« 『リターン・トゥ・パラダイス』"Return to Paradise" | トップページ | 『奇蹟の輝き』"What Dreams May Come" »

2005/01/26

『スライディング・ドア』 "Sliding Doors"


 ロンドンが舞台の映画です。地下鉄に乗りそこなったヘレンと、乗れたほうのヘレンという同じ人物の話が並行して展開していく。

 ヘレンは、いつまでたっても書き終わらない「未完の大作」を書いている作家志望のジェリーと同棲中。ヘレンはジェリーの生活も支えて働いている。一方、ジェリーは、いかにもという感じの、押しの強いアメリカ人女性と浮気している。

 片方のヘレンはその浮気現場を目撃してしまい、もう片方のヘレンはそのまま騙され続けて....。

 同時に進行する「もしあの時、ああなっていたら」という話が、重要なポイントに来る度に、微妙に交錯しあって、洒落た味わいを醸し出している。こんな2つの話が同時進行させてしまって、最後はどう決着が付くのだろうと不安になったのだが、きっちりと完結している。

 ヘレンの親友アンがそれぞれの違った展開の話の中で、違った意味を持ちながらも、同じように戸口に立つ男に向かって啖呵を切る場面が壮快。

1997年/監督:ピーター・ハウィット ヘレン:グウィネス・パルトロウ「愛しのローズマリー」「リプリー」「恋におちたシェイクスピア」/ジェームズ:ジョン・ハンナ「ハムナプトラ・失われた砂漠の都」/ゲーリー:ジョン・リンチ/リディア:ジーン・トリプルホーン「恋するための3つのルール」/アン:ザラ・ターナー
*「 」内はその人の作品のうち見たことのあるものの題名

|

« 『リターン・トゥ・パラダイス』"Return to Paradise" | トップページ | 『奇蹟の輝き』"What Dreams May Come" »

コメント

ばんわー。最近グウィネス・パルトロウが出演している映画をよく観ているのですが、この映画おもしろそうですね。近いうちに観たいと思ってます。昨日は『オーシャンズ12』を観てきました。

投稿: 多感な奴 | 2005/01/31 20:32

グウィネス・パルトロウは声が好きです。この映画は、わくわくしたことが起こるわけではないのですが、静かに楽しめます。

『オーシャンズ11』は見たのですが、今度『12』のほうはそれほどでもなかったというご感想でしたよね。ビデオになったら見ようかなと思っています。

投稿: ちんとん | 2005/01/31 22:17

コメント、ありがとうございました。
こんにちは、カセルです。
先日は勝手にTBしちゃって、ごめんなさい。
たまに、ちんとん@・・・さんのサイトにまた寄らせてもらいますね。
また、TBさせてもらう時があると思いますので、今後もどうぞよろしくお願いします。
いい映画観たときって、幸せですよね~o(^-^)o

投稿: 胸キュン★恋愛映画オススメ情報局 | 2006/02/03 16:16

カセルさんのサイト、恋愛映画にテーマを絞ってさらにジャンル別にされているところが新鮮ですね。さきほども読ませていただいて、「クルーエル・インテンション」のところに、こちらからTBさせていただきました。またどうぞお越し下さい。

投稿: ちんとん@ホームビデオシアター | 2006/02/03 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/2705355

この記事へのトラックバック一覧です: 『スライディング・ドア』 "Sliding Doors":

» スライディング ドア [ASSY's World]
スライディング ドアを見た。 ストーリーは、電車に間に合った後と、乗り遅れた後で [続きを読む]

受信: 2005/01/30 16:19

» スライディング・ドア [多感な奴]
ピーター・ホーウィット監督・脚本作品(1997年・米英) PR会社のエグゼクティブだったヘレン(グウィネス・パルトロウ)だったが、会社に遅刻してクビになってしま... [続きを読む]

受信: 2005/02/08 21:33

« 『リターン・トゥ・パラダイス』"Return to Paradise" | トップページ | 『奇蹟の輝き』"What Dreams May Come" »