイ」)
音楽:トーマス・ニューマン(「ロード・トゥ・パーディション」「ペイ・フォワード」「アメリカン・ビューティー」「グリーンマイル」「エリン・ブロコビッチ」「ショーシャンクの空に」「若草物語」)
オスカー/レイフ・ファインズ(「イングリッシュ・ペイシェント」「ナイロビの蜂」)
ルシンダ/ケイト・ブランシェット(「シッピング・ニュース」「ギフト」「リプリー」「エリザベス」「シャーロット・グレイ」)
ハセット牧師/サイアラン・ハインズ(「ミュンヘン」「オペラ座の怪人(ファーミンFiemin)」「ロード・トゥ・パーディション」)
*「 」内はその人の作品のうち見たことのあるものの題名

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »