« 「ブログる」の「映画五段活用」 | トップページ | 『ウィンター・ゲスト』"The Winter Guest" »

2004/12/15

『ドッグヴィル』"Dogville"

 とても後味の悪い映画。

 ニコール・キッドマン演じるグレースは気品があって、美しすぎる。匿ってくれる村人のために、無償で労働をする。あくまで、優しく、気高く、辛抱強く、正しい。ところが、村人たちはどんどん人間のエゴをエスカレートさせ、醜さをむき出しにしていく。最後にはグレースの人間性まで踏みにじる行為に出るのだ。

 このあたり、演劇の舞台のような抽象的な作りになっていなかったら、あまりにも惨すぎて、見ていられなかっただろう。そして、観客としての私は村人を憎むようになる。

 結末で、思いも掛けない真相を明らかになる。そして私は、気が晴れる自分を感じた。しかし、次の瞬間に、え?何この感情は?と思う。

 エンドロールに、フラッシュのように映る映像を見て、ぞっとした。最後の、この「気が晴れる感情」を持ってしまった自分こそが、ここで批判されているのだと。

[2005/5/9追記]
 その後、トラックバックをたどっていろいろ読んだのですが、おもしろい解釈をしているブログにたどりつきました。今のところ、この解釈が一番気に入っています。本当に納得するためにも、もう一度見てみたいとは思っているのですが。この映画をすでに、ご覧になったかたはぜひここに行って、さるおさんの解釈を楽しんでみてください。

[2005/8/14追記]
 Augustraitのrionさんのお誘い(TB)をいただきお邪魔したところ(ここです)、ラス・フォン・トリアー監督が着想を得たというブレヒトの『三文オペラ』の中の「海賊ジェニー」という歌についての記述があり、興味深く読ませていただきました。監督はこれを三部作にする予定だとか。ぜひ見てみたいものです。でも、ブライス・ダラス・ハワードにグレース役ができるのかなあ。

---
2004年
監督:ラース・フォン・トリアー(「ダンサー・イン・ザ・ダーク」)
グレース/ニコール・キッドマン(「ステップフォード・ワイフ」「ムーラン・ルージュ」「アイズ・ワイド・シャット」「白いカラス」「コールドマウンテン」「プラクティカル・マジック」「めぐり合う時間たち」「アザーズ」)
トム・エディソン・ジュニア/ポール・ベタニー
大きな男/ジェームス・カーン(「恋するための3つのルール」)
*「 」の中は、その人の作品で見たことのあるもの。

|

« 「ブログる」の「映画五段活用」 | トップページ | 『ウィンター・ゲスト』"The Winter Guest" »

コメント

TBありがとうございます
&TBさせていただきました。
私もさるおさんのレビューには
感動しました。
神さまのことはよく知らないので
わかりませんが、そんな気がしました!

投稿: ケイティ | 2005/07/22 00:30

はじめまして!

私はこの映画をきのう観たばかりなのですが、
他の方がどんな風に感じているのかと、検索してみたところ、
ラストシーンについて同じような感想を書いてらしたので、TBさせていただきました。

でも、このスタンスはまさにアメリカですよね?

投稿: juil | 2005/08/07 21:32

juilさん、早速、読ませていただきました。

最後の部分、私と同じように感じた人を見かけなかったので、私が特別なのかな、誰かとこの思いを語り合いたいのにと思っていました。

タイトルバックに流れる曲はデビッド・ボウイだったのですね。「Young Americans」の歌詞もよく知らないのですが、その切り口からもまた考えてみたいと思いました。

コメントありがとうございました。

投稿: ちんとん | 2005/08/07 22:09

お返事ありがとうございました。

GyaOを観るまで、あまり映画を観ることがなかったので、Katrin Cartlidge という女優さんの存在も知りませんでした。

今もよくわかりませんが、
あの映画では、Nicole Kidman のあの村に場違いな感じの美しさが、よかった気がしました。

投稿: juil | 2005/08/08 23:23

juilさんコメントありがとうございます。

私はニコール・キッドマンが特別好きなので、この作品は特に好きです。『アザーズ』やこの『ドッグヴィル』のようにニコール・キッドマンの気品ある演技を引き出す路線の作品が特に好きです。しかし、『白いカラス』のようなアバズレも演じることができるというのは本当にすごいことなんだとも思います。

