« 映画顔負けのワンシーン | トップページ | 『ディボース・ショウ』 Intolerable Cruelty »

2005/01/08

『エントラップメント』 "Entrapment"

-=-=-[あらすじと感想] ネタバレなし-=-=-

 鍛え抜かれた身体で、思い切った盗みを働く女大泥棒ジンと、切れる頭脳と的確な判断が持ち味で、ロマンスグレーの魅力的な大泥棒マック。信頼しあっているのか、惹かれあっているのか、騙して利用しようとしているだけなのか。微妙な2人の駆け引きの緊張感の上に、奇想天外な盗みの手口が展開する。

 軽くて、すかっとしていて、ユーモアがあって、ロマンスがあって、はらはらどきどきがあって、洒落たストーリーが最後の最後まで楽しめる。

 キャサリン・ゼタ・ジョーンズの美しさが目一杯引き出されている。そして、70歳になってもロマンスのヒーローを演じるショーン・コネリーのなんともいえず素敵なこと。

---
1999年
監督:ジョン・アミエル
マック/ショーン・コネリー(「小説家を見つけたら」「ザ・ロック」「グッドマン・イン・アフリカ」「理由」「薔薇の名前」)
ジン/キャサリン・ゼタ・ジョーンズ(「ターミナル」「シカゴ」「ディボース・ショウ」)
*「 」内はその人の作品で見たことのあるものの題名。

|

« 映画顔負けのワンシーン | トップページ | 『ディボース・ショウ』 Intolerable Cruelty »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/2510941

この記事へのトラックバック一覧です: 『エントラップメント』 "Entrapment":

« 映画顔負けのワンシーン | トップページ | 『ディボース・ショウ』 Intolerable Cruelty »