« 『フィフス・エレメント』"Fifth Element" | トップページ | 『ぼくの神様』"Edges of The Lord" »

2004/12/07

『ロスト・イン・トランスレーション』"Lost in Translation"


 家族との間に微妙な温度差を感じている落ち目の俳優ボブ・ハリスと新婚でありながら孤独感を持っているシャーロット。そんな2人が東京で出会う。

 初めて訪れた国で、空港から一歩外に出る時ほど緊張するものはない。ホテルの中はまだ異国人をあいまいに包んでくれるが、言葉の通じない外を歩くと、異質なものに包まれた「自分」を強く意識せざるをえなくなる。外側の刺激の強さとは裏腹に、自分の意識は、それを受け取る自分の内面にどんどん向けられて行く。

 ボブとシャーロットの不安感と欠落感、それが2人を引きつけ合い、自分の心を見つめ直す。そのための舞台として、この異国感覚は重要な要素となっている。

 彼らの目を通して見る、見慣れた日本の風景はいつもと全く違って感じられ、異国に一歩踏み出した時の自分の感覚がよみがえってきた。

2003年/監督:ソフィア・コッポラ「ヴァージン・スーサイズ」 制作総指揮:フランシス・F・コッポラ「奇跡の詩」/ボブ・ハリス/ビル・マーレイ/シャーロット/スカーレット・ヨハンソン「真珠の耳飾りの少女」「アイランド」「理由

|

« 『フィフス・エレメント』"Fifth Element" | トップページ | 『ぼくの神様』"Edges of The Lord" »

コメント

こんにちわ♪
コメントありがとうございます。
こういう世界観は好きなんですけどね。
日本が舞台でなければいけない理由が
いまいちよく分かりませんでした。
本当に好きなんですけどね…。

投稿: 耕作 | 2006/05/29 15:31

確かにそうなんですよね。ベトナムでもマレーシアでも良さそう。もしかすると中東でも…。
耕作さんのページ、いつも楽しみに読ませていただいています。

投稿: ちんとん@ホームビデオシアター | 2006/06/01 11:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/2185398

この記事へのトラックバック一覧です: 『ロスト・イン・トランスレーション』"Lost in Translation":

« 『フィフス・エレメント』"Fifth Element" | トップページ | 『ぼくの神様』"Edges of The Lord" »