ドッグヴィルでこの役を演じるはずだったというカトリン・カートリッジという女優さんについては『キャリア・ガールズ』を見ただけですが、彼女がこの役を演じてもすばらしかっただろうなあという感じはします。

映画を見るようになってから、音楽を知っているともっと楽しめるはずなのになあと思うことが増えました。juilさんのブログの音楽の記事も、そういう意味でいいなあと思いながら読ませていただきました。

投稿: ちんとん | 2005/08/10 18:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68460/2271331

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドッグヴィル』"Dogville":

» 映画鑑賞感想文『ドッグヴィル』 [さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー]
さるおです。 『DOGVILLE/ドッグヴィル』を観たよ。すごいね。この映画はすごい。 監督は『THE KINGDOM/キングダム』シリーズ、『BREAKING THE WAVES/奇跡の海』『DANCER IN THE DARK/ダンサー・イン・ザ・ダーク』のデンマーク人、ラース・フォン・トリアー(Lars von Trier)..... [続きを読む]

受信: 2005/05/09 21:16

» ドッグヴィル [ケイティの映画的生活]
 DOGVILLE [監督・脚本]ラース・フォン・トリアー [出演]ニコール・キッドマン     ポール・ベタニー     クロエ・セヴィニー     ローレン・バコール     パトリシア・クラークソン     ベン・ギャザラ     ジョン・ハート... [続きを読む]

受信: 2005/07/21 14:26

» Dogville と David Bowie [赤坂音楽ムスメの日々雑感]
8月7日(木) GyaO で Dogville を観た。 演劇を思わせるような、地面に白線を引いただけのシンプルなセット (家もほとんど形がない)が 人々の精神そのものを際立たせる。 人間の恥部が次々に現れ、胸くそが悪くなるような気分になるのだが、 それがエスカレ... [続きを読む]

受信: 2005/08/07 21:24

» 『ドッグヴィル』(☆☆☆☆) [ど風呂グ]
いや〜、何か強烈な映画だった・・『ドッグヴィル』。 途中までは、今年のワーストムービー『キングダム・オブ・ヘブン』を 超えるのではないかというくらい、嫌な展開だったんだけど、 終わってみたら☆4つの高得点!あっという間の3時間でした。 この映画、大掛かりな..... [続きを読む]

受信: 2005/08/09 22:09

» 【審判の日】「ドッグヴィル」/ラース・フォン・トリアー [Augustrait]
醜悪なカタストロフ  ベルトルト・ブレヒト(Eugen Berthold Friedrich Brecht;1898-1956)の三文オペラに、「海賊ジェニー」という劇中歌が登場する。 皆さん、ご覧の通り今のあたしは皿洗い どなたのベットもつくるわよ。 一ペニー貰ってヘイコラするわ ぼろを着て、ぼろホテルにいるわ でも知らないのよ、あんた方はあたしを。 でもある晩、港の方で叫び声がするの みんな聞くの、何だあの叫�... [続きを読む]

受信: 2005/08/14 03:51

» ドッグヴィル(DVD)  [ひるめし。]
審判の日がくる。 CAST:ニコール・キッドマン/ポール・ベタニー/クロエ・セヴィニー/パトリシア・クラークソン 他 ニコール・キッドマン主演としか知らずに借りたらビックリ! まず時間にビックリ!177分だってさ。長っ・・・。 セットにもビックリ!まるで舞台のリハーサル用みたいな感じ。 ナレーションでストーリーを進めてくれるんで、まるで1冊の本を読んでいる感覚がした。 とにかく不思議な映画。 セットがあ... [続きを読む]

受信: 2005/09/12 20:42

» 『ドッグヴィル』 ラース・フォン・トリアー監督 [~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録]
鬼才トリアー監督が造った、「地味な日常から表面的な落ち着きを剥ぎ取り、その奥に潜むどろどろした人間の本性を裏の裏の裏まで引きずり出して見せつける」入魂の一作。日本では「いやぁ、すんげー激濃で重い内容。もう満腹で吐きそう。たまらんわー」という感想が多いみ..... [続きを読む]

受信: 2005/11/22 00:58

« 「ブログる」の「映画五段活用」 | トップページ | 『ウィンター・ゲスト』"The Winter Guest" »