« 『ディボース・ショウ』 Intolerable Cruelty | トップページ | 『グッドマン・イン・アフリカ』 "A Good Man in Africa" »

2005/01/10

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』 "Dancer In The Dark"

 ビョークというのは不思議な人だ。暗く、不思議な、まとわりつくような声。あまりの悲惨さに、なんという映画を見てしまったのだと後悔したのだが、見終わってから、いつまでもいつまでも味わい深いものが残る。この感覚はなんなのだろう。ミュージカルでここまで暗いものを描き出すことができるとは。

 ビョークが演じるセルマは辛すぎる現実にぶつかると、そこからミュージカルを生み出す。しかし、それは単なる現実逃避の楽しいミュージカルばかりではなく、悲惨な事実にしっかり直面する力ともなるものでもある。

 橋の上で汽車が通る場面と、工場の機械音が混じった場面、そして最後の場面、それぞれのミュージカルが心にきりきりと響くほど印象的。しかし、心も体も健全で健康な時にしか見られないほど救いようがなく悲惨な映画。

 *死刑制度が描かれている映画には他にこんなものがあります。
---
追記:この後味の悪さはどこから来るものなのかとずっと考えていたところ、それをすべて解き明かして、すとんと納得させられる文章に出会った。同じような疑問をお持ちの方にはぜひ読んでいただきたいと思い、ご紹介します。
「=REVIEW=書評、映画評などなど。ダンサー・イン・ザ・ダーク
2005年2月2日
---
2000年
監督:ラース・フォン・フォリアー(「ドッグヴィル)
セルマ/ビョーク
キャシー/カトリーヌ・ド・ヌーブ(「シェルブールの雨傘」)
ビル/デヴィッド・モース(「グリーンマイル」「交渉人」「ザ・ロック」)
ジェフ/ピーター・ストーメア(「マイノリティ・リポート」「ショコラ」「アルマゲドン」)
*「 」内はその人の作品で見たことのあるものの題名

|

« 『ディボース・ショウ』 Intolerable Cruelty | トップページ | 『グッドマン・イン・アフリカ』 "A Good Man in Africa" »

コメント

たまたま同じ映画について記事を書いていたので、トラックバックさせていただきました。

ちんとんさんのレビューもちんとんさんが紹介されているレビューも拝見し、人それぞれいろいろな観方があるのだなぁと思いました。

つっきーの抱いた感想はまたちょっと違って、かなりポジティブな受け止め方をしているかもしれませんが、こういう観方をする人もいるんだなくらいに思っていただけたら幸いです。

投稿: つっきー | 2005/03/03 13:09

つっきーさん、コメントありがとうございます。

つっきーさんがこの映画についてお書きになっていた文章、以前、読ませていただいていました。

見終わって直後と、しばらくたってからでは、全体が見えてきて、ミュージカルの意味がより良いものとして心に残っていることを感じていたので、この点はつっきーさんのご意見とほとんど同じだと思います。

ただ、映画を見た人には、「意義のある映画だった」と話すことができるのですが、見ていない人に薦めることができるかというと、どうしてもひっかかるところがあるんです。それは決して悪い映画だからという意味ではないのですが…。

2月2日の時点では、上にリンクしたサイトの説明に全面的に納得したのですが、その後、そこまで言い切るほどの「証拠」には乏しいかなという気もしてきています。

私はまだ、この「ひっかかり」を抱えたままでいます。

投稿: ちんとん | 2005/03/03 18:37

ちんとんさま、こんばんは。
すでにつっきーの記事を読んでくださっていたとのこと、これはたいへん失礼なことをいたしました。

確かに私もこの映画を観た人となら感想や意見の交換をすることができますが、未見の人に「いい映画だから」と言って勧める気にはなれませんねぇ。やっぱりこの映画の「良さ」や「意義」は長い期間をかけてじわじわ熟成させてからでないと染み出てこない感じがいたします。それだけ長く尾を引く映画というのも珍しいと思いますが・・・。

この場を借りてこのような質問をするのはマナー違反なのかもしれませんが、どうかご容赦ください。
ちんとんさんのレビューでネタバレの部分だけを反転表示させているところをよく拝見するのですが、あれはどうやったらできるのでしょうか?もし簡単にできるようであれば、教えていただけませんか?

