« 『シティ・オブ・エンジェル』"City of Angels" | トップページ | 『ガタカ』"Gattaca" »

2004/12/11

『シモーヌ』"simone"

-=-=-[感想]ネタバレなし-=-=-

 売れない監督のヴィクター・タランスキーはハリウッド女優の身勝手さにほとほと困り果てていた。監督の芸術性を理解し、監督の思う通りに演じてくれるすばらしい女優はいないものか。そんな時、コンピュータで作り上げられた完璧な美しい女優、シモーヌを手に入れる。

 最初に、シモーヌがコンピュータ・グラフィックであることを言いそびれてしまったハンクは、人々を欺き続けなくてはならなくなってしまう。打ち明けられるチャンスにもつい嘘をついてしまう。さらに、そのちゃちな嘘は簡単に信じられてしまう。もうだめだと観念し、真実を語っても、まわりは信じてくれない。やることなすことすべて墓穴を掘ることに…。

 なさけない笑いを誘うアル・パチーノの演技がいい。
 鋭い目つき、しぶとい追求。この人こそ敵!。真相を暴いてくれと思っていた記者もまた、かわいいほどなさけなく、それがまたいい。

 この監督、この映画のあと、シモーヌ役のレイチェル・ロバーツと結婚したらしい。このぉ~。

---
2002年
監督:アンドリュー・ニコル(「ガタカ」「トゥルーマン・ショー(脚本)」)
ヴィクター・タランスキー/アル・パチーノ(「ゴッド・ファーザー」)
エレイン/キャサリン・キーナー
ニコラ/ウィノナ・ライダー(「オータム・イン・ニューヨーク」「17歳のカルテ」「若草物語」)
記者/ブルイット・テイラー・ヴィンス(「海の上のピアニスト」)
*「 」内は、その人の作品で見たことのあるものの題名

|

« 『シティ・オブ・エンジェル』"City of Angels" | トップページ | 『ガタカ』"Gattaca" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/2235868

この記事へのトラックバック一覧です: 『シモーヌ』"simone":

» シモーヌ [女ざかり映画日記]
シモーヌ★★★ CGで完璧に作られた秘密ばっかりのシモーヌ・・・ [続きを読む]

受信: 2005/07/19 09:15

« 『シティ・オブ・エンジェル』"City of Angels" | トップページ | 『ガタカ』"Gattaca" »