« ちょっと別の観点から『ターミナル』 | トップページ | 『エントラップメント』 "Entrapment" »

2005/01/07

映画顔負けのワンシーン

 「ココロ温まるストーリーを募集」へのトラックバックです。

 映画顔負けのシーンに遭遇したことがある。

 場所はアメリカ、ニュージャージーの遊園地シックスフラッグス。日差しの強い夏休みのある日のこと。水をくぐったり、濁流を流れていくような絶叫系が多いので、女の子達はビキニにショートパンツ姿。それでも暑くて、飲み物片手に乗り場に並ぶという日だった。

 ところが、突然天候が変わった。遠くから黒い雲のような固まりが近づいてくるのが見える。館内放送のようなものはないまま、売り場の人達の動きがあわただしくなった。売り物にビニールシートを掛けていく。乗り物は運転を中止した。

 夕立が来るときのように暗くなったかと思ったら、ものすごい風が吹き付けてきた。ただの強風ではなくて、どこから飛んできたのか、土や泥や小石を含んでいて、顔にぶつかってきて痛く感じる。風を避ける場所もなく、建物に身を寄せたところ、今度はザーッと汚い雨が降ってきた。

 少しでも軒がある場所にみんな集まってきた。急激に温度が下がった。濡れた体は冷える。雨は30分ほど降り続いた。広場の周辺の軒下に人が集まり、真ん中の丸い広場には誰もいない空間が広がった。

 しばらくして、雨が小降りになった時、広場を、ビキニ姿にショートパンツで、羽織るものもない17~18歳くらいの女の子が5人ほど横切って来た。駐車場に向かっているのだろう。反対側からは同じくらいの年齢の男の子が5人ほどやってきて、すれ違った。2つのグループがすれ違ったあと、1人の男の子が立ち止まり、振り返った。そして、1人の女の子に声を掛けた。男の子は着ていたTシャツを脱ぐと、その子に着せた。上半身裸の男の子に、女の子はありがとうのキスをした。そして、2人と一瞬華やいだ2つのグループは手を振って反対のほうに去っていった。

 丸い広場の真ん中で、大勢の観客を前にしてのワンシーン。まるで映画のようだった。その夜、ニューヨークからニュージャージーにかけて竜巻が通り抜けていったことをテレビのニュースで知った。

|

« ちょっと別の観点から『ターミナル』 | トップページ | 『エントラップメント』 "Entrapment" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/2503091

この記事へのトラックバック一覧です: 映画顔負けのワンシーン:

« ちょっと別の観点から『ターミナル』 | トップページ | 『エントラップメント』 "Entrapment" »