投稿: つっきー | 2005/03/03 23:34

つっきーさん、コメントありがとうございます。

失礼なんてことありません。ちょっと違う意見だったりすると、TBして良いものかとためらってしまったりして、コメントしたいと思いつつも、やめてしまったりすることがよくあります。私は大歓迎なので、これからもお願いします。

ネタバレの部分を反転表示して見られるようにするには、背景と文字を同じ色にすれば良いのです。私の場合は背景が白ですから、くの字の半角カッコ (←ここで書いても表示されないので、こういう表現をしていますが、わかりますか。ひらがなの「ね」と「る」があるキーの上にあるカッコです)の中に、font color="white" と書いて、反転させたい文章を書き、そのあと、ここで白文字は終わりという意味で、同様のカッコの中に /font と書けば、それ以降、元に戻ります。つっきーさんのブログでできるかどうかわかりませんので、まずは試してみてください。

ネタバレをしないと掘り下げて書くことができないし、あまりネタバレしてしまうと未見の映画への興味半減する場合もあるし、悩みますね。

投稿: ちんとん | 2005/03/04 00:06

ちんとんさま、お返事ありがとうございました。

つっきーも別に自分と違う意見だからという理由で拒否反応を起こすタイプではないと思っています。いろんな人のいろんな観方を知ることが、自分自身の人間の幅を広げ、思考に柔軟さを与えてくれると思っておりますから・・・。ですので、ちんとんさまもお気遣いなくコメントやTBをしていただきますようお願い申し上げます。

「ネタバレ反転表示」のカラクリ、ご教授ありがとうございました。自分も以前、HTMLタグの勉強を少ししておりましたので、なんとかできると思います。ちんとんさんのURLから察しても同じココログ仲間のようですし問題ないでしょう。それにしてもそんなに単純なカラクリだったとは・・・。もっとすごいタグがあるんだとばかり思っておりました。恥かしい・・・。(汗)

「ネタバレ」についてはちんとんさんのブログを拝見するようになってから悩むようになりました。初めは同じ映画を観たことがある人だけに読んでもらえればいいかと思っていましたが、あまりにできが良くて人様にオススメしたい映画については「ネタバレ」は書きたくないし・・・と考えるようになった時に、出会ったのがちんとんさんのブログなんです。
ちんとんさんは「ネタバレ」なしで映画の感想を上手にまとめていらっしゃるので尊敬しております。私が未見の映画も安心して読めますし。

これからも末永くお付き合いしていただけますようお願いします。

投稿: つっきー | 2005/03/04 05:43

ちんとんさま
トラックバック、ありがとうございました。

つっきーはさらに文章力の向上に励み、ブログの充実に精進していきたいと思います。とはいえ、なかなか一朝一夕で上手くいくものでもないし・・・のんびりやります。(笑)

投稿: つっきー | 2005/03/05 04:45

つっきーさんのブログ、いつも楽しみに読ませていただいています。

この作品も気に掛かっていたのにまだ見ていなかった。この作品のこと忘れていたけれどもう一回見ようかななどと、ますます映画に引き込まれてしまいます。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

投稿: ちんとん | 2005/03/05 11:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/2532820

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダンサー・イン・ザ・ダーク』 "Dancer In The Dark":

» ダンサー・イン・ザ・ダーク [つっきーの徒然草]
この映画はすごーく不思議な映画でした。 内容ももちろんちょっと変わっているんです [続きを読む]

受信: 2005/03/03 13:03

» マゾヒスト,ラース・フォン・トリアー:「奇跡の海」と「ダンサー・イン・ザ・ダーク」 [Code46:]
ラース・フォン・トリアーの人気は、彼のマゾヒズムのおかげだ。マゾヒズムは彼のそれまでの作品にも見え隠れしている。しかし彼が、世界的人気を得たのは、マゾヒズムに的を絞った映画「奇跡の海」によってだ。 この映画で主人公の女性は、愛する夫を救うためには道行く男たちに体をまかさねばならないと信じて,最後には命を落とす。彼女の受けた「啓示」によれば,辱めが耐えられないものであるほど、男の救済に近づく。愛の試練として自らを拷問にさらし、十字架に進んで登ること、愛するもののために自らをいけにえに差し出す..... [続きを読む]

受信: 2005/06/23 15:40

» ダンサー・イン・ザ・ダーク [シネクリシェ]
 問題作といわれていた『バトル・ロワイヤル』とほぼ同時公開でありながら、こちらはどのサイトでも不思議とあまり議論を見かけませんでした。  反 [続きを読む]

受信: 2005/08/11 06:24

« 『ディボース・ショウ』 Intolerable Cruelty | トップページ | 『グッドマン・イン・アフリカ』 "A Good Man in Africa